651件中 21 - 30件表示
  • 礪波郡

    礪波郡から見た加賀国加賀国

    越中四郡(射水郡、礪波郡、婦負郡、新川郡)のひとつ。越中国の南西部を占め、北を射水郡、東を婦負郡、西を加賀国、南を飛騨国に接していた。礪波郡 フレッシュアイペディアより)

  • 倶利伽羅峠の戦い

    倶利伽羅峠の戦いから見た加賀国加賀国

    倶利伽羅峠の戦い(くりからとうげのたたかい、倶梨伽羅峠の戦い)、または、砺波山の戦い(となみやまのたたかい、礪波山の戦い)は、平安時代末期の寿永2年5月11日(1183年6月2日)に、越中・加賀国の国境にある砺波山の倶利伽羅峠(現富山県小矢部市-石川県河北郡津幡町)で源義仲軍と平維盛率いる平家軍との間で戦われた合戦。治承・寿永の乱における戦いの一つ。倶利伽羅峠の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 加藤氏

    加藤氏から見た加賀国加賀国

    加藤氏は藤原氏の一族。歴史に登場する加藤氏の出自は利仁流などがある。そして、加藤氏の「加」は加賀の藤原からきたものと一般にいわれる。加藤氏 フレッシュアイペディアより)

  • 火打城の戦い

    火打城の戦いから見た加賀国加賀国

    火打城の戦い(ひうちじょうのたたかい)は、治承・寿永の乱の中の一つ。越前・加賀の在地反乱勢力とそれを追討すべく出撃した平氏との寿永年間における戦いのうちの緒戦である。火打城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 越前一向一揆

    越前一向一揆から見た加賀国加賀国

    ついに、一揆衆はこのような長繁の横暴な振る舞いに怒り、彼と手を切ることとした。そして、あろうことか加賀国から一向一揆の指導者である七里頼周や杉浦玄任を招き、自らの棟梁としたのである。杉浦玄任は坊官でありながら越中において、総大将として一揆軍を率い、上杉謙信と戦った武将であった。尻垂坂の戦いでは謙信に敗れたが、五福山や日宮城で上杉方に勝利を収めてた他、朝倉義景とも戦っており、実績も十分であった。一揆衆の中に相当数の浄土真宗本願寺派(一向宗)の門徒がおり、彼らの意見が通ったのである。こうして富田長繁を大将とする土一揆は、そのまま七里頼周を大将とする一向一揆に進展した。越前一向一揆 フレッシュアイペディアより)

  • 大智

    大智から見た加賀国加賀国

    肥後国宇土郡長崎(現・熊本県宇城市不知火町)生まれ。幼名は萬仲。7歳の時大慈寺の寒巌義尹に師事し、義尹の没後は鎌倉建長寺・京都法観寺・加賀大乗寺などを訪れている。1314年(正和3年)中国(元)に渡り、古林清茂(くりんせいも)、雲外雲岫(うんがいうんしゅう)らに学び、1324年(正中元年)日本に帰国した後は、瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)の指示により明峰素哲のもとで参禅した。その後加賀国に祇陀寺を開創し、さらに肥後国に聖護寺を開創、また肥後菊池氏の帰依を受けて廣福寺を創建し、菊地氏一族に大きな精神的影響を与えた。1353年(正平8年/文和2年)には有馬澄世の招きにより肥前国加津佐(現長崎県南島原市加津佐町)に赴き、水月山円通寺を創建。1366年(正平21年/承和5年)、同地で没した。大智 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮如

    蓮如から見た加賀国加賀国

    文明6年(1474年)、加賀守護富樫氏の内紛で富樫政親から支援の依頼を受ける。蓮如は対立する富樫幸千代が真宗高田派と組んだ事を知ると、同派の圧迫から教団を維持するために政親と協力して幸千代らを滅ぼした。だが、加賀の民衆が次第に蓮如の下に集まる事を政親が危惧して軋轢を生じた。更に蓮如の配下だった下間蓮崇が蓮如の命令と偽って一揆の扇動を行った(但し、蓮如ら本願寺関係者が蓮崇の行動に対して全く関知していなかったのかどうかについては意見が分かれている)。蓮如 フレッシュアイペディアより)

  • 応仁の乱

    応仁の乱から見た加賀国加賀国

    嘉吉の乱鎮圧に功労のあった宗全は主謀者赤松氏の再興に反対していたが長禄2年(1458年)、勝元が宗全の勢力削減を図って長禄の変に赤松氏遺臣が功績を建てたことを根拠に赤松政則を加賀守護職に取立てたことから両者は激しく対立し、後に勝元が養子で宗全の末子豊久を廃嫡したことが応仁の乱の要因となったとされている。応仁の乱 フレッシュアイペディアより)

  • 射水郡

    射水郡から見た加賀国加賀国

    江戸時代までは越中国の北西部一帯を占める郡で、現在の高岡市の一部(北部・中部)、富山市の一部(老田地区)、射水市、氷見市の市域に相当する。南を礪波郡、東を婦負郡、北と東を加賀国・能登国に接する。律令時代には伏木(現 高岡市伏木)に越中国府が置かれた。射水郡 フレッシュアイペディアより)

  • 戦国時代 (日本)

    戦国時代 (日本)から見た加賀国加賀国

    「万人恐怖」と称された暴政を行った足利義教が嘉吉の乱で暗殺されて以降、室町幕府は衰勢となる。例えば、関東では鎌倉公方が古河御所に逃れて古河公方と名乗って関東管領上杉氏との全面戦争(享徳の乱)を引き起こすと、将軍が後任の鎌倉公方として派遣した足利政知も鎌倉にさえ入ることができなかった(堀越公方)。加賀や大和でも豪族同士の争乱が起こり、将軍お膝元の京都でも徳政一揆が頻発する有様であった。戦国時代 (日本) フレッシュアイペディアより)

651件中 21 - 30件表示

「加賀のできごと」のニューストピックワード