651件中 61 - 70件表示
  • 松根城

    松根城から見た加賀国加賀国

    石川県(金沢市)と富山県(小矢部市)の県境にある松根山の尾根に沿って南北に長く築かれており、加賀と越中を結ぶ交通の要衝であった。現在は城址公園として整備され、市指定の史跡となっている。松根城 フレッシュアイペディアより)

  • 戸出公園

    戸出公園から見た加賀国加賀国

    庄川の本流が千保川から中田川(現在の流れ)となった江戸時代中期以降、この川原跡地にはすり鉢型の相撲場が作られた。戸出相撲は加賀、能登、越中3国の中でも有名な地方相撲として知られ、戸出からは多くの名力士が誕生した。戸出公園 フレッシュアイペディアより)

  • 富樫満春

    富樫満春から見た加賀国加賀国

    富樫 満春(とがし みつはる、生年不詳 - 応永34年6月9日(1427年7月3日))は、室町時代の武将、加賀の守護大名。通称、富樫介。父は富樫満家、子に持春、教家、泰高。兄弟に満成。富樫満春 フレッシュアイペディアより)

  • 富樫持春

    富樫持春から見た加賀国加賀国

    先代当主満春の長男として誕生。将軍足利義持の偏諱を受けて持春と名乗った。応永34年(1427年)に父が亡くなると家督を継承。義持や足利義教からは将軍の相判衆に任じられるなど信任が厚く、義持は京都にある持春の館に何度か出向いている。また持春は永享2年(1430年)正月まで幕府に出仕することがなかったという。同年6月、加賀国守護となる。同年、南禅寺領同国宮保違乱の停止を執行。永享5年(1433年)に21歳で早世した。富樫持春 フレッシュアイペディアより)

  • 富樫昌家

    富樫昌家から見た加賀国加賀国

    幼名は竹童丸。父氏春が病死すると、その後継として加賀の守護を継いだが幼少であったために一族の富樫用家の補佐を受けた。古典『太平記』によると、竹童丸が幼少であることに乗じて近江の佐々木道誉が婚姻関係のある斯波氏に加賀の守護職を奪わせることを画策し、細川清氏によって阻止された、とある(後に清氏は道誉の讒言によって失脚し、滅ぼされた)。富樫昌家 フレッシュアイペディアより)

  • 前田利明

    前田利明から見た加賀国加賀国

    前田 利明(まえだ としあき)は、江戸時代の大名。加賀大聖寺藩の第2代藩主。前田利明 フレッシュアイペディアより)

  • 前田利直

    前田利直から見た加賀国加賀国

    前田 利直(まえだ としなお)は、江戸時代の大名。加賀大聖寺藩の第3代藩主。前田利直 フレッシュアイペディアより)

  • 前田利精

    前田利精から見た加賀国加賀国

    前田 利精(まえだ としあき)は、加賀大聖寺藩の第6代藩主。前田利精 フレッシュアイペディアより)

  • 前田利物

    前田利物から見た加賀国加賀国

    前田 利物(まえだ としたね)は、加賀大聖寺藩の第7代藩主。前田利物 フレッシュアイペディアより)

  • 前田利考

    前田利考から見た加賀国加賀国

    前田 利考(まえだ としやす)は、加賀大聖寺藩の第8代藩主。前田利考 フレッシュアイペディアより)

651件中 61 - 70件表示

「加賀のできごと」のニューストピックワード