前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
576件中 1 - 10件表示
  • 強制労働

    強制労働から見た労働労働

    強制労働(きょうせいろうどう)とは、自分の意思によるものでなく、他の者に強要される事によってする労働。労働酷使のような意味で使われる事が多い。しばしば奴隷的な拘束・待遇を伴う。強制労働 フレッシュアイペディアより)

  • 労働価値説

    労働価値説から見た労働労働

    労働価値説(ろうどうかちせつ、labour theory of value)とは、人間の労働が価値を生み、労働が商品の価値を決めるという理論。アダム・スミス、デヴィッド・リカードを中心とする古典派経済学の基本理論として発展し、カール・マルクスに受け継がれた。労働価値説 フレッシュアイペディアより)

  • 深夜業

    深夜業から見た労働労働

    深夜業(しんやぎょう)とは、午後10時から午前5時まで(厚生労働大臣が必要であると認める場合においては、その定める地域又は期間については午後11時から午前6時まで)の間における労働者による労働のことをいう。深夜勤務、深夜労働ということもある。深夜業 フレッシュアイペディアより)

  • 再生産

    再生産から見た労働労働

    単純再生産(simple reproduction)とは同じ価値を持つ商品を同じ規模で再生産することを指す。マルクス経済学では拡大再生産の基礎過程として考えられており、資本主義経済における単純再生産では剰余価値が資本に追加されずに、資本家に消費される事態であり、また同時に資本と賃労働の関係をも再生産する事態であると考えられている。(再生産表式を参照)再生産 フレッシュアイペディアより)

  • 徴農制度

    徴農制度から見た労働労働

    国民を徴用して農業に従事させる制度である。歴史上では国民ないし庶民を徴用し生産労働に強制従事させる事例は多くみられるが、それらは徴用ないしは戦中下などでの奉仕活動であり、いわゆる制度としての「徴農制度」として話題となる議論は21世紀の日本で取り上げられることの多いニートや若年労働者の失業、非正規雇用の問題、あるいは農業従事者の後継者不足や高齢化、食糧自給率、食育に関する論題についてであり、あるいは俗流若者論として「近頃の若い者に性根を入れ叩きなおす、鍛え上げる」ための制度として徴兵制度の代替案として話題に挙げられることが多い。同様なものに徴林制度などがある。学生・生徒などに農業体験学習をさせる場として「徴農」という語が用いられることもある。徴農制度 フレッシュアイペディアより)

  • 社会

    社会から見た労働労働

    成熟してからは自営業で、または政府機関や企業や軍隊に入り、労働を通じて報酬を得て生活する。これは国民社会、地域社会、家族などの多重的な社会関係を構築する人間の組織化であり、また分業化された社会における協働という社会交換の過程である。このように人間は、社会を形成すると同時に社会に形成され、社会に働きかけながら社会から働きかけられながら活動している。社会 フレッシュアイペディアより)

  • 使用価値

    使用価値から見た労働労働

    使用価値(しようかち、value in use, use-value)とは物の持つさまざまなニーズを満たすことができる有用性を指す。マルクス経済学の価値論の概念の一つである。この使用価値は商品によって異なり、それぞれ異なる目的と手段を以って商品を作る労働を「具体的有用労働」と呼ぶ。使用価値 フレッシュアイペディアより)

  • 外郭団体

    外郭団体から見た労働者労働

    なお、時代及び特定の業種並びに業態に限らず、「公務員退職」という口実を最大の武器にした、遍く官公庁(特に中央省庁)における不祥事の当事者に対するいわゆる隠れ蓑としても外郭団体が利用されている事実もある。社会保険庁が、その不祥事を行った当事者の多くは、その外郭団体に既に天下りしているか、完全に退職しているので、今更処罰の課しようがないことを認めている。後述の「主な外郭団体の例と関連する省庁・自治体」に列挙したほとんどの団体がこれに該当する。一部の者が(「経営者」ではなくあくまでも「理事」として)安定していながら高給を受け取り、役員でありながら賞与並びに労働基準法上での使用者ならぬ労働者扱いという待遇を受け続け、場合によってはそのまた更に、「職員の身分と待遇」にある再天下りによる退職金で、税金を随伴する非営利団体の財源から利益を得ている。外郭団体 フレッシュアイペディアより)

  • 強制労働

    強制労働から見た労働者労働

    日本では日本国憲法第18条に定められた「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない」の趣旨を受けて、労働基準法(労基法)で暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によって、労働者の意思に反して労働を強制してはならないとし、肉体的な拘束のみならず脅迫や精神の自由を奪うことによって、本人の意思に反して労働させることを禁止している(労基法第5条、下記に記載)。強制労働 フレッシュアイペディアより)

  • 社会主義リアリズム

    社会主義リアリズムから見た労働者労働

    国家政府の支持のもとで対外的にも展開され国外の芸術家にも影響を与えた。しかしこうした革新的芸術は労働者階級や大衆の一部、政治指導者のなかには難解とする者もあり、評判が芳しくなかったという。また彼ら前衛芸術家の間にも、実質的な革命芸術の方向性をめぐり路線の争いがあった。社会主義リアリズム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
576件中 1 - 10件表示

「労働・厚生・福祉」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画