853件中 41 - 50件表示
  • 上杉謙信

    上杉謙信から見た加賀国加賀国

    内乱続きであった越後国を統一し、戦や政だけではなく、産業を振興して国を繁栄させた。他国から救援を要請されると秩序回復のために幾度となく出兵し、武田信玄、北条氏康、織田信長、越中一向一揆、蘆名盛氏、能登畠山氏、佐野昌綱、神保長職、椎名康胤らと合戦を繰り広げた。特に宿敵武田信玄との5回にわたる川中島の戦いはよく知られている。さらに足利将軍家からの要請を受けて上洛を試み、越後国から北陸路を西進して越中国・能登国・加賀国へ勢力を拡大したが48歳で志半ばで死去した。兜は、飯綱明神前立鉄錆地張兜。謙信には実子がおらず、謙信の死後、上杉家の家督の後継をめぐって御館の乱が勃発した。上杉謙信 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原並藤

    藤原並藤から見た加賀国加賀国

    初め丹波権掾に任官し、天長2年(825年)陰陽助を経て、天長6年(829年)従五位下に叙爵。その後、天長7年(830年)筑後守、天長9年(832年)陰陽頭、承和4年(837年)和泉守、承和7年(840年)陰陽頭に還任、承和14年(847年)には加賀守を兼任するなど、淳和朝から仁明朝にかけて陰陽寮官人および地方官を務めた。仁明朝末の嘉祥3年(850年)には21年ぶりに昇進し従五位上に叙せられている。藤原並藤 フレッシュアイペディアより)

  • 島田忠臣

    島田忠臣から見た加賀国加賀国

    やがて、従七位下・越前権少掾に叙任される。天安3年(859年)折りしも越前国の海岸に渤海使が漂着するが、属文に優れていたことを理由に忠臣はその接客使となり副使・周元伯と漢詩の唱和を命ぜられる。なお、接客使としてあまりに卑官であったことから、緊急で仮に加賀権掾に任ぜられている。島田忠臣 フレッシュアイペディアより)

  • 坂上是則

    坂上是則から見た加賀国加賀国

    坂上 是則(さかのうえ の これのり、生年不詳 - 延長8年(930年))は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。右馬頭・坂上好蔭の子。子に望城がいる。官位は従五位下・加賀介。三十六歌仙の一人。坂上是則 フレッシュアイペディアより)

  • 雄山神社

    雄山神社から見た加賀国加賀国

    登拝者は、途中の河原で石を1?3個拾って行き、峰本社の傍らに供え、その前庭に敷いたが、『富山県史 民俗編』では、この習俗は立山と加賀の白山が背比べをしたとき、立山が馬のクツ(馬わらじ)の厚さだけ低かったので、立山を高くするために石を持って行くのだとする里人の伝承を紹介している。しかし同書では、伊勢神宮の「白石持ち」神事を神領民が行うこと、芦峅寺若宮(中宮祈願殿)の斎庭にきれいな川原石が敷き詰められていること、朝日町でお盆に清浄な浜辺の石3個を「オケソク」と言って墓に供える事などを例にあげ、神と祖霊の違いはあるものの、丸石に神が宿るとか、もっと別の呪力があるものとして、立山の神に捧げた物ではないかと考察している。雄山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤氏

    加藤氏から見た加賀国加賀国

    加藤氏は藤原氏の一族。日本の戦国時代から江戸時代の大名である加藤光泰や嘉明らが出自とする藤原北家利仁流や加藤清正らが出自とする藤原北家道長流などがある。そして、加藤氏の「加」は加賀の藤原からきたものと一般にいわれる。加藤氏 フレッシュアイペディアより)

  • 越前一向一揆

    越前一向一揆から見た加賀国加賀国

    ついに、一揆衆はこのような長繁の横暴な振る舞いに怒り、彼と手を切ることとした。そして、あろうことか加賀国から一向一揆の指導者である七里頼周や杉浦玄任を招き、自らの棟梁としたのである。杉浦玄任は坊官でありながら越中において、総大将として一揆軍を率い、上杉謙信と戦った武将であった。尻垂坂の戦いでは謙信に敗れたが、五福山や日宮城で上杉方に勝利を収めていた他、朝倉義景とも戦っており、実績も十分であった。一揆衆の中に相当数の浄土真宗本願寺派(一向宗)の門徒がおり、彼らの意見が通ったのである。こうして富田長繁を大将とする土一揆は、そのまま七里頼周を大将とする一向一揆に進展した。越前一向一揆 フレッシュアイペディアより)

  • 前田綱紀

    前田綱紀から見た加賀国加賀国

    松平の名字を与えられ「松平犬千代丸」となる。承応3年(1654年)1月12日、利常に伴われて江戸城に登城して元服し、第4代将軍徳川家綱より偏諱を授かり綱利と名乗った(のち綱紀に改名)。同時に正四位下に叙され、左近衛権少将・加賀守に任官される。前田綱紀 フレッシュアイペディアより)

  • 源能有

    源能有から見た加賀国加賀国

    貞観4年(862年)に従四位上に直叙されると、貞観8年(866年)加賀守、貞観11年(869年)大蔵卿を経て貞観14年(872年)には28歳にして早くも参議に任ぜられて公卿に列すなど、徐々に中央官界において頭角を顕し、弟の清和天皇それに続く陽成天皇の治世をよく輔けた。その能力は藤原基経からも評価されてその娘を娶っている。この間、元慶元年(877年)従三位、元慶6年(882年)中納言と順調に昇進するとともに、左兵衛督・左近衛中将・左衛門督・検非違使別当と武官も兼帯した。源能有 フレッシュアイペディアより)

  • 前田利家

    前田利家から見た加賀国加賀国

    信長が本能寺の変により明智光秀に討たれると、はじめ柴田勝家に付くが、後に羽柴秀吉に臣従した。以後、豊臣家の宿老として秀吉の天下平定事業に従軍し、加賀国・越中国を与えられ加賀藩百万石の礎を築く。また、豊臣政権五大老に列せられ、豊臣秀頼の傅役(後見人)を任じられる。秀吉の死後、対立が顕在化する武断派と文治派の争いに仲裁役として働き、覇権奪取のため横行する徳川家康の牽制に尽力するが、秀吉の死の8ヶ月後に病死した。前田利家 フレッシュアイペディアより)

853件中 41 - 50件表示