150件中 21 - 30件表示
  • 芹沢朋子 (うちの子にかぎって…)

    芹沢朋子 (うちの子にかぎって…)から見た加賀まりこ加賀まりこ

    『君たちに明日はない』に同名の中年女性(NHKのテレビドラマ版では加賀まりこが演じる)が登場するが、本作とは無関係。芹沢朋子 (うちの子にかぎって…) フレッシュアイペディアより)

  • 野々村病院物語

    野々村病院物語から見た加賀まりこ加賀まりこ

    山岡久乃と津川雅彦は、役名が変更されているが、役柄は一緒である。山岡久乃・看護婦長役、津川雅彦は、外科医。宇津井健は、同じ役名で同じ役柄である。事務長役だった蟹江敬三は医師役だった関口宏と役割交代して外科医役になった。山田辰夫は続けて事務員役で事務長との丁々発止のやり取りに真価を発揮した。このシリーズでの新加入は、精神科医役・白川由美が野々村や木井の大学同窓生として登場。さらに主人公・野々村隆之の娘役には、当時、アイドルとして絶大に人気があった柏原芳恵が抜擢され、その母親役を加賀まりこが演じた。野々村病院物語 フレッシュアイペディアより)

  • 荻野繁

    荻野繁から見た加賀まりこ加賀まりこ

    荻野夫妻の仲人は高田明侑(元:フジテレビプロデューサー)・加賀まりこ夫妻(当時)が務めた。荻野繁 フレッシュアイペディアより)

  • 忍法かげろう斬り

    忍法かげろう斬りから見た加賀まりこ加賀まりこ

    第26話「鷹はまた飛ぶ!」 加賀まりこ、北城眞記子、小林勝彦、佐藤京一、浜田晃忍法かげろう斬り フレッシュアイペディアより)

  • 庄司薫

    庄司薫から見た加賀まりこ加賀まりこ

    1975年、『中央公論』新年号から24回にわたり『ぼくの大好きな青髭』を連載。1977年7月、『ぼくの大好きな青髭』を中央公論社から刊行。『赤』『黒』『白』とのちの『ぼくの大好きな青髭』を加えた四作は、現役あるいは卒後の都立日比谷高生である「庄司薫」を主人公にしたいわゆる「四部作」とされる。これらのうち東宝青春路線として1970年代以降、『赤』(岡田裕介・森和代・中尾彬・山岡久乃など出演)と『白』(岡田裕介・加賀まりこ・細川俊之など出演)が映画化され、また、『白』はNHKでドラマ化(荒谷公之・仁科明子など出演)された。他に、本名の福田章二原作『軽やかに開幕』の映画版で、『童貞』(1975年、重田尚彦・五十嵐淳子・夏木陽介・竹井みどり・大滝秀治など出演)がある。庄司薫 フレッシュアイペディアより)

  • 空と海をこえて

    空と海をこえてから見た加賀まりこ加賀まりこ

    桂木幸子(あかねの母):加賀まりこ空と海をこえて フレッシュアイペディアより)

  • 三婆

    三婆から見た加賀まりこ加賀まりこ

    キャスト:草笛光子、加賀まりこ、菅井きん、他三婆 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木その子

    鈴木その子から見た加賀まりこ加賀まりこ

    テレビドラマ放送枠『DRAMA COMPLEX』(日本テレビ)内で2006年(平成18年)に放送されたエピソード、『ダイエットの女王 鈴木その子』では、坂下千里子が20代の鈴木その子役、加賀まりこが30代から晩年の鈴木その子役をそれぞれ演じた。鈴木その子 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年の日本の女性史

    1971年の日本の女性史から見た加賀まり子加賀まりこ

    12月- 女優加賀まり子、「未婚の母」宣言1971年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • マイライフ (雑誌)

    マイライフ (雑誌)から見た加賀まりこ加賀まりこ

    創刊当初の表紙は、マトリックス状に複数の写真が組み合わされていたが、1967年(昭和42年)6月に発行された第2巻第6号に渡辺裕代が起用されて以降、他の婦人雑誌同様に、女優等のモデルが表紙を飾るようになる。おもな表紙モデルは、愛京子(第2巻第8号)、左幸子・羽仁未央(第2巻第9号)、樫山文枝(第2巻第10号)、藤純子(富司純子、第2巻第11号)、安田伸・竹腰美代子夫妻(第2巻第12号)、大空真弓(第3巻第1号)、松尾嘉代(第3巻第8号)、松原智恵子(第3巻第9号)、芳村真理(第3巻第10号)、森田敏子(第3巻第11号)、浅丘ルリ子(第3巻第12号)、長谷川稀世(第4巻第1号)、加賀まりこ(第4巻第2号)、奈美悦子(第4巻第3号)、尾崎奈々(第4巻第4号)、十朱幸代(第4巻第5号)、生田悦子(第4巻第6号)、高橋紀子(第4巻第11号)、樫山文枝(第4巻第12号)ほか。マイライフ (雑誌) フレッシュアイペディアより)

150件中 21 - 30件表示

「加賀まりこ」のニューストピックワード