150件中 41 - 50件表示
  • 稲本響

    稲本響から見た加賀まりこ加賀まりこ

    2010/10『スープ・オペラ』原作:阿川佐和子 脚本:青木研次 音楽:稲本響出演:坂井真紀 西島隆弘(AAA) 加賀まりこ 藤竜也 平泉成 萩原聖人 鈴木砂羽 田山涼成配給:プレノンアッシュ監督:瀧本智行稲本響 フレッシュアイペディアより)

  • 飛鳥会事件

    飛鳥会事件から見た加賀まりこ加賀まりこ

    小西邦彦はまた飛鳥地区の解放会館で同和地区住民のためのイベントにたびたび芸能人を呼んでいた関係から芸能界とも接点を持ち、芸能人たちからはチケットを500万円から1000万円分も買い上げるタニマチとして慕われ、1980年代中期に小西邦彦の実父が他界した折には、小西邦彦と特に昵懇だった勝新太郎夫妻が葬儀に駆けつけている。2001年7月7日には西城秀樹の結婚披露宴に新婦側の主賓として招かれ、新高輪プリンスホテルでスピーチを行った。役所や銀行を相手にする場合は部落解放同盟飛鳥支部長という肩書きを進んで利用し「支部長」と呼びならわされてきたにもかかわらず、このような席では老人ホームの理事長と名乗り、場面によって裏と表の肩書きを使い分けていた。当時、岡本夏生からは「おとうさん」、加賀まりこからは「おにいちゃん」と呼ばれる間柄だった。笑福亭仁鶴も小西邦彦に可愛がられていた芸人の一人で、小西邦彦のことを「親父さん」と呼んでいた。仁鶴の当たりギャグ「どんなんかな??」は小西邦彦が飲み屋で女の子を笑わせるためにたびたび使っていたフレーズを小西邦彦の許可のもとに使用していたものと伝えられる。飛鳥会事件 フレッシュアイペディアより)

  • 外科医有森冴子

    外科医有森冴子から見た加賀まりこ加賀まりこ

    ゲスト・・・加賀まりこ、佐藤B作外科医有森冴子 フレッシュアイペディアより)

  • ロト6で3億2千万円当てた男の悲劇

    ロト6で3億2千万円当てた男の悲劇から見た加賀まりこ加賀まりこ

    立花道代(立花悟の母):加賀まりこロト6で3億2千万円当てた男の悲劇 フレッシュアイペディアより)

  • わたしの城下町

    わたしの城下町から見た加賀まりこ加賀まりこ

    女優・加賀まりこが安井かずみの作詞制作場面に立ち会っていた、というエピソードがNHKの音楽番組内で紹介されたことがある。その番組によると、歌詞は20分程度で完成した、とのこと。また、加賀が本楽曲の歌いだし部分についてその場である指摘をしたが却下された、とも紹介されている。わたしの城下町 フレッシュアイペディアより)

  • 大間町

    大間町から見た加賀まりこ加賀まりこ

    「私の青空」 : NHK連続テレビ小説。田畑智子、伊東四朗、加賀まりこら出演。大間町 フレッシュアイペディアより)

  • 中野英治

    中野英治から見た加賀まりこ加賀まりこ

    "不良の代表"、"半分ヤクザ"、かつお洒落な"ドン・ファン大スター"としても知られた。お洒落は村田が親友の森岩雄と作った日活の企画会議「金曜会」で学んだと話しているが、海外のファッション誌「ヴォーグ」や「エスクァイア」を丸善で購入して欧米の最新流行を研究して、鈴木傳明や阿部豊、滝村和男らと輸入品店で、ごっそり服を購入し後勘定で借金を踏み倒した。ダグラス・フェアバンクスが来日して、鈴木が案内したときに着ていたオーバーは、中野がプレゼントしたもの。石津謙介は中野をお洒落の手本にしたという。色川武大は「私のような不良少年の大先輩、スタアというより、グレートガイ」と述べている。中野自身は「一番お洒落で、本当の遊び人は、加賀まりこの親父、加賀四郎だった」と話している。また中学生時代からいつもドスを持ち歩き、手が早いことで有名で、当時もっとも尖鋭な遊び場だった横浜本牧のチャブ屋を根城にして、喧嘩と女、活劇映画を地でいっていたという。何かあると子分を連れて押しかけるから、映画批評家もあとが怖くて、中野には悪い批評を書けなかったといわれる。弟分のディック・ミネが山陰で興行のあったおり、中野と二人で地元のヤクザ衆と大立ち回りを演じたエピソードを著書に書いている。ばくちも大好きで、上山草人をポーカーでカモったり、彦根でロケをしたとき、ポーカーの負けが込んで旅館に籠って「他のところから撮れよ!」とスタッフを追い返して、溝口健二を4日間待たせたこともあるという。1927年(昭和2年)、同郷の英百合子と結婚(1930年離婚)。この後松竹楽劇部の若山千代という愛人を持つが1929年(昭和4年)、日本橋区人形町のユニオン・ダンスホールのダンサーで、当時19歳の志賀暁子を口説き愛人にする。志賀とはまもなく別れるが、若山以外にさらにもう一人愛人がいた。中野英治 フレッシュアイペディアより)

  • 私の青空

    私の青空から見た加賀まりこ加賀まりこ

    北山 珠江(きたやま たまえ) - 加賀まりこ私の青空 フレッシュアイペディアより)

  • 花房銀子

    花房銀子から見た加賀まりこ加賀まりこ

    1935年(昭和10年)12月末、太秦帷子ヶ辻中開町(現在の右京区太秦堀ヶ内町)に、牧野省三の長男であるマキノ正博がトーキーのための新しい撮影所を建設した新会社、マキノトーキー製作所を設立、花房は設立と同時に入社、同年に公開された根岸東一郎監督の『無鉄砲選手』等に出演した。1936年(昭和11年)、加賀まりこの父、加賀四郎の加賀ブラザースプロダクションが製作した鈴木傳明監督の『鋪道の囁き』に出演しているが、同作は当時は公開されず、第二次世界大戦終了直後の1946年(昭和21年)6月27日に『思い出の東京』と改題されて公開されている。大戦中の1942年(昭和17年)に製作・公開された長尾史録監督の『大いなる行進』以降、出演記録が見当たらない。その後の消息は不明である。没年不詳。花房銀子 フレッシュアイペディアより)

  • TBS木曜9時枠の連続ドラマ

    TBS木曜9時枠の連続ドラマから見た加賀まりこ加賀まりこ

    「芸能社会」(7月?9月) 出演:時任三郎、南野陽子、沢田亜矢子、原田大二郎、加賀まりこほか 制作:キネマ東京TBS木曜9時枠の連続ドラマ フレッシュアイペディアより)

150件中 41 - 50件表示

「加賀まりこ」のニューストピックワード