前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
150件中 1 - 10件表示
  • 中平康

    中平康から見た加賀まりこ加賀まりこ

    昭和39年(1964年)には加賀まりこの『月曜日のユカ』、戸川昌子原作『猟人日記』、吉行淳之介原作『砂の上の植物郡』、『おんなの渦と渕と流れ』と立て続けに撮った実験的異色作にも並々ならぬ才気を見せるが、彼の作品は常に時代を先取りした感があり、映画賞にはまるで縁がなかった。「ヒッチコックだって賞なんかもらってやしない」と周囲に洩らすこともあったという。中平康 フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・バタイユ

    ニコラ・バタイユから見た加賀まりこ加賀まりこ

    ユシェット座の日本公演のため来日した時、「アンダーグラウンド蠍座」(当時、映画館新宿文化の地下にあった約80席の小劇場)のプロデューサー葛井欣士郎から依頼され1968年1月、ロマン・ヴェンガルテン作『夏』を演出する。出演は加賀まりこ、山口喬。キャストにこだわるバタイユは、葛井が連れてきた女優に対してことごとく「ノン」を連発したため、キャスティングが難航したが、加賀まりこに会って一目惚れしたと言われている。ニコラ・バタイユ フレッシュアイペディアより)

  • ひとりぼっちの君に

    ひとりぼっちの君にから見た加賀まりこ加賀まりこ

    33歳にして定職を持たずにいる国松新太郎(浜田雅功)は、叔母である星野遥子(加賀まりこ)にコンビニエンスストア経営を誘われ大阪から上京してきた。しかし全くやる気が感じられず、店員の本多里美(永作博美)らに早速嫌われてしまう。ある日、ひとりの少年、日比野雄大(濱田岳)が万引きをする。その少年はこの店の万引きの常習犯であった。ひとりぼっちの君に フレッシュアイペディアより)

  • 泥の河

    泥の河から見た加賀まりこ加賀まりこ

    当時、加賀まりこが多忙であったため、東宝の撮影所に船を持ち込み、6時間で加賀まりこ出演シーンを全て撮影した。泥の河 フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤル110番

    ダイヤル110番から見た加賀まりこ加賀まりこ

    265. さいはて (10月14日 井川比佐志、加賀まりこ、富田勝義)ダイヤル110番 フレッシュアイペディアより)

  • 安井かずみ

    安井かずみから見た加賀まりこ加賀まりこ

    1970年代 - 川口浩が経営するプール付きマンション「川口アパートメント」に入居、親友加賀まりこ、野際陽子、コシノジュンコ、かまやつひろし、吉田拓郎、金子国義や当時のトップモデルなど多くの業界人が集った。豪快な車の運転も有名で、酔っ払ってフェラーリをぶつけ「いいの、次はペダルカーに乗るから」と言ったという逸話もある。安井かずみ フレッシュアイペディアより)

  • 日清食品

    日清食品から見た加賀まりこ加賀まりこ

    日清飯店 棒々鶏 / 豆板醤 / 坦々麺 - 渡辺篤史と加賀まりこが共演した「今度は私の当番ジャン!!」などのギャグCMで知られる。「ボーボー鳥時計」プレゼントキャンペーンも行われた。日清食品 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た加賀まりこ加賀まりこ

    作詞家・安井かずみの自宅は「川口アパート(プール付き)」(川口松太郎が造った高級マンション)と呼ばれ加賀まりこ、野際陽子、コシノジュンコや当時のトップモデル・シャロン宮田、ナンシー村井ら多くの業界人が集った。そこは大使館のような世界で、拓郎はカルチャー・ショックを受けた。誰にも紹介してもらえず、「絶対に東京に負けてはならない」との思いを更に強くした。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 夜のヒットスタジオ

    夜のヒットスタジオから見た加賀まりこ加賀まりこ

    6代:古舘伊知郎・加賀まりこ 1989年10月18日 - 1990年10月3日夜のヒットスタジオ フレッシュアイペディアより)

  • 古舘 伊知郎

    古舘伊知郎から見た加賀まりこ加賀まりこ

    1989年から1994年にかけて担当していたが、古舘の実況スタイルには今なお賛否両論がある。初登場時にはフジテレビの批判電話件数最高記録を樹立してしまった(この記録は同年、加賀まりこに破られている)。古舘伊知郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
150件中 1 - 10件表示

「加賀まりこ」のニューストピックワード