239件中 31 - 40件表示
  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た劇団四季

    半年が経ち、金が底をつき帰国を考えていた矢先に国際電話で演出家・浅利慶太から「舞台に出るかい?」と舞台出演の打診をされる。帰国後、劇団四季の舞台『オンディーヌ』に出演。連日大入りの大盛況で日生劇場始まって以来の大成功となる。この舞台で初めて、女優としての喜びを知り、以降女優業に本腰を入れる。加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た道頓堀川

    道頓堀川(1982年、松竹) - ユキ 役加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た神様のカルテ

    神様のカルテ(2011年8月27日) - 安曇清子 役加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た花より男子

    その後も第一線で活躍。2007年放送の『花より男子』に出演したことで若い世代からも「道明寺のお母さん」と認知され、特に女子高生から声をかけられることが増えた(本人は自虐的に語っている)。またこの役について「鉄の女というか、血が通ってない役は似合わないと思って最初は断ったけど、クランクイン1週間ほど前にプロデューサーと演出家の方に口説かれ、その熱意に打たれて出演を決めた。反響が凄かったわ」と語っている。加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見たクイズダービー

    「加賀まりこ」という発音は、スペイン語圏で「Caga maricón.」と聞こえ、「オカマがウンコをする」という意味。cagaはウンコする、maricónはオカマ。これは第757回『クイズダービー』(1990年9月15日放送分)の7問目の三択問題や、『BAZOOKA!!!』(#175, 2016年8月1日放送分)の「地下クイズ王決定戦VI」で出題された。加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た寺山修司

    千代田区の一橋中学を経て明星学園高等学校入学。同校在学中の1960年、通学姿を見初めた篠田正浩と寺山修司に路上でスカウトされ、フジテレビ系ドラマ『東京タワーは知っている』でデビュー。芸名は秋山庄太郎に付けてもらった。「加賀だったら、『まりこ』が明るくていいじゃないか」とのことだった。加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た勝新太郎

    痛快! 河内山宗俊 第24話「手玉にとられた鬼三匹」(1976年、CX・勝プロ) - お菊加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た東海テレビ放送

    夕陽沈むとき(1967年、THK加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た大映

    東京都神田区小川町(現:千代田区神田小川町)に生まれ、新宿区神楽坂で成人した、現在も新宿区在住。父・加賀四郎は大映のプロデューサーとして知られ、姪に俳優の田中健夫人の女優、加賀千景を持つという芸能一家の中で育つ。伯父・加賀一郎はアントワープオリンピックで100mと200mに出場しており、ベルリンオリンピックにも役員として選手団に同行、祖父は元衆議院議員の加賀卯之吉、母方の祖母は神田錦町で貸席を営んでいた松本フミ、伯父・加賀二郎は松竹株式会社元常務、また父方・母方の従兄妹は元女優の岸雅子(のち加賀周子)、シャボン玉ホリデーカバーガールをつとめた加賀美知子、元日本テレビプロデューサーの加賀義二。加賀本人は父似と語っている。加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た加賀義二

    東京都神田区小川町(現:千代田区神田小川町)に生まれ、新宿区神楽坂で成人した、現在も新宿区在住。父・加賀四郎は大映のプロデューサーとして知られ、姪に俳優の田中健夫人の女優、加賀千景を持つという芸能一家の中で育つ。伯父・加賀一郎はアントワープオリンピックで100mと200mに出場しており、ベルリンオリンピックにも役員として選手団に同行、祖父は元衆議院議員の加賀卯之吉、母方の祖母は神田錦町で貸席を営んでいた松本フミ、伯父・加賀二郎は松竹株式会社元常務、また父方・母方の従兄妹は元女優の岸雅子(のち加賀周子)、シャボン玉ホリデーカバーガールをつとめた加賀美知子、元日本テレビプロデューサーの加賀義二。加賀本人は父似と語っている。加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

239件中 31 - 40件表示