853件中 11 - 20件表示
  • 藤原文正

    藤原文正から見た加賀国加賀国

    藤原 文正(ふじわら の ふみまさ、生没年不詳)は平安時代中期の貴族、能書家。藤原式家の出身で、下野守・藤原忠紀の子。官位は従五位下・加賀守。藤原文正 フレッシュアイペディアより)

  • 礪波郡

    礪波郡から見た加賀国加賀国

    越中四郡(射水郡、礪波郡、婦負郡、新川郡)のひとつ。越中国の南西部を占め、北を射水郡、東を婦負郡、西を加賀国、南を飛騨国に接していた。礪波郡 フレッシュアイペディアより)

  • 源兼澄

    源兼澄から見た加賀国加賀国

    源 兼澄(みなもと の かねずみ、生没年不詳)は平安時代中期の貴族、歌人。光孝源氏、鎮守府将軍・源信孝の子で、祖父は同じく歌人して活躍した源公忠。官位は正五位下・加賀介。名は兼隆とも表記される。源兼澄 フレッシュアイペディアより)

  • 末森城 (能登国)

    末森城 (能登国)から見た加賀国加賀国

    しかし、天正8年に加賀国の一向一揆を鎮圧した織田氏家臣の柴田勝家らが侵攻してくると、再び降伏。土肥氏は同地に改めて配された前田利家の与力的な立場となったため、これ以後前田氏が支配することとなる。末森城 (能登国) フレッシュアイペディアより)

  • 射水郡

    射水郡から見た加賀国加賀国

    江戸時代までは越中国の北西部一帯を占める郡で、現在の高岡市の一部(北部・中部)、富山市の一部(老田地区)、射水市、氷見市の市域に相当する。南を礪波郡、東を婦負郡、北と東を加賀国・能登国に接する。律令時代には伏木(現 高岡市伏木)に越中国府が置かれた。射水郡 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原仲文

    藤原仲文から見た加賀国加賀国

    天暦年間に皇太子・憲平親王(のち冷泉天皇)の蔵人となり、康保4年(967年)憲平親王の践祚に伴って六位蔵人に任ぜられ、即位に際して従五位下・加賀権守に叙任される。藤原仲文 フレッシュアイペディアより)

  • 願得寺

    願得寺から見た加賀国加賀国

    永正5年(1513年)に加賀国の「石川郡剣村清澤の坊に実悟住す(中略)実悟住持、清澤願得寺と号す」とある。この実悟とは蓮如の第23子、第10男で、清澤願得寺とは現在の石川県白山市鶴来町にあった蓮如の7男蓮悟が創建した寺である。その後享禄の錯乱で清澤願得寺も焼失し、永禄年間(1558年 - 1570年)に、実悟はこの地にあった「古橋御坊」を第10世法主証如より譲られ、寺号を「願得寺」とし開基となった。願得寺 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸道

    北陸道から見た加賀国加賀国

    旧国名で言うところの、若狭、越前、加賀、能登、越中、越後および佐渡を指す。「北陸道」の古訓は「クヌカノミチ」で「陸の道」の意である(『延喜民部式』)。同じ日本海側の「山陰道」と地域間交流をしており、遺跡や遺物にその痕跡が残っている。北陸道 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原本雄

    藤原本雄から見た加賀国加賀国

    文徳朝に入り、仁寿3年(853年)22年ぶりに昇進して従五位上・刑部大輔に叙任され、翌仁寿4年(854年)伊勢権介を兼ねる。天安2年(858年)2月に治部大輔に遷任し、同年8月に文徳天皇が崩御すると前次第司次官を務めている。清和朝では、貞観3年(861年)大蔵大輔に任ぜられたのち、貞観4年(862年)正五位下・加賀守、貞観10年(868年)従四位下・大和守に叙任されるなど地方官を歴任した。貞観18年(876年)3月28日卒去。最終官位は散位従四位上。藤原本雄 フレッシュアイペディアより)

  • ハビアン

    ハビアンから見た加賀国加賀国

    1565年(永禄8年)、加賀国または越中国にて誕生。母のジョアンナは北政所(おね、高台院)の侍女となった。始めは大徳寺の禅僧となり、恵俊または恵春と称したとされる。ハビアン フレッシュアイペディアより)

853件中 11 - 20件表示

「加賀のできごと」のニューストピックワード