108件中 51 - 60件表示
  • 加賀国

    加賀国から見た富樫持春

    1430年?1433年 - 富樫持春加賀国 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀国

    加賀国から見た富樫成春

    1447年?1458年 - 富樫成春加賀国 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀国

    加賀国から見た国分寺

    国分僧寺は、承和8年(841年)、既にあった「勝興寺」(現 小松市)を国分寺に転用して設けられた。加賀国 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀国

    加賀国から見た加賀藩

    江戸時代には、加賀藩(金沢藩)、大聖寺藩(加賀藩支藩)、大聖寺新田藩(大聖寺藩支藩) が置かれた。加賀国 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀国

    加賀国から見た河北郡

    同823年6月4日に、江沼郡の北部から能美郡、加賀郡の南部から石川郡が分けられた。加賀郡は後に河北郡と呼ばれ、大海川は現在も加賀と能登の両地方の大まかな境界となっている。加賀国 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀国

    加賀国から見た能美郡

    同823年6月4日に、江沼郡の北部から能美郡、加賀郡の南部から石川郡が分けられた。加賀郡は後に河北郡と呼ばれ、大海川は現在も加賀と能登の両地方の大まかな境界となっている。加賀国 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀国

    加賀国から見た大聖寺藩

    江戸時代には、加賀藩(金沢藩)、大聖寺藩(加賀藩支藩)、大聖寺新田藩(大聖寺藩支藩) が置かれた。加賀国 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀国

    加賀国から見た国府

    加賀国は、令制国の中で最後に建てられた国である。その建国への提案は越前守の紀末成による。末成は、加賀郡が国府から遠く往還に不便で、郡司や郷長が不法を働いても民が訴えることができずに逃散し、国司の巡検も難しいといったことを理由にあげた。太政官はこれを受けて弘仁14年 (823年) 2月に、越前の二郡を割いて加賀国を建て、中国にすることを奏した。3月1日に太政官は符を下して加賀国を作り、中国と定めた。同年6月4日に、江沼郡の北部を能美郡とし、加賀郡の南部を石川郡とすることを、加賀守を兼任した紀末成が言上し、これによって四郡になった。天長2年(825年)1月10日に、課丁と田の数が多いという理由で、加賀国は上国に変更になった。加賀国 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀国

    加賀国から見た令制国

    加賀国(かがのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。北陸道に属する。加賀国 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀国

    加賀国から見た江沼郡

    越国が689年-692年(持統天皇3-6年)越前国、越中国、越後国の三国に分立し、718年養老律令制定により能登国が越前国から分離し、その後823年、さらに越前国から江沼郡と加賀郡を割いて加賀国が設置された。加賀国 フレッシュアイペディアより)

108件中 51 - 60件表示