651件中 41 - 50件表示
  • 池田長休

    池田長休から見た加賀国加賀国

    旗本池田清弥の次男。母は牧野忠知の娘。正室は立花種周の娘。子は池田長顕、池田長発、松平勝実室。通称伊三郎。官位は従五位下、加賀守、甲斐守。池田長休 フレッシュアイペディアより)

  • 橘正通

    橘正通から見た加賀国加賀国

    大学寮にて学び、源順に師事する。加賀掾・宮内少丞を歴任。具平親王の侍読を務め、門下に紀斉名らを育てた。橘正通 フレッシュアイペディアより)

  • 正親町三条実福

    正親町三条実福から見た加賀国加賀国

    正親町三条実福(おおぎまちさんじょう さねとみ、天文5年(1536年) - 永禄11年1月25日(1568年2月22日))は、室町時代後期の公卿。後奈良天皇(105代)・正親町天皇(106代)の二帝にわたり仕えた廷臣で官位は従二位権中納言まで昇った。父は内大臣正親町三条公兄。母は加賀介藤原某(富樫氏と言われる)の娘。子に権中納言正親町三条公仲がいる。正親町三条実福 フレッシュアイペディアより)

  • 大炊御門経名

    大炊御門経名から見た加賀国加賀国

    文明16年(1484年)叙爵。その後、左近衛少将・左近衛中将・権中納言を経て、永正7年(1510年)には権大納言となった。この職にある際の永正8年(1511年)加賀国へ下向している。おそらく他の公卿と同様に経済的理由によると思われる。永正12年(1515年)に帰洛。右近衛大将に任じられて再び朝廷政務に復帰した。永正15年(1518年)内大臣に任じられる。さらに大永元年(1521年)には右大臣に昇格した。翌年に従一位を授与された。大永3年(1523年)に右大臣を辞する。天文11年(1542年)出家し、自性院と号した。天文22年(1553年)に薨去、嗣子がいないために大炊御門家は一時断絶となるが、その後、中山孝親の子の経頼が相続した。大炊御門経名 フレッシュアイペディアより)

  • 高尾城 (加賀国)

    高尾城 (加賀国)から見た加賀国加賀国

    詳細な築城年は不明。1488年、加賀国守護大名の富樫政親が攻め寄せた加賀一向一揆衆に対し篭城。抗戦むなしく自害した場所として有名である。高尾城 (加賀国) フレッシュアイペディアより)

  • 庄ノ城

    庄ノ城から見た加賀国加賀国

    詳しい築城年代は不明。南北朝期に足利一門の有力者桃井直常が拠って礪波郡一帯に越中国一乗寺城、加賀国松根城、越中国井口城、越中国野尻城などの支城網を築き支配したと云う。また、鎌倉期から戦国期にわたり礪波郡で勢力を誇った石黒氏の分家が「壇城」に拠っていた(壇石黒氏)と云う。石黒氏が築いた後に桃井直常が入ってその後に再び石黒氏が入ったのか、または桃井直常が築いて後に石黒氏が入ったのかは判然としない。直常が居城とした城の一つに越中国松倉城が在るが、親桃井派であった椎名氏の居城としてそれ以前もそれ以降も使用されている事から、石黒氏の支援を受けて在城していたとも推測出来るが。近年の調査で炭化物が見つかり幾度か火災に遭っている事が判明しており、その事から庄ノ城の興廃の程が窺える。庄ノ城 フレッシュアイペディアより)

  • 千代ヶ様城

    千代ヶ様城から見た加賀国加賀国

    応安元年(1368年)8月、越中国守護に任じられた斯波義将が桃井直常討伐を開始。これに敗れた桃井直常はそのまま北朝方の吉見氏が治める能登国へと侵攻するも激しい抵抗に遭い撤退。直常の子桃井直和は再び転じて加賀国守護富樫昌家が拠る加賀国富樫城を攻めた。能登国守護吉見氏頼の救援により敗走した直和は越中国一乗寺城に籠るも追撃を退けられず、千代ヶ様城へと退いた。吉見氏は追撃の手を緩めず越中に兵を進め、応安2年(1369年)9月24日、千代ヶ様城は越中国井口城と共に落城し、直和は越中国松倉城へと落ち延びた。千代ヶ様城 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原隆房

    藤原隆房から見た加賀国加賀国

    保元3年(1158年)に従五位下に叙爵。以後加賀国・因幡国の国司や右近衛中将・左近衛中将・蔵人頭などを歴任し、元暦元年(1184年)に従三位に叙せられる。文治5年(1189年)に権中納言、正治元年(1199年)に中納言・正二位、元久元年(1204年)には権大納言に至る。建永元年(1206年)に出家し引退。法名は寂恵。藤原隆房 フレッシュアイペディアより)

  • 惟宗允亮

    惟宗允亮から見た加賀国加賀国

    明法得業生より立身して、永観2年(984年)に明法博士として名前が現れる。その後も永祚2年(990年)には既に博士を退任しているのにも拘らず勘文提出を命じられている。正暦3年(992年)勘解由次官、翌年には左衛門権佐に任じられ、長徳2年(996年)には従五位上に叙され加賀権介を、長保元年(999年)には備中権介を兼務している。また、長徳2年(996年)の長徳の変に際しては検非違使佐として、内大臣藤原伊周逮捕の指揮を執っている。長徳4年(998年)頃、弟と推定される明法博士惟宗允政とともに令宗朝臣の姓を与えられた。令宗とは「律令の宗師」(学界の第一人者)という意味である。惟宗允亮 フレッシュアイペディアより)

  • 弘長寺

    弘長寺から見た加賀国加賀国

    この時の年号が弘長であったことから寺号を弘長寺とし、憲正が加賀国の出身であったので、白山権現を鎮守とし勧請して西側にこの寺を建立した。寺号に年号を許されたのは極めて稀なことであり、当初の規模は現在より大きかったと思われる。弘長寺 フレッシュアイペディアより)

651件中 41 - 50件表示

「加賀のできごと」のニューストピックワード