239件中 11 - 20件表示
  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た飯島愛

    飯島愛とは『クイズ赤恥青恥』(テレビ東京)で出会って共演して以来親交があった。飯島は加賀の出産当日に亡くなった娘と同じ1972年生まれという共通点もあって「私もあなたのお母さんになる」というつもりで交流が始まったという。飯島の死後(2009年)に行われたお別れ会では発起人の一人として名前を連ねた。加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た田中絹代

    第68回毎日映画コンクール俳優部門・田中絹代賞(2013年)加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た田中健 (俳優)

    東京都神田区小川町(現:千代田区神田小川町)に生まれ、新宿区神楽坂で成人した、現在も新宿区在住。父・加賀四郎は大映のプロデューサーとして知られ、姪に俳優の田中健夫人の女優、加賀千景を持つという芸能一家の中で育つ。伯父・加賀一郎はアントワープオリンピックで100mと200mに出場しており、ベルリンオリンピックにも役員として選手団に同行、祖父は元衆議院議員の加賀卯之吉、母方の祖母は神田錦町で貸席を営んでいた松本フミ、伯父・加賀二郎は松竹株式会社元常務、また父方・母方の従兄妹は元女優の岸雅子(のち加賀周子)、シャボン玉ホリデーカバーガールをつとめた加賀美知子、元日本テレビプロデューサーの加賀義二。加賀本人は父似と語っている。加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た浅丘ルリ子

    石坂浩二とは1966年に舞台で共演したことを契機として交際が始まり、一時は同棲にまで至るも、お互いの仕事が忙しくなり関係は自然消滅した。なお後に石坂と結婚する浅丘ルリ子を石坂に紹介したのも加賀である。また石坂と別れた後に布施明とも交際していた時期があり、前述の出産の件も「父親は布施だった」とする説がある。加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た萩原聖人

    風間杜夫・萩原聖人らと並んで芸能界屈指の雀士として知られる。きっかけはまだ子供の頃に既に大学生になっていた兄と姉の友人が家に来て麻雀をしているのを、兄や姉の膝の上に乗って見ているうちに覚えていったという。過去に『THEわれめDEポン』(フジテレビ系)で4回の優勝経験があるほか、現在も『麻雀BATTLE ROYAL』(MONDO TV)などテレビの麻雀番組で対局姿を披露することがある。加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た山田邦子

    コケッコ?!(フジテレビ)山田邦子と共に司会加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見たブリジット・バルドー

    加賀 まりこ(かが まりこ、1943年12月11日 - )は、日本の女優、司会者。本名は加賀 雅子(かが まさこ)。有限会社活動屋所属。デビュー以来、奔放な言動でマスコミを賑わせ、「小悪魔」や「和製ブリジット・バルドー」などと呼ばれる。加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た稲尾和久

    スポーツ観戦も好きで、大相撲で好きだった力士は初代若乃花。東京場所によく観戦に行っていたことがあった。またプロ野球も好きで、基本的にはアンチ巨人。1958年の日本シリーズでは1958年10月21日の第7戦を後楽園球場で観戦し、稲尾和久の4連投4連勝の瞬間に立ち会っていた。なお、その稲尾とも麻雀で対局したことがあった。加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た川端康成

    川端康成は大変加賀を気に入っており、撮影所や劇場によく見学にきたり、ともに朝食を摂ることもある仲であった。加賀は川端について「いいダチ」と述懐している。1965年に出演した映画『美しさと哀しみと』の作品中のレズビアン「坂見けい子」を加賀が演じることになり、川端は原作者として加賀と初対面した。川端は加賀のリハーサルの演技を見て、「加賀さんの熱つぽい激しさに私はおどろいた」、「私がまるで加賀まりこさんのために書いたやうな、ほかの女優は考へられないやうな、主演のまりこがそこに現はれた」と述べ、登場人物の「けい子」というエキセントリックで妖精じみた娘に、「演技より前の、あるひは演技の源の、加賀さんの持つて生まれた、いちじるしい個性と素質が出てゐた」と褒めた。加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た布施明

    石坂浩二とは1966年に舞台で共演したことを契機として交際が始まり、一時は同棲にまで至るも、お互いの仕事が忙しくなり関係は自然消滅した。なお後に石坂と結婚する浅丘ルリ子を石坂に紹介したのも加賀である。また石坂と別れた後に布施明とも交際していた時期があり、前述の出産の件も「父親は布施だった」とする説がある。加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

239件中 11 - 20件表示