853件中 61 - 70件表示
  • 織田信長

    織田信長から見た加賀国加賀国

    これを好機と見た信長は長篠の戦いが終わった直後の8月、越前国に行軍した。内部分裂していた一揆衆は協力して迎撃することができず、下間頼照や朝倉景健らを始め、12,250人を数える越前国・加賀国の門徒が織田軍によって討伐された。織田信長 フレッシュアイペディアより)

  • 戦国時代 (日本)

    戦国時代 (日本)から見た加賀国加賀国

    しかし、さらなる将軍権力の強化を図って強権的手段に出た六代目の足利義教が嘉吉の乱で暗殺されて以降、室町幕府は衰勢となり、有力守護大名等に対して統制を効かせるのが難しくなっていく。関東では鎌倉公方が古河御所に逃れて古河公方と名乗って関東管領上杉氏との全面戦争(享徳の乱)を引き起こすと、将軍が後任の鎌倉公方として派遣した足利政知も鎌倉にさえ入ることができなかった(堀越公方)。大和や加賀でも豪族同士の争乱が起こり、将軍お膝元の京都でも徳政一揆が頻発する有様であった。戦国時代 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 九谷焼

    九谷焼から見た加賀国加賀国

    古九谷の廃窯から、約一世紀後の文化4年(1807年)に加賀藩が京都から青木木米を招き金沢の春日山(現在の金沢市山の上町)に春日山窯を開かせたのを皮切りに、数々の窯が加賀地方一帯に立った。これらの窯の製品を「再興九谷」という。九谷焼 フレッシュアイペディアより)

  • 橘正通

    橘正通から見た加賀国加賀国

    大学寮にて学び、源順に師事する。加賀掾・宮内少丞を歴任。具平親王の侍読を務め、門下に紀斉名らを育てた。橘正通 フレッシュアイペディアより)

  • 中谷巳次郎

    中谷巳次郎から見た加賀国加賀国

    加賀国(現在の石川県)出身。実家は裕福な十村庄屋の家筋であったが、巳次郎は資産を蕩尽した挙げ句、別府市に流れ着く。そこで、別府に亀の井旅館(現在の別府亀の井ホテル)を開き、別府温泉の観光開発に尽力した油屋熊八に出会い、1922年(大正11年)、熊八とともに賓客をもてなすための別荘を由布院温泉に開き、その管理に当たった。これが、今日の亀の井別荘の礎である。中谷巳次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県こまつ芸術劇場うらら

    石川県こまつ芸術劇場うららから見た加賀国加賀国

    この劇場の名前に使われている「うらら」とは、石川県の加賀地方(能美市以南)で使われている方言で、「私たち」という意味を表し(「私」を指す「うら」と複数形の「ら」の造語)、「うららかな」という和やかなイメージを持ち合わせていることが採用の由来となっている。石川県こまつ芸術劇場うらら フレッシュアイペディアより)

  • 白山神社 (高島市宮野)

    白山神社 (高島市宮野)から見た加賀国加賀国

    正治2年(1200年)、加賀国白山権現を勧請して創建されたと伝わる。元亀2年(1571年)に明智光秀らの軍により焼失したが、天正2年(1574年)に再建されたという。また、藩主分部氏の崇敬が厚く、正月、例祭、盆月には、必ず家老を代参させたという。明治2年(1869年)現在の社号に改められ、同9年(1876年)に村社に列した。白山神社 (高島市宮野) フレッシュアイペディアより)

  • 庶物類纂

    庶物類纂から見た加賀国加賀国

    庶物類纂(しょぶつるいさん)は江戸時代中期の本草学者で加賀金沢藩の儒医であった稲生若水および、その弟子であった丹羽正伯らが編纂した博物書。26属1054巻。庶物類纂 フレッシュアイペディアより)

  • 奥山正之

    奥山正之から見た加賀国加賀国

    文禄3年(1594年)に父の遺領(越前国内1万1000石)を継いだ。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは西軍に参加し、加賀大聖寺城に兵500を率いて侵攻したが、西軍の敗北により敗走、戦後に除封された。その後は出家して宗巴(宗波)を名乗り、京で暮らした。奥山正之 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保忠顕

    大久保忠顕から見た加賀国加賀国

    第5代藩主・大久保忠由の長男。正室は中川久貞の娘。子に大久保忠真(長男)、娘(南部信真正室)、娘(紀伊支流松平頼啓正室)、娘(大久保教孝正室)、娘(大久保教富正室)。官位は従五位下、加賀守。大久保忠顕 フレッシュアイペディアより)

853件中 61 - 70件表示

「加賀のできごと」のニューストピックワード