651件中 81 - 90件表示
  • 超勝寺

    超勝寺から見た加賀国加賀国

    応永年間(1394年 - 1428年)に本願寺5世綽如により創建されている。永正3年(1506年)九頭竜川の戦いで朝倉氏に敗北したことにより加賀国に逃れた。以後、同寺は本覚寺とともに加賀に逃れた越前門徒のまとめ役を担ったが、後に加賀門徒と加賀亡命中の越前門徒の争いが寺院間の争いに発展して大小一揆の一因となった。超勝寺 フレッシュアイペディアより)

  • 本覚寺 (永平寺町)

    本覚寺 (永平寺町)から見た加賀国加賀国

    開基は浄土真宗の宗祖親鸞の弟子にあたる和田ノ信性。当初は和田道場と呼ばれていた念仏道場で真宗高田派に属していたが、応長元年(1311年)本願寺第3世覚如の時代に本願寺に帰依する。本願寺第7世存如の時代に本覚寺の寺号を公称するようになる。永正3年(1506年)、九頭竜川の戦いで朝倉氏に敗北したことにより加賀国に逃れた。以後、同寺は超勝寺とともに加賀に逃れた越前門徒のまとめ役を担ったが、後に加賀門徒と加賀亡命中の越前門徒の争いが寺院間の争いに発展して大小一揆の一因となった。本覚寺 (永平寺町) フレッシュアイペディアより)

  • 九頭竜川の戦い

    九頭竜川の戦いから見た加賀国加賀国

    長享元年(1487年)、加賀守護である富樫政親が室町幕府9代将軍足利義尚による近江の六角高頼征伐(長享・延徳の乱)に出陣中、一向一揆が発生した(加賀一向一揆)。すぐさま政親は軍を加賀に返したものの、翌長享2年(1488年)、一向一揆に攻められ自害した。そして加賀は百年近く仏法領国として独立する事となった。その後一向一揆は能登・越中と拡大していく。九頭竜川の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 石川県こまつ芸術劇場うらら

    石川県こまつ芸術劇場うららから見た加賀国加賀国

    この劇場の名前に使われている「うらら」とは、石川県の加賀地方(能美市以南)で使われている方言で、「私たち」という意味を表し(「私」を指す「うら」と複数形の「ら」の造語)、「うららかな」という和やかなイメージを持ち合わせていることが採用の由来となっている。石川県こまつ芸術劇場うらら フレッシュアイペディアより)

  • 庄弘方

    庄弘方から見た加賀国加賀国

    庄五郎弘方は栗崎を南下して、現在の児玉町入浅見地区に移住し(下浅見新堀に移住したとも)、阿佐美氏の祖になったとされる(阿佐美庄五郎弘方として系図に記されている)。子息に阿佐美実高がいる。阿佐美氏は上州、越州、加州の方にも領地を獲得する事となる(詳細は庄太郎家長の方を参照)。庄弘方 フレッシュアイペディアより)

  • 阿佐美実高

    阿佐美実高から見た加賀国加賀国

    実高は児玉郡の入浅見(児玉御庄)の他、上野国高山御庄、吾妻郡小中山村や越後国荏保・横会禰保、加賀国島田村領などにも所領を有していた(庄太郎家長も参照)。これらの各所領は子息達が領有する事になったとされる。阿佐美実高 フレッシュアイペディアより)

  • 富樫教家

    富樫教家から見た加賀国加賀国

    富樫 教家(とがし のりいえ、生没不詳 - 没年不詳)は、室町時代中期の武将、守護大名。加賀守護。富樫介。富樫満春の次男。兄に持春、弟に泰高。子に成春。「教」は6代将軍足利義教の偏諱を受けたもの。富樫教家 フレッシュアイペディアより)

  • 勧修寺尚顕

    勧修寺尚顕から見た加賀国加賀国

    天文元年(1532年)、義弟で能登守護 畠山氏の当主 修理大夫・畠山義総を頼りに動乱の京を離れ、能登国(もしくは加賀国)にて出家した。勧修寺尚顕 フレッシュアイペディアより)

  • 勧修寺政顕

    勧修寺政顕から見た加賀国加賀国

    晩年は、子の尚顕共々、娘婿の畠山義総を頼り京を離れ能登国(または加賀国)で出家し、真顕と号した。勧修寺政顕 フレッシュアイペディアより)

  • 河合宣久

    河合宣久から見た加賀国加賀国

    はじめ越前朝倉氏に仕える武士であったが後に禄を辞し、加賀国能美郡河合村に移住して河合藤左衛門宣久と改名し加賀一向一揆の指導者の1人となった。長享2年(1488年)、本願寺門徒らが加賀国守護富樫政親を高尾城に攻め滅ぼした「長享の一揆」では、洲崎慶覚や石黒孫右衛門らとともに一揆方の大将を務め、宣久の部将が富樫軍の大将本郷春親とその子松千代丸を討ち取り、政親を自刃に追い詰めた。河合宣久 フレッシュアイペディアより)

651件中 81 - 90件表示

「加賀のできごと」のニューストピックワード