108件中 61 - 70件表示
  • 加賀国

    加賀国から見た式内社

    一宮 白山比咩神社 (白山市) - 式内社加賀国 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀国

    加賀国から見た廃藩置県

    7月14日(1871年8月29日) - 廃藩置県により、藩領が金沢県、大聖寺県の管轄となる。加賀国 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀国

    加賀国から見た大聖寺県

    7月14日(1871年8月29日) - 廃藩置県により、藩領が金沢県、大聖寺県の管轄となる。加賀国 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀国

    加賀国から見た加藤氏

    藤原景道 - 加賀の藤原加藤氏の祖。加賀国 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀国

    加賀国から見たかほく市

    かほく市(能登国の部分を除く)加賀国 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀国

    加賀国から見た小田原藩

    大久保忠朝 - 相模小田原藩初代(復帰後)藩主。老中。加賀国 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀国

    加賀国から見た逃散

    加賀国は、令制国の中で最後に建てられた国である。その建国への提案は越前守の紀末成による。末成は、加賀郡が国府から遠く往還に不便で、郡司や郷長が不法を働いても民が訴えることができずに逃散し、国司の巡検も難しいといったことを理由にあげた。太政官はこれを受けて弘仁14年 (823年) 2月に、越前の二郡を割いて加賀国を建て、中国にすることを奏した。3月1日に太政官は符を下して加賀国を作り、中国と定めた。同年6月4日に、江沼郡の北部を能美郡とし、加賀郡の南部を石川郡とすることを、加賀守を兼任した紀末成が言上し、これによって四郡になった。天長2年(825年)1月10日に、課丁と田の数が多いという理由で、加賀国は上国に変更になった。加賀国 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀国

    加賀国から見た小松市

    国府は能美郡にあった。現在の石川県小松市古府町にあったと考えられている。加賀国 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀国

    加賀国から見た加賀一向一揆

    中世には熊坂荘などの荘園が置かれていたが、戦国時代初頭に一向一揆が守護富樫氏を滅ぼして以後100年近くにわたって一揆による支配が続く(加賀一向一揆)。加賀国 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀国

    加賀国から見た大聖寺新田藩

    江戸時代には、加賀藩(金沢藩)、大聖寺藩(加賀藩支藩)、大聖寺新田藩(大聖寺藩支藩) が置かれた。加賀国 フレッシュアイペディアより)

108件中 61 - 70件表示