853件中 131 - 140件表示
  • 下間頼秀

    下間頼秀から見た加賀国加賀国

    本願寺第10世法主証如の後見人で外祖父蓮淳に接近、享禄元年(1528年)に加賀に赴き超勝寺実顕(蓮淳の婿)と共に所領の横領で加賀の賀州三ヶ寺(松岡寺・光教寺・本泉寺)と対立、享禄4年(1531年)の大小一揆で大一揆に属して賀州三ヶ寺ら小一揆を壊滅させた。畿内で本願寺と細川晴元が衝突、天文の錯乱で山科本願寺が焼け落ち、証如が石山本願寺に移ると畿内へ戻り、一揆を率いて細川軍と戦うが、天文4年(1535年)に証如が晴元と和平を結ぶと主戦派として失脚、本願寺を退去した。天文8年(1539年)、近江で証如の刺客に暗殺された。下間頼秀 フレッシュアイペディアより)

  • 下間頼盛

    下間頼盛から見た加賀国加賀国

    兄と共に本願寺第10世法主証如及び後見人の蓮淳に接近、享禄4年(1528年)の加賀の大小一揆で大一揆に属して超勝寺実顕(蓮淳の婿)を助け、小一揆を壊滅させた。天文の錯乱で畿内へ戻り、河内・摂津で一揆を率いて転戦するが、天文4年(1535年)の証如と細川晴元との和睦で主戦派として失脚、兄と共に本願寺を退去した。翌5年(1536年)、摂津中嶋城で一揆の部将として参戦したが、木沢長政に打ち破られて逐電、堺で証如の刺客に暗殺された。下間頼盛 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼平犯科帳スペシャル 兇賊

    鬼平犯科帳スペシャル 兇賊から見た加賀国加賀国

    加賀国・倶梨伽羅峠の麓にある故郷を訪れた老盗・鷺原の九平は雨宿りした御堂の中から3人の男が密談をしているのを聞いてしまう。それは火付盗賊改方長官・長谷川平蔵の暗殺に関わる話であり、3人の男の頭領こそ、平蔵率いる火付盗賊改方の囲みを破った上に密偵を殺害して逃亡した極悪非道の大盗・網切の甚五郎であった。そして1年後、江戸で居酒屋を開いている九平の前にある侍がやってくる。その侍が帰った直後、3人の浪人が現れ、侍の行方を問い詰めて店を去った。気になった九平が様子を見に行くと件の浪人と侍が斬り合いをしており、侍が浪人を切り伏せたところであった。九平は更に侍の後を追けてゆくと、侍は火付盗賊改方の役宅の中に入りしな、九平に労いの言葉をかけていく。侍は長谷川平蔵だった。驚いた九平は次の日から店を閉めて身を隠す。一方、江戸に舞い戻っていた網切の甚五郎は3軒の畜生働きを行い、火付盗賊改方も網切の甚五郎が江戸に現れたと判断し、探索を始めるが…。鬼平犯科帳スペシャル 兇賊 フレッシュアイペディアより)

  • 赤丸城

    赤丸城から見た加賀国加賀国

    築城年代は不明だが、天正年間(1573年-1591年)に五位庄を治めていた国人で越中国浅井城主中山国松の弟、次郎兵衛が拠ったとされる。尚、長禄年間(1457年-1459年)に加賀国の半国守護赤松政則が「城ヶ平」に居住したと伝わるが、越中国鴨城の事ではないかとする意見もある。因みに鴨城は赤丸城の南西約1km、浅井城は北東約600mに位置している。赤丸城 フレッシュアイペディアより)

  • 堀川具実

    堀川具実から見た加賀国加賀国

    承久4年(1222年)従三位・加賀権守に叙任。貞応3年(1224年)正三位に叙せられ、嘉禄元年12月(1226年1月)権中納言に進む。嘉禄3年(1227年)左衛門督を兼ねて、安貞2年(1228年)従二位、貞永元年(1232年)正二位に昇叙。天福元年(1233年)皇后宮権大夫を兼ね、利子内親王に仕える。天福2年(1234年)には皇后宮大夫に転じ、翌年に検非違使別当・中納言を務めた。堀川具実 フレッシュアイペディアより)

  • 能郷白山神社

    能郷白山神社から見た加賀国加賀国

    養老2年(718年)、泰澄が加賀国白山比咩神社より勧請し創建したと伝え、「北陸七白山」の一つという(北陸七白山の他の神社の一つは大山白山神社という)。創建時は「白山妙理権現」といい、虚空蔵菩薩、十一面観世音菩薩、聖観世音菩薩が祀られていたという。能郷白山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀守

    加賀守から見た加賀国加賀国

    加賀守 フレッシュアイペディアより)

  • 安楽寺城

    安楽寺城から見た加賀国加賀国

    『源平盛衰記』には倶利伽羅峠の戦いの折、余田次郎ら3000騎が安楽寺から金峯坂を上り北黒坂(倶利伽羅峠を別名「礪波山」または「黒坂」と呼び、その東麓)へ向かわせたという記述(『平家物語』では北黒坂方面の大将は巴御前で、1000騎を率いて安楽寺を越えて弥勒山へ押し寄せて、となっている)がある。この倶利伽羅〜安楽寺〜今石動へと続く道を「北黒坂道」と呼ぶが、その他にも西に加賀国九折へ、また北西には加賀国莇谷〜鳥越城(石川県津幡町七黒にあった城で、石川県白山市三坂町にあった鳥越城とは別)へと続く国境越えの道筋があり、安楽寺が当時の交通の要衝であったことを窺わせる。城はこれらの道筋を押さえる目的で築かれたと考えられる。安楽寺城 フレッシュアイペディアより)

  • 福井銑吉

    福井銑吉から見た加賀国加賀国

    福井 銑吉(ふくい せんきち、1853年(嘉永6年)7月 - 1915年(大正5年)5月11日)は、明治時代の日本の官僚。三重県の地方政治家。加賀国加賀藩(現石川県金沢市)出身。三重県四日市市の第3代官選四日市市長。福井銑吉 フレッシュアイペディアより)

  • 道坪野城

    道坪野城から見た加賀国加賀国

    付近には小矢部市街(旧今石動)から加賀国莇谷を通って鳥越城(石川県津幡町七黒に在った城で、石川県白山市三坂町に在った「鳥越城」とは別個)へと通ずる国境越えの道があり、道坪野城が天正年間における佐々成政と前田利家の攻防戦の拠点の一つとなった可能性もあるが、同様の立場にあった一乗寺城や源氏ヶ峰城の様に改修を施されてはいない。成政が加賀越中国境で最重要視していたのは越中国一乗寺城?加賀国松根城ラインであり、道坪野城は軽視されていたと思われる事、そして佐々・前田間の争いにおけるハイライトとも言える末森城での攻防戦の撤退時に、手薄になっていた鳥越城を奪取し得た事もその一因として挙げられよう。道坪野城 フレッシュアイペディアより)

853件中 131 - 140件表示

「加賀のできごと」のニューストピックワード