651件中 11 - 20件表示
  • 願得寺

    願得寺から見た加賀国加賀国

    永正5年(1513年)に加賀国の「石川郡剣村清澤の坊に実悟住す(中略)実悟住持、清澤願得寺と号す」とある。この実悟とは蓮如の第23子、第10男で、清澤願得寺とは現在の石川県白山市鶴来町にあった蓮如の7男蓮悟が創建した寺である。その後享禄の錯乱で清澤願得寺も焼失し、永禄年間(1558年 - 1570年)に、実悟はこの地にあった「古橋御坊」を第10世法主証如より譲られ、寺号を「願得寺」とし開基となった。願得寺 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原助

    藤原助から見た加賀国加賀国

    天長10年(833年)正良親王が即位(仁明天皇)すると正五位下・右近衛権中将に叙任され、翌承和元年(834年)には従四位下に昇叙と、仁明朝初頭は順調に昇進する。のち、右近衛中将・左兵衛佐、右衛門督と武官を歴任し、承和10年(843年)参議に任ぜられ公卿に列す。仁明朝の中期以降は昇進面でやや停滞し、甥の長良・良相兄弟らに昇進で先を越されるものの、議政官として右衛門督・左兵衛督などの武官や、加賀守・下野守・信濃守など主に東国の地方官を歴任した。藤原助 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原弘経

    藤原弘経から見た加賀国加賀国

    貞観3年(861年)讃岐権掾に任ぜられる。貞観6年(864年)正月に従五位下に叙せられ、同年6月には讃岐権介に昇進する。のち貞観8年(866年)侍従、貞観12年(870年)加賀権守、貞観15年(873年)には讃岐権介に再任、貞観17年(875年)には左衛門佐に任ぜられている。藤原弘経 フレッシュアイペディアより)

  • 末森城 (能登国)

    末森城 (能登国)から見た加賀国加賀国

    しかし、天正8年に加賀国の一向一揆を鎮圧した織田氏家臣の柴田勝家らが侵攻してくると、再び降伏。土肥氏は同地に改めて配された前田利家の与力的な立場となったため、これ以後前田氏が支配することとなる。末森城 (能登国) フレッシュアイペディアより)

  • 宮腰

    宮腰から見た加賀国加賀国

    鎌倉期成立といわれる平家物語に、越中前司平盛俊が宮腰(みやのこし)の佐良嶽(さらだけ)に陣を敷いたとの記述がある。この佐良嶽は現在の金沢市金石町あたり、犀川河口南岸の砂丘地とを指すと推測される。大野湊神社はこの佐良嶽に元々鎮座していたと考えられ、加賀国宮腰の地名は砂丘上にあった神社の麓(宮の腰)に由来すると考えられる(「温故集録」「加賀志徴」また、下の「石川郡誌における記載」も参照)。地名由来譚として他に、白山の宮の腰という説明もある(大野湊神社を参照)。南北朝から室町時代初期に成立したと言われる義経記の巻第七目録「判官北国落の事」に、宮腰の地名が認められる(ただし加賀国宮越と書かれている箇所もある)。室町期成立の幸若舞曲の『信田』では主人公が人商人に転売され、小浜、敦賀、三国から「かゞの国にきこえたるみやのこし」を経て小屋湊へたどり着く。説経節の『をぐり(小栗判官)』では、照手姫が宮腰の商人に買われ、本折、小松の商人に売られている。『祇陀大智禅師行録』によれば、正中元年(1324年)、祖継大智が中国から高麗を経て加州石川郡宮腰津に帰国している。文明14年(1482年)12月の「大野庄年貢算用状」には、「宮腰塩町在家三郎次郎」がみえる。近世初期成立といわれる「謎立」の八十に「廿四の失(矢)を廿一射てけさかえる みやめ(の)こしさけ」の記載がある。答のみやのこしさけは宮の腰酒と読み、船運で京都へ運ばれた加賀酒を指すと解釈される。宮腰 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原元命

    藤原元命から見た加賀国加賀国

    他国の例では、長和元年(1012年)の加賀国の国司苛政上訴では守は反論の証拠と証人を揃えて臨んだが、その裁判に訴訟人の加賀国人が現れず不問となった。詳細な内容は残っていないものの、百姓から国司に対する訴が起こされた例はこの時期の公卿の日記などに多く記されている。藤原元命 フレッシュアイペディアより)

  • 長禄合戦

    長禄合戦から見た加賀国加賀国

    甲斐氏は代々斯波氏の執事と越前・遠江の守護代を受け継いだが、同時に足利将軍家の直臣扱いも受けていた。甲斐常治は斯波義淳の頃から斯波氏に仕えていたが、義淳が死んで後を継いだ異母弟の斯波義郷が事故死、幼い息子の斯波義健が後を継いだため、斯波氏庶流の大野斯波氏の斯波持種と共に後見人として政務を補佐した。しかし、持種はかつて父の斯波満種が守護だった加賀の奪回を図り常治と対立、常治の方も検断、刈田狼藉、使節遵行、守護請など守護権を活用して寺社本所領と荘園の支配権を拡大したり配下を荘園代官に任命したりして勢力を伸ばしたため、持種と常治の関係は険悪になり、享徳元年(1452年)に義健が子の無いまま亡くなり持種の息子義敏が本家の当主となると、義敏も常治と対立していった。長禄合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 恭翁運良

    恭翁運良から見た加賀国加賀国

    初め出羽国(後の羽前国)玉泉寺で出家した。次いで能登国永光寺の瑩山紹瑾に学んだ。後に紀伊国興国寺の無本覚心に学んで法を嗣いだ。京都万寿寺に南浦紹明に参禅し、南浦の鎌倉下向に同行したあと、能登に戻り、瑩山紹瑾の勧めで加賀国大乗寺の住持となり、あわせて道元自筆の「仏果碧厳破関撃節(一夜碧巌集)」(重要文化財)、棕櫚払子などを相伝した。しかし曹洞禅の寺院に臨済僧が入寺したために混乱が起き、勇退して元徳3(1330)年に加賀国伝燈寺(金沢市)を開いた。その後、越中国氷見湊に「石浮図」(石造の仏塔に灯台の用をなさせたものか?)を建立し、海上交通の目標物とするなど、勧進僧として活動している。次いで放生津に興化寺を開き、同寺で没した。塔所(墓所)である大光寺跡は、現在射水市中央町にある「来光寺塚」に比定する説がある。弟子に至庵綱存(伝燈寺2世)、絶巌運奇(越中長慶寺開山)、桂巌運芳(建仁寺53世、万寿寺35世、越中薬勝寺勧請開山)、呑象運光(越中蓮華寺開山)がある。伝燈寺に伝えられた頂相は金沢市指定文化財。「一夜碧巌集」は至庵綱存が継承し、綱存の弟子である蔵海無尽(加賀妙雲寺開山)が康永4年(1345)大乗寺へ贈ったため、現在同寺が所蔵する。恭翁運良 フレッシュアイペディアより)

  • 雄山神社

    雄山神社から見た加賀国加賀国

    登拝者は、途中の河原で石を1?3個拾って行き、峰本社の傍らに供え、その前庭に敷いたが、『富山県史 民俗編』では、この習俗は立山と加賀の白山が背比べをしたとき、立山が馬のクツ(馬わらじ)の厚さだけ低かったので、立山を高くするために石を持って行くのだとする里人の伝承を紹介している。しかし同書では、伊勢神宮の「白石持ち」神事を神領民が行うこと、芦峅寺若宮(中宮祈願殿)の斎庭にきれいな川原石が敷き詰められていること、朝日町でお盆に清浄な浜辺の石3個を「オケソク」と言って墓に供える事などを例にあげ、神と祖霊の違いはあるものの、丸石に神が宿るとか、もっと別の呪力があるものとして、立山の神に捧げた物ではないかと考察している。雄山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 信長の野望Online

    信長の野望Onlineから見た加賀国加賀国

    初期支配地域:加賀、伊勢信長の野望Online フレッシュアイペディアより)

651件中 11 - 20件表示

「加賀のできごと」のニューストピックワード