853件中 71 - 80件表示
  • 改作法

    改作法から見た加賀国加賀国

    ここでいう「免」とは年貢の税率を示している。例えば「草高七百石免四つ」という場合は、標準収穫量が700石でその40%つまり280石が年貢であることを示している。加賀藩領内であった村々には今もこの年貢を定めた文書が残されていることがある。通称「村御印」とも「物成」とも呼ばれ、三代藩主利常が使用した黒印(御印)が押された文書である。旧家の蔵などで発見されるのは、寛文10年(1670年)に発布されたものが多い。金沢市図書館所蔵の「加越能三箇国高物成帳」では加賀国836、能登国783、越中国1792の見出村があり合計3411の村に発布されたという記録がある。ただし加賀の江沼郡は大聖寺藩、越中の婦負郡は富山藩でありこの数には含まれていない。また、寛文10年以降に追加発布された村御印の数も含まれている。改作法 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀獅子

    加賀獅子から見た加賀国加賀国

    やがて江戸後期になると、金沢だけでなく加賀地方の各地でも獅子舞は盛んに行われるようになり、明治頃までには、この地域の風習のひとつとして定着し、その受け継ぐ流派や地域の風土と相俟って、それぞれが個性的な獅子舞となって行く。以降、昭和初期までは盛んに行われた加賀獅子であったが、第二次世界大戦の混乱を経て次第にその数を減らして行き、昭和20年代に十数名は居たとされる彫刻師とその獅子頭工房も、現在では白山市八幡町にある知田清雲工房のみとなる。加賀獅子 フレッシュアイペディアより)

  • 堀江宗親

    堀江宗親から見た加賀国加賀国

    上杉家が最も勢力を拡大した天正5年(1577年)当時は、最前線である加賀国・津幡城主となっている。堀江宗親 フレッシュアイペディアより)

  • 秋の坊

    秋の坊から見た加賀国加賀国

    別号は寂玄。加賀国出身で、加賀藩士であったが、志を得ず隠退して出家し、日蓮宗蓮昌寺境内に秋日庵を結んで住んでいた。元禄2年(1689年)、奥の細道の旅で芭蕉が金沢に立ち寄った際に入門した。秋の坊 フレッシュアイペディアより)

  • 越中の戦国時代

    越中の戦国時代から見た加賀国加賀国

    このため、越中は守護代の神保氏(富山城・増山城)、椎名氏(松倉城・金山谷城)が実際の統治を担当していたが、この両者の支配力もさほど強力なものではなく、隣国の加賀国の影響もあって一向一揆の力が強まることになる。そしてこの一向一揆と手を結んだ神保氏が次第に越中での権勢を強めたため、畠山氏は越後守護代の長尾氏に神保氏追討の出兵を要請した。越中の戦国時代 フレッシュアイペディアより)

  • 鍋島直亮

    鍋島直亮から見た加賀国加賀国

    第9代藩主・鍋島直堯の長男。母は側室・日出島宗完の娘。正室は鹿島藩主・鍋島直永の娘・唯証院。子は娘(鍋島直虎正室)。官位は従五位下、加賀守。幼名は三平。鍋島直亮 フレッシュアイペディアより)

  • 逃散

    逃散から見た加賀国加賀国

    1488年に加賀において守護の富樫政親を追放し、門徒領国を形成した加賀一向一揆は、領主と戦った例として知られる。逃散 フレッシュアイペディアより)

  • 柳本陣屋

    柳本陣屋から見た加賀国加賀国

    第4代藩主の秀親の代である宝永6年(1709年)、徳川綱吉の法要が寛永寺で行われている時、発狂した加賀国大聖寺新田藩主前田利昌により、殺害されてしまう。このため弟の成純を養嗣子として後を継がせ、改易を防いだのである。柳本陣屋 フレッシュアイペディアより)

  • 伊予大掾初代勝国

    伊予大掾初代勝国から見た加賀国加賀国

    伊予大掾勝国(いよだいじょうかつくに)は江戸時代の加賀国の刀工。新刀上作にして大業物。通称「善三郎」。寛文元年伊予大椽受領。その後改銘して勝国とした。作柄としては、孫六兼元のような三本杉を焼く。伊予大掾初代勝国 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木志津磨

    佐々木志津磨から見た加賀国加賀国

    佐々木 志津磨(ささき しづま、1619年(元和5年)? - 1695年3月3日(元禄8年1月19日))は、江戸時代の志津磨流の書家。志頭磨とも。通称、七兵衛、七右衛門。号は松竹堂、静庵、専念翁など。加賀国出身(京都出身説あり)。佐々木志津磨 フレッシュアイペディアより)

853件中 71 - 80件表示