853件中 31 - 40件表示
  • 赤松政則

    赤松政則から見た加賀国加賀国

    赤松 政則(あかまつ まさのり)は、室町時代後期の武将・大名。加賀半国・播磨・美作・備前の守護大名・戦国大名。赤松家の第9代当主(当主在職:長禄2年(1458年)9月 - 明応5年4月25日(1496年6月6日))。赤松政則 フレッシュアイペディアより)

  • 河北郡

    河北郡から見た加賀国加賀国

    河北郡(かほくぐん)は、石川県(加賀国)の郡。ここでは前身にあたる加賀郡(かがぐん)についても記述する。河北郡 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原是善

    菅原是善から見た加賀国加賀国

    嘉祥3年(850年)道康親王の即位(文徳天皇)に伴い二階級昇進して正五位下に叙せられる。引き続き文章博士を務める一方で、大学頭・左京大夫・加賀権守・美作権守・伊勢守・備前権守を兼ねた。また、この間の斉衡2年(855年)には従四位下に叙せられている。菅原是善 フレッシュアイペディアより)

  • 火打城の戦い

    火打城の戦いから見た加賀国加賀国

    火打城の戦い(ひうちじょうのたたかい)は、治承・寿永の乱の中の一つ。越前・加賀の在地反乱勢力とそれを追討すべく出撃した平氏との寿永年間における戦いのうちの緒戦である。火打城は燧城、燧ヶ城の表記もある。火打城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 恭翁運良

    恭翁運良から見た加賀国加賀国

    初め出羽国(後の羽前国)玉泉寺で出家した。紀伊国興国寺の無本覚心に学んで法を嗣いだ。京都万寿寺に南浦紹明に参禅し、南浦の鎌倉下向に同行したあと、加賀の大乗寺に入り、瑩山紹瑾の勧めで加賀国大乗寺の住持となり、あわせて道元自筆の「仏果碧厳破関撃節(一夜碧巌集)」(重要文化財)、棕櫚払子などを相伝した。しかし曹洞禅の寺院に臨済僧が入寺したために混乱が起き、勇退して元徳3(1330)年に加賀国伝燈寺(金沢市)を開いた。その後、越中国氷見湊に「石浮図」(石造の仏塔に灯台の用をなさせたものか?)を建立し、海上交通の目標物とするなど、勧進僧として活動している。次いで放生津に興化寺を開き、同寺で没した。塔所(墓所)である大光寺跡は、現在射水市中央町にある「来光寺塚」に比定する説がある。弟子に至庵綱存(伝燈寺2世)、絶巌運奇(越中長慶寺開山)、桂巌運芳(建仁寺53世、万寿寺35世、越中薬勝寺勧請開山)、呑象運光(越中蓮華寺開山)がある。伝燈寺に伝えられた頂相は金沢市指定文化財。「一夜碧巌集」は至庵綱存が継承し、綱存の弟子である蔵海無尽(加賀妙雲寺開山)が康永4年(1345)大乗寺へ贈ったため、現在同寺が所蔵する。恭翁運良 フレッシュアイペディアより)

  • 源政職

    源政職から見た加賀国加賀国

    源 政職(みなもと の まさもと、生年不詳 - 寛仁4年閏12月26日(1021年2月10日))は、平安時代中期の貴族。名は正職とも記される。光孝源氏、播磨守・源国盛の子。官位は従五位下・加賀守。源政職 フレッシュアイペディアより)

  • 良岑清風

    良岑清風から見た加賀国加賀国

    文徳朝に入っても、嘉祥4年(851年)加賀介と引き続き地方官を務め、仁寿4年(854年)には従五位上に叙せられている。天安元年(857年)に左馬助次いで左近衛少将と京官の武官に遷る。天安2年(858年)美濃介次いで播磨権介と地方官を兼ねるも、母の喪に服するため一旦官職を解かれ、その後再任されて本官に復している。同年11月に正五位下に昇叙。良岑清風 フレッシュアイペディアより)

  • 有田焼

    有田焼から見た加賀国加賀国

    その後1640年代に中国人陶工によって技術革新が行われ、1次焼成の後に上絵付けを行う色絵磁器が生産されるようになった。伝世品の「古九谷様式」と呼ばれる青・黄・緑などを基調とした作品群は、かつては加賀国(石川県)九谷の産とされていたが、20世紀後半以降の窯跡の調査により、この時期の有田で焼かれた初期色絵がほとんどを占めることが分かっている。ただし従来言われていた加賀国(石川県南部)での生産も、1650年代から20年間程ごく小規模に行われていた(この産地問題については、別項「九谷焼」を参照)。なお、ほぼ同時期には有田の技術を基に備後福山藩で姫谷焼の磁器が20年間ほど生産されていた。有田焼 フレッシュアイペディアより)

  • 大智

    大智から見た加賀国加賀国

    肥後国宇土郡長崎(現・熊本県宇城市不知火町)生まれ。幼名は萬仲。7歳の時大慈寺の寒巌義尹に師事し、義尹の没後は鎌倉建長寺・京都法観寺・加賀大乗寺などを訪れている。1314年(正和3年)中国(元)に渡り、古林清茂、雲外雲岫(うんがいうんしゅう)らに学び、1324年(正中元年)日本に帰国した後は、瑩山紹瑾の指示により明峰素哲のもとで参禅した。その後加賀国に祇陀寺を開創し、さらに肥後国に聖護寺を開創、また肥後菊池氏の帰依を受けて廣福寺を創建し、菊地氏一族に大きな精神的影響を与えた。1353年(正平8年/文和2年)には有馬澄世の招きにより肥前国加津佐(現長崎県南島原市加津佐町)に赴き、水月山円通寺を創建。1366年(正平21年/承和5年)、同地で没した。大智 フレッシュアイペディアより)

  • 中院通為

    中院通為から見た加賀国加賀国

    中院 通為(なかのいん みちため)は、室町時代後期の公卿。権中納言中院通胤の子で、母は姉小路済継の女である。父祖と同じく、たびたび加賀に下向・在国し、家領額田庄などの直務支配に努めた。本名は通右・通量。中院通為 フレッシュアイペディアより)

853件中 31 - 40件表示

「加賀のできごと」のニューストピックワード