187件中 61 - 70件表示
  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見たマガジンハウス

    人は大切なことも忘れてしまうから 松竹大船撮影所物語(山田太一、斉藤正夫、田中康義、宮川昭司、吉田剛、渡辺浩 / 編著。マガジンハウス) - 加賀を含む松竹ゆかりの人たちへのインタビュー集。加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た日活

    月曜日のユカ(1964年、日活) - ユカ 役加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た俳優

    加賀 まりこ(かが まりこ、1943年12月11日 - )は、日本の女優・司会者。本名は加賀 雅子(かが まさこ)。有限会社活動屋所属。。加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た澪つくし

    連続テレビ小説 「澪つくし」(1985年、NHK)加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た私の青空

    私の青空」(2000年4月?9月) - 北山珠江加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た波の塔

    波の塔(1973年、NHK銀河テレビ小説) - 結城頼子 ※1983年版にも出演加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た美しさと哀しみと

    川端康成は大変加賀を気に入っており、撮影所や劇場によく見学にきたり、ともに朝食を摂ることもある仲であった。加賀は川端について「いいダチ」と述懐している。1965年に出演した映画『美しさと哀しみと』は、川端が加賀に宛てて書かれた同名小説が原作である。加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た夜のヒットスタジオ

    松竹と5年間の新人契約を交わして1962年に『涙を、獅子のたて髪に』で映画デビュー。その後、数々の映画やCMで作品にてプロフェッショナルな演技力と、小悪魔的なルックスで人気を呼ぶ。反面、常に歯に衣着せぬ発言、かつ強気であったため「生意気」のレッテルを貼られ、尖ったキャラクターイメージでお馴染みとなり、『夜のヒットスタジオSUPER』の司会でもその言動が波紋を呼ぶこととなる。加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見たダイハツ・ムーヴ

    ダイハツ ムーヴ 広さにびっくり篇 (2006年10月 - )加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀まりこ

    加賀まりこから見た陸上競技

    中学校時代には陸上競技を行っており、2年時には走幅跳で都大会で優勝している。高校生になると行動範囲は広がり、六本木や麻布界隈で遊び、飯倉の高級イタリアレストラン「キャンティ」に学生服のまま通っていた。また、キャンティのママの自立した生き方に強い憧れを抱いていたという。なお、六本木野獣会のメンバーと誤解されることがあるが、本人は無関係だと否定し、「野獣会などは田舎者の集まり」と言っている。加賀まりこ フレッシュアイペディアより)

187件中 61 - 70件表示

「加賀まりこ」のニューストピックワード