加賀まりこ ニュース&Wiki etc.

加賀 まりこ(かが まりこ、1943年12月11日 - )は、日本の女優・司会者。本名は加賀 雅子(かが まさこ)。有限会社活動屋所属。。 (出典:Wikipedia)

「加賀まりこ」Q&A

  • Q&A

    非情のライセンスというNETの番組がありましたが、あれは天地茂が訳ありの加賀まりこを…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月3日 11:38

  • Q&A

    好きな女優は誰ですか? 45歳以上部門・1次予選 以下の中から5人選んでください。…

    [続きを読む]

    回答数:12質問日時 - 2016年11月13日 17:19

  • Q&A

    加賀まりこと ばっさーは似ているか 1似ていない 2わからない 3親子だ 4姉妹だ…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年10月21日 09:55

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「加賀まりこ」のつながり調べ

  • 古舘伊知郎

    古舘伊知郎から見た加賀まりこ

    1989年から1994年にかけて担当していたが、古舘の実況スタイルには今なお賛否両論がある。初登場時にはフジテレビの批判電話件数最高記録を樹立してしまった(この記録は同年、加賀まりこに破られている)。(古舘伊知郎 フレッシュアイペディアより)

  • 田宮二郎

    田宮二郎から見た加賀まりこ

    1968年(昭和43年)、映画『不信のとき』(今井正監督、有吉佐和子原作、大映作品)の宣伝ポスター(原案)において、主役(130シーン中94シーンに出演)の田宮の名が4番手扱いになっていた。その序列は、若尾文子(大映の看板女優)がアタマ、2番目が加賀まりこ(松竹専属の女優、田宮より年下でありキャリアも後輩)、トメ(最後)が岡田茉莉子(東宝や松竹で活躍後、当時は独立系の映画を中心に出演)で、田宮はトメ前となっていた。いくつもの主演シリーズを持っていた田宮は誰が見ても大映現代劇のトップ男優であり、彼にとってこの序列は譲れない大問題であった。(田宮二郎 フレッシュアイペディアより)

「加賀まりこ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「加賀まりこ」のニューストピックワード