178件中 61 - 70件表示
  • 伊海田弘

    伊海田弘から見た加賀まりこ加賀まりこ

    『乾いた花』 : 監督篠田正浩、原作石原慎太郎、脚本馬場当・篠田正浩、主演池部良・加賀まりこ、製作松竹大船撮影所、配給松竹、1964年3月1日公開(成人映画・映倫番号 13231) - 「二階堂博」名義で出演、96分の上映用プリントをNFCが所蔵伊海田弘 フレッシュアイペディアより)

  • わたしの城下町

    わたしの城下町から見た加賀まりこ加賀まりこ

    女優の加賀まりこが安井かずみの作詞制作場面に立ち会っていた、というエピソードがNHKの音楽番組内で紹介されたことがある。その番組によると、歌詞は20分程度で完成したという。また、加賀が本楽曲の歌いだし部分についてその場である指摘をしたが却下された、とも紹介されている。わたしの城下町 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のテレビドラマ (日本)

    2000年のテレビドラマ (日本)から見た加賀まりこ加賀まりこ

    出演:菅野美穂、武田真治、谷口舞、木内みどり、高樹沙耶、本田博太郎、石田太郎、加賀まりこ2000年のテレビドラマ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 美しさと哀しみと

    美しさと哀しみとから見た加賀まりこ加賀まりこ

    作品中の人物「坂見けい子」を加賀まりこが演じることになり、川端は原作者として加賀と初対面した。川端は加賀のリハーサルの演技を見て、〈加賀さんの熱つぽい激しさに私はおどろいた〉、〈私がまるで加賀まりこさんのために書いたやうな、ほかの女優は考へられないやうな、主演のまりこがそこに現はれた〉と述べ、登場人物の「けい子」というエキセントリックで妖精じみた娘に、〈演技より前の、あるひは演技の源の、加賀さんの持つて生まれた、いちじるしい個性と素質が出てゐた〉と褒めている。美しさと哀しみと フレッシュアイペディアより)

  • 世界まるごと2001年

    世界まるごと2001年から見た加賀まりこ加賀まりこ

    石坂とペアを組むゲストは必ず女性で、森口博子や喜多嶋舞が石坂の相手役を務めるケースが多かった(ほかだと伊藤智恵理や中村綾など)。たけしとペアを組むゲストは殆どが男性で、松尾雄治、田中義剛、高田文夫、川合俊一、ねじめ正一、芹澤信雄、中村橋之助などが務め、女性と組む場合には加賀まりこがペアになっていた。世界まるごと2001年 フレッシュアイペディアより)

  • 空と海をこえて

    空と海をこえてから見た加賀まりこ加賀まりこ

    桂木幸子(あかねの母):加賀まりこ空と海をこえて フレッシュアイペディアより)

  • 三婆

    三婆から見た加賀まりこ加賀まりこ

    キャスト:草笛光子、加賀まりこ、菅井きん、他三婆 フレッシュアイペディアより)

  • 外科医有森冴子

    外科医有森冴子から見た加賀まりこ加賀まりこ

    ゲスト・・・加賀まりこ、佐藤B作外科医有森冴子 フレッシュアイペディアより)

  • ドラマシティ (2時間ドラマ番組)

    ドラマシティ (2時間ドラマ番組)から見た加賀まりこ加賀まりこ

    10月15日:非行少年たち 光GENJI、高橋かおり、加賀まりこ、花沢徳衛ドラマシティ (2時間ドラマ番組) フレッシュアイペディアより)

  • 水戸黄門 (第29-30部)

    水戸黄門 (第29-30部)から見た加賀まりこ加賀まりこ

    光圀役の石坂浩二をはじめ、おるい(加賀まりこ)、素破の次郎坊(コロッケ)、せん(清水あすか)、みつ(児玉百合香)、ひで(尾上彩)、望月庄左衛門(沼田爆)、井上玄桐(山本學)、鍋島元武(長門裕之)の最終シリーズである。水戸黄門 (第29-30部) フレッシュアイペディアより)

178件中 61 - 70件表示