651件中 31 - 40件表示
  • 上杉謙信

    上杉謙信から見た加賀国加賀国

    内乱続きであった越後国を統一し、産業を振興して国を繁栄させた。他国から救援を要請されると秩序回復のために幾度となく出兵し、49年の生涯の中で武田信玄、北条氏康、織田信長、越中一向一揆、蘆名盛氏、能登畠山氏、佐野昌綱、神保長職、椎名康胤らと合戦を繰り広げた。特に5回に及んだとされる武田信玄との川中島の戦いは、後世たびたび物語として描かれており、よく知られている。さらに足利将軍家からの要請を受けて上洛を試み、越後国から西進して越中国・能登国・加賀国へ勢力を拡大した。上杉謙信 フレッシュアイペディアより)

  • 前田利家

    前田利家から見た加賀国加賀国

    信長が本能寺の変により明智光秀に討たれると、はじめ柴田勝家に付くが、後に羽柴秀吉に臣従した。以後、豊臣家の宿老として秀吉の天下平定事業に従軍し、加賀国・越中国を与えられ加賀藩百万石の礎を築く。また、豊臣政権五大老に列せられ、豊臣秀頼の傳役(後見人)を任じられる。秀吉の死後、対立が顕在化する武断派と文治派の争いに仲裁役として働き、覇権奪取のため横行する徳川家康の牽制に尽力するが、秀吉の死の8ヶ月後に病死した。前田利家 フレッシュアイペディアより)

  • 越国

    越国から見た加賀国加賀国

    律令時代?現在の地域名としては、越州(えっしゅう)・三越(さんえつ)と同義で、越後・越中・能登・加賀・越前の5国を意味する(「越」字がない能登・加賀も含めるのが普通である)。越国 フレッシュアイペディアより)

  • 有田焼

    有田焼から見た加賀国加賀国

    その後1640年代に中国人によって技術革新が行われ、1次焼成の後に上絵付けを行う色絵磁器が生産されるようになった。伝世品の「古九谷様式」と呼ばれる青・黄・緑などを基調とした作品群は、かつては加賀国(石川県)九谷の産とされていたが、20世紀後半以降の窯跡の調査により、この時期の有田で焼かれた初期色絵がほとんどを占めることが分かっている。ただし従来言われていた加賀国(石川県南部)での生産も、1650年代から20年間程ごく小規模に行われていた(この産地問題については、別項「九谷焼」を参照)。なお、ほぼ同時期には有田の技術を基に備後福山藩で姫谷焼の磁器が20年間ほど生産されていた。有田焼 フレッシュアイペディアより)

  • 織田信長

    織田信長から見た加賀国加賀国

    これを好機と見た信長は長篠の戦いが終わった直後の8月、越前国に行軍した。内部分裂していた一揆衆は協力して迎撃することができず、下間頼照や朝倉景健らを始め、12,250人を数える越前国・加賀国の門徒が織田軍によって討伐された。越前国は再び織田領となり、信長は国掟を出した上で、越前八郡を柴田勝家に与えた。織田信長 フレッシュアイペディアより)

  • 白山比め神社

    白山比め神社から見た加賀国加賀国

    白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)は、石川県白山市三宮町にある神社。式内社、加賀国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。白山比め神社 フレッシュアイペディアより)

  • 手取川の戦い

    手取川の戦いから見た加賀国加賀国

    手取川の戦い(てとりがわのたたかい)は、天正5年9月23日(1577年11月3日)に加賀国の手取川において上杉謙信軍が織田信長軍を撃破したとされる合戦。手取川の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 九谷焼

    九谷焼から見た加賀国加賀国

    古九谷の廃窯から、約一世紀後の文化4年(1807年)に加賀藩が京都から青木木米を招き金沢の春日山(現在の金沢市山の上町)に春日山窯を開かせたのを皮切りに、数々の窯が加賀地方一帯に立った。これらの窯の製品を「再興九谷」という。九谷焼 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤実盛

    斎藤実盛から見た加賀国加賀国

    寿永2年(1183年)、再び維盛らと木曾義仲追討のため北陸に出陣するが、加賀国の篠原の戦いで敗北。味方が総崩れとなる中、覚悟を決めた実盛は老齢の身を押して一歩も引かず奮戦し、ついに義仲の部将・手塚光盛によって討ち取られた。斎藤実盛 フレッシュアイペディアより)

  • 長坂二子塚古墳

    長坂二子塚古墳から見た加賀国加賀国

    長坂二子塚古墳(ながさかふたごつかこふん)は、石川県金沢市にある古墳。手取川以北の加賀地方において、数少ない前方後円墳の一つである。長坂二子塚古墳 フレッシュアイペディアより)

651件中 31 - 40件表示

「加賀のできごと」のニューストピックワード