853件中 51 - 60件表示
  • 丹羽氏

    丹羽氏から見た加賀国加賀国

    丹羽長秀は天文19年(1550年)から織田信長に仕えて活躍し、信長が天正10年(1582年)に本能寺の変で明智光秀に殺害されると、羽柴秀吉に味方して山崎の戦いで共に光秀を討った。長秀は天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いでも秀吉を援護し、戦後に越前国・若狭国・加賀国2郡123万石の大大名となった。丹羽氏 フレッシュアイペディアより)

  • センゴク

    センゴクから見た加賀国加賀国

    第三部で険悪になる羽柴・柴田両家の調停役として秀吉の元を訪れる。その際に秀吉から勝家の世とならば佐久間のような武辺者が重用されるが、政で天下を統べる自分の世には利家のような実直な人間が必要と逆に調略を受ける。賤ヶ岳の戦いでは、若くもなく老いてもない中間の自分はなんとしてでも勝たねばならない、と覚悟を決め退却した。戦後は加賀二郡を加増され、加賀・能登の二カ国を治める大名となっている。センゴク フレッシュアイペディアより)

  • かほく市

    かほく市から見た加賀国加賀国

    能登地方と加賀地方をつなぐ街道に位置し、江戸時代には宿場町として栄えた。かほく市 フレッシュアイペディアより)

  • 元禄文化

    元禄文化から見た加賀国加賀国

    芭蕉はまた、武士の身分を捨てて各地を旅し、門人らと交流しながら、自然と人間を鋭く見つめて『奥の細道』『野ざらし紀行』『笈の小文』『更科紀行』などのすぐれた紀行文もあらわした。ことに「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人なり」ではじまる『奥の細道』は名文として知られている。かれの門人の多くは新興の商人や裕福な農民、武士、僧侶・神官などであり、こうした地方文化人の支持を集めて蕉風俳諧は全国的なひろがりをみた。とくに加賀は蕉風王国とよばれるほど蕉風俳諧のさかんな土地柄であった。尾張もまた俳諧のさかんな土地で、西鶴を師とあおぐ談林派の俳人が100名もおり、芭蕉が名古屋を訪れると蕉風もさかんとなった。元禄文化 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮如

    蓮如から見た加賀国加賀国

    文明6年(1474年)、加賀守護富樫氏の内紛で富樫政親から支援の依頼を受ける。蓮如は対立する富樫幸千代が真宗高田派と組んだ事を知ると、同派の圧迫から教団を維持するために政親と協力して幸千代らを滅ぼした。だが、加賀の民衆が次第に蓮如の下に集まる事を政親が危惧して軋轢を生じた。更に蓮如の配下だった下間蓮崇が蓮如の命令と偽って一揆の扇動を行った(但し、蓮如ら本願寺関係者が蓮崇の行動に対して全く関知していなかったのかどうかについては意見が分かれている)。蓮如 フレッシュアイペディアより)

  • 倶利伽羅峠の戦い

    倶利伽羅峠の戦いから見た加賀国加賀国

    倶利伽羅峠の戦い(くりからとうげのたたかい、倶梨伽羅峠の戦い)、または、砺波山の戦い(となみやまのたたかい、礪波山の戦い)は、平安時代末期の寿永2年5月11日(1183年6月2日)に、越中・加賀国の国境にある砺波山の倶利伽羅峠(現富山県小矢部市-石川県河北郡津幡町)で源義仲軍と平維盛率いる平家軍との間で戦われた合戦。治承・寿永の乱における戦いの一つ。倶利伽羅峠の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 月岡野の戦い

    月岡野の戦いから見た加賀国加賀国

    1578年3月、上杉謙信が急死し、その後継者争い「御館の乱」が勃発すると、織田信長はこれを好機と捉え、4月には上杉氏勢力下にある越中国を攻略すべく、越中出身で越中守護代家の由緒をもつ神保長住に佐々長穐らの兵をつけて飛騨口から侵攻させた。当時北陸侵攻に当たっていた柴田勝家は加賀の一向一揆に手間取っており、能登も上杉方が保持していた。そこで、飛騨口から越中を攻略することによってこれらの上杉軍と越後との連絡を絶ち、分断撃破する戦略があったと思われる。長住は神保旧臣や国人衆を味方につけて砺波郡の増山城を攻略するなど一定の成果をあげたが、越中国内は依然として上杉氏優勢であり、9月には織田信忠付の重臣(側近)斎藤利治率いる濃尾の兵が援軍として越中戦線に送られた。月岡野の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 藤原助

    藤原助から見た加賀国加賀国

    天長10年(833年)正良親王が即位(仁明天皇)すると正五位下・右近衛権中将に叙任され、翌承和元年(834年)には従四位下に昇叙と、仁明朝初頭は順調に昇進する。のち、右近衛中将・左兵衛佐、右衛門督と武官を歴任し、承和10年(843年)参議に任ぜられ公卿に列す。仁明朝の中期以降は昇進面でやや停滞し、甥の長良・良相兄弟らに昇進で先を越されるものの、議政官として右衛門督・左兵衛督などの武官や、加賀守・下野守・信濃守など主に東国の地方官を兼帯した。嘉祥3年(850年)文徳天皇の即位後まもなく正四位下に叙せられている。藤原助 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原弘経

    藤原弘経から見た加賀国加賀国

    貞観3年(861年)讃岐権掾に任ぜられる。貞観6年(864年)正月に従五位下に叙せられ、同年6月には讃岐権介に昇進する。のち貞観8年(866年)侍従、貞観12年(870年)加賀権守、貞観15年(873年)には讃岐権介に再任、貞観17年(875年)には左衛門佐に任ぜられている。藤原弘経 フレッシュアイペディアより)

  • かが (護衛艦)

    かが (護衛艦)から見た加賀国加賀国

    艦名は令制国の加賀国に由来し、旧海軍の航空母艦「加賀」に続き日本の艦艇としては二代目、海上自衛隊の護衛艦としては初代である。太平洋戦争期の正規空母・雲龍型航空母艦や蒼龍を若干ながら上回る規模と排水量を有し、甲板を含めた全長248mは旧海軍空母「加賀」(単層の飛行甲板に改装後)とほぼ同じ。艦内神社は白山比咩神社(加賀国一宮)。かが (護衛艦) フレッシュアイペディアより)

853件中 51 - 60件表示

「加賀のできごと」のニューストピックワード