651件中 51 - 60件表示
  • 中宮温泉

    中宮温泉から見た加賀国加賀国

    中宮温泉(ちゅうぐうおんせん)は、石川県白山市(旧国加賀国)にある温泉。白山スーパー林道の入り口にある。白山スーパー林道が閉鎖されている場合でも営業を行っている場合があるが、12月から4月までは積雪のため閉鎖される。事前に電話などで確認しておく方がよい。中宮温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 鶯宿温泉

    鶯宿温泉から見た加賀国加賀国

    開湯は天正年間の頃、約450年前とある。湯量の豊富な温泉であり、開湯伝説によれば、ウグイスが川床で傷を癒しているところを加賀国から移住してきた木樵「助」と名乗る男が発見したと伝えられ、以後は近郷の僧侶の助力もあり、庶民の湯治場として整備し、ウグイスの伝説に因み、鶯宿と名乗るようになった。鶯宿温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 中谷巳次郎

    中谷巳次郎から見た加賀国加賀国

    加賀国(現在の石川県)出身。実家は裕福な十村庄屋の家筋であったが、巳次郎は資産を蕩尽した挙げ句、別府市に流れ着く。そこで、別府に亀の井旅館(現在の別府亀の井ホテル)を開き、別府温泉の観光開発に尽力した油屋熊八に出会い、1922年(大正11年)、熊八とともに賓客をもてなすための別荘を由布院温泉に開き、その管理に当たった。これが、今日の亀の井別荘の礎である。中谷巳次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥親真

    土肥親真から見た加賀国加賀国

    天正8年(1580年)に加賀国の一向一揆を殲滅した織田氏家臣の柴田勝家らの侵攻を受けると降伏し織田氏に属することとなり、末森城主の座に留まった。能登国が前田利家に与えられると、長連龍らと共に与力として配された。なお、このころに利家の妻まつ(芳春院)の姪である末守殿を妻に迎えている。土肥親真 フレッシュアイペディアより)

  • 日宮城

    日宮城から見た加賀国加賀国

    元亀3年(1572年)、武田信玄の調略に応じた加賀国、越中国の一向一揆が蜂起。同年5月24日から日宮城は一揆勢の猛攻に遭う。日宮城の守将であった神保覚広は越中国新庄城主鰺坂長実に援軍を要請し、上杉方は長実や山本寺定長等を援軍として派遣するも、辿り着く前に呉服山で一揆勢の迎撃に遭い、退却。そこを追撃されて、惨敗した。援軍が期待出来なくなった守将達(覚広、職鎮、安藤職張、水越職勝)は同年6月15日に開城。一揆勢と和議を結んで能登国石動山天平寺へと落ち延びた。これによって勢い付いた一揆勢はそのまま越中国白鳥城を攻め、越中国富山城(翌年に謙信によって再度攻略されている)をも落としている。日宮城 フレッシュアイペディアより)

  • 富樫幸千代

    富樫幸千代から見た加賀国加賀国

    文明5年(1473年)、応仁の乱の影響で兄政親と争い真宗高田派や甲斐敏光と結んで勝利した。しかし翌6年(1474年)、本願寺一向一揆と結んだ政親に加賀から追放された。これ以降、一向一揆と結び再三政親領に侵入しては戦った。富樫幸千代 フレッシュアイペディアより)

  • 和珥部君手

    和珥部君手から見た加賀国加賀国

    和珥部氏は和珥氏の一族またはその属民(部曲)であり、畿内をはじめ尾張国・美濃国・加賀国等各地に分布しているが、臣姓の和珥部氏(和珥部臣)は春日氏の一族で和珥部の首長とされる。また君手は美濃国の人であるという。和珥部君手 フレッシュアイペディアより)

  • 小松市立国府中学校

    小松市立国府中学校から見た加賀国加賀国

    校名は、古代この近くに加賀国国府があったことに由来する。小松市立国府中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 小松市立国府小学校

    小松市立国府小学校から見た加賀国加賀国

    校名は、当地付近にかつて加賀国国府があったことに由来する。当校の母体となった3校は、いずれも能美郡国府村に属していた。小松市立国府小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 朝倉景連

    朝倉景連から見た加賀国加賀国

    弘治元年(1555年)の朝倉宗滴を総大将とした加賀一向一揆攻めに従軍、津葉城を落とす活躍を見せた。永禄4年(1561年)4月6日に、義景が犬追物を開催した際に、奉行職に任じられた景連は500余人の家来と共に、主君の義景を上回る豪勢な主従のいでたちで現れ、周囲を驚かせた。朝倉景連 フレッシュアイペディアより)

651件中 51 - 60件表示

「加賀のできごと」のニューストピックワード