178件中 81 - 90件表示
  • 江古田文化劇場

    江古田文化劇場から見た加賀まりこ加賀まりこ

    同館は、1952年前後には『江古田文化劇場NEWS』と題した週報を発行していた。現存する同第75号によれば、『霧笛』(原作大佛次郎、監督谷口千吉、製作・配給東宝、1952年3月5日公開)、『黄色い鞄』(原作井上靖、監督弓削進、製作松竹大船撮影所、同年5月8日公開)、『東京騎士傳』(監督瑞穂春海、製作松竹大船撮影所、同年5月8日公開)が3本立で上映されている。翌1953年(昭和28年)には、同週報は『江古田文化ウィークリー』と改称した。同年に『悲剣乙女桜』(監督野淵昶、製作宝塚映画製作所、配給東宝、1953年3月5日公開)が同館で公開されたときには、戦前の旧作である『月下の若武者』(監督中川信夫、製作東宝映画京都撮影所、1938年12月1日公開)と『選挙戦の裏表』という題の啓蒙映画の3本立で上映された。新作の『逃亡地帯』(監督杉江敏男、製作東京映画、配給東宝、1953年3月19日公開)と、戦時中に製作・公開された『伊那の勘太郎』(監督滝沢英輔、製作東宝映画、1943年1月3日公開)を『伊那節仁義』と改題しての2本立という番組もあった。1950年代後半には区内の映画館は急増、1960年(昭和35年)には9館に増加し、同館と練馬映画劇場、石神井映画劇場、大泉名画座のほか、ネリマ東映劇場(豊玉北町5丁目15番地)、練馬文化劇場(練馬北町1丁目142番地)、石神井東映(上石神井1丁目415番地)、大泉東映八光座(東大泉町506番地)、関町(関町3丁目111番地)が割拠した。高須基仁の回想によれば、1960年代後半、同館で加賀まりこが主演する『乾いた花』(監督篠田正浩、製作松竹大船撮影所、1964年3月1日公開)を観たという。江古田文化劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 青い山脈 (テレビドラマ)

    青い山脈 (テレビドラマ)から見た加賀まりこ加賀まりこ

    寺沢新子:加賀まりこ - 愛光女子高等学校三年生青い山脈 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • キャピトル東急ホテル

    キャピトル東急ホテルから見た加賀まりこ加賀まりこ

    そしてコーヒーハウス「オリガミ」は、「パーコー麺」などの多くの名物料理で知られていた。松任谷由実や山口いずみ、そしてジャイアント馬場は「アップルパンケーキ」、加賀まりこは「インドネシア風フライドライス」のファンであったという。キャピトル東急ホテル フレッシュアイペディアより)

  • プリンセス プリンセス

    プリンセス プリンセスから見た加賀まりこ加賀まりこ

    夜のヒットスタジオ騒動 1989年10月18日、生放送の『夜のヒットスタジオSUPER』第1回目で、新しく司会として起用された加賀まりこが、奥居に対して「ブタ」「生理中なんじゃないの」という発言をする。これに対し奥居は、同日番組終了後に生放送されたTBSラジオ『ポップン・ルージュ』で加賀の言動に激怒する。メンバーの恋人の存在が写真週刊誌に掲載された直後の同年11月15日出演時では、生放送中に加賀がそのことに打ち合わせなしで言及し、奥居がその夜の『ポップン・ルージュ』内で再び激怒。その後メンバー全員が『夜ヒット』への出演を拒否する事態に発展し、その後同番組に出演することはなかった(だがレギュラー放送終了後、1993年3月31日に放送された特番では病欠中だった今野を除くメンバー4人で生出演し、また1994年10月12日放送の特番には「夜ヒットの思い出」として奥居がVTRでコメント出演をしている)。プリンセス プリンセス フレッシュアイペディアより)

  • 青春の門

    青春の門から見た加賀まりこ加賀まりこ

    おえい - 加賀まりこ - 英治の女。女郎として働く。これまで英治から義理人情を理由に苦労させられてきたが彼に惚れている。青春の門 フレッシュアイペディアより)

  • 潮騒 (小説)

    潮騒 (小説)から見た加賀まりこ加賀まりこ

    出演:石坂浩二、加賀まりこ、三崎千恵子、藤田安男、小松方正、山崎左度子、北竜二、風見章子、ほか潮騒 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た加賀まりこ加賀まりこ

    佐久間良子とはデビュー当時から親友の間柄。後輩の加賀まりこも旧友で普段から飲食や映画、舞台を観劇に行くなど行動を共にしている仲良しの間柄で「昔から良くケンカはするが仲が良い(笑)」と『徹子の部屋』2017年4月のゲスト出演時に語っている。浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • ケンカの花道

    ケンカの花道から見た加賀まりこ加賀まりこ

    夫婦喧嘩をテーマにした番組シリーズ。加賀まりこ、松本明子、中井美穂(当時フジテレビアナウンサー)の3人が司会を、奈美悦子がレギュラーパネリストを務めていた。ケンカの花道 フレッシュアイペディアより)

  • 川添象郎

    川添象郎から見た加賀まりこ加賀まりこ

    女優・加賀まりことは幼馴染。女優・風吹ジュンは元妻。風吹との間に1男1女。4番目の妻は 林真理子の小説『アッコちゃんの時代』の「アッコ」のモデルとなった小出明子。荻野目慶子との不倫で離婚。また、川添本人もなかにし礼の実名小説『世界は俺が回してる』に主人公・渡辺正文の親友として登場している。川添象郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吹石一恵

    吹石一恵から見た加賀まりこ加賀まりこ

    芸能界での親しい友人は、乙葉、小西美帆、酒井若菜、相武紗季など。特に相武とはプライベートで一緒に旅行する仲で、また小西、酒井のブログに登場したこともある。そのほか資生堂CMで共演して以来、加賀まりことときどきメールを交換している。吹石一恵 フレッシュアイペディアより)

178件中 81 - 90件表示