576件中 21 - 30件表示
  • ヘクシャー=オーリン・モデル

    ヘクシャー=オーリン・モデルから見た労働労働

    生産要素(土地、労働、資本)の相対的な賦存量が、各国の比較優位を決定する。各国は、その国に相対的に豊富に存する生産要素を必要とする財に比較優位を持つ。これは、財の価格は究極的にはその投入物の価格によって決定されるからである。その国に豊富に存する投入物を必要とする財は、その国に希少に存する投入物を必要とする財に比べて、生産することは安価だろう。例えば、資本と土地が豊富だが労働は希少な国は、資本と土地を多く必要とする財(例:穀物)に比較優位を持つだろう。もし資本と土地が豊富であれば、それらの価格は低いだろう。資本と土地は穀物の生産において主要な生産要素であるので、穀物の価格もまた低いだろう。だから、穀物の価格は国内消費と輸出の双方に魅力的である。他方、労働は希少でその価格は高いので、労働集約財の生産は大変高くなるだろう。そのため、その国は、労働集約財は輸入した方がよりよい。ヘクシャー=オーリン・モデル フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトリア朝

    ヴィクトリア朝から見た労働者労働

    ヴィクトリア朝は今日では多くの矛盾の一つと考えられている。幅広い層で威儀や節度が洗練されていったことと、嘆かわしい現象の拡大は、矛盾しているように見える。こうした現象には、売春、児童労働、および、今日では労働者階級の搾取や帝国主義による植民地の搾取と考えられる活動にほとんどの基盤を置く経済を含む。このため、ヴィクトリア朝的価値観という表現は、長短あわせ持つ、という意味で使われることがある。ヴィクトリア朝 フレッシュアイペディアより)

  • ブランドなんか、いらない

    ブランドなんか、いらないから見た労働労働

    この著作では基本的に経済的なグローバリゼーションを背景としながら成長している多国籍企業での労働の実態を描き出している。そして、そのような国際的に有名なブランドを保持して影響力を行使している企業に対する活動家の反企業運動を記述する。クラインの意図とは、世界を超えて広がりつつある経済システムと企業の権力について分析を加えることによって、新しい市民運動の可能性を示すことにあった。クラインの説明によれば、19世紀後半にブランドが成立してから企業は自社のブランドを計画的に形成しながら都市、音楽、スポーツ、学校、社会運動などに展開させ、自社の知名度と影響力を国際的に拡大し続けてきた。こうして台頭したブランドは結果として人々が公共空間と選択肢を明け渡すように仕向けていると指摘されている。クラインが特に強調しているのはこのブランドによってもたらされる失業や労働の問題である。彼女は商品を海外で生産して輸入する方法を採っているナイキを代表的な事例として挙げながら、企業が自由貿易を活用しながら世界各地で労働力を使い捨てていると主張する。このような情勢の中で、反企業運動や反グローバリゼーション運動の活動家によって採用されている戦略は企業のブランドの価値を破壊する戦略である。実際に、ナイキ、シェル、マクドナルドに対するブランド攻撃は企業の方針を変更させるに至った。このような戦略を通じて、世界的に結びつきを強めながら、多国籍企業の権力を規制し、弱める国際的な市民運動が成長しつつあるものと論じられている。ブランドなんか、いらない フレッシュアイペディアより)

  • 体力

    体力から見た労働労働

    体力(たいりょく)とは生命活動の基礎となる体を動かす力のことである。主な場合、体力とは運動能力のことを指し、体を動かす労働・スポーツなどで多くの実績や秀逸した成果を出すことができる者は体力が有ると評価される。心身の抵抗力が強く、病気や疲労からの回復が早い者も体力が有ると評価される。体力 フレッシュアイペディアより)

  • メンデルスゾーン仮説

    メンデルスゾーン仮説から見た労働労働

    ベルリン生まれで、もともと物理学者であったメンデルスゾーンは、"The Riddle of the Pyramids."(邦題『ピラミッドの謎』)のなかで、エジプトのピラミッドは、ファラオのための葬祭建造物であったばかりではなく、むしろそこでは、労働そのものが不断に必要とされたからこそ、ファラオたちはピラミッドの増改築を繰り返し、場合によっては1人のファラオが複数のピラミッドを建てることさえあったのではないか、すなわち、ピラミッド建造の目的はひとつではなく、現代でいう公共事業に近いような意味合いも有していたのではないかとする学術上の仮説を唱えた。これが、メンデルゾーン仮説であり、さらに、ピラミッドの建設は国家としての結束を固める意図もあっただろうとする。この仮説は、世界中のエジプト研究者に影響をあたえた。メンデルスゾーン仮説 フレッシュアイペディアより)

  • 実践

    実践から見た労働労働

    こうしたカントの理論理性と実践理性の二分法に対して、マルクスは、歴史を「理性の自己運動と実践的な自己実現の弁証法」の過程として捉えるヘーゲル哲学を徹底させた。そして、物質的世界に対する労働実践をあらゆる認識と運動の根拠として、「労働の解放」と「労働からの解放」を主張するに至った。マルクス主義における革命的実践においては、実践によって理論が生み出され、理論によって実践が調整され組織化されるという「理論と実践の統一」があらわれるとされる。実践 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東ハンニ

    伊東ハンニから見た労働労働

    、ハンニは滞在先の帝国ホテル内を事務所として雑誌『日本国民』を創刊。当時時代を席巻していた社会主義・共産主義とファシズムに対峙する日本国民主義を称え、ルドルフ・シュタイナーに影響された友愛理念を基調としながら労働の価値に重きを置く主張を展開した。更に余勢を駆って根津嘉一郎から『国民新聞』を買収、社長となった。新聞や雑誌だけでなく、しばしば都市や農村を回っては遊説を行い、大宅壮一をして自らをモンテ・クリスト伯に擬えた小説を書かせた。伊東ハンニ フレッシュアイペディアより)

  • 雇用保険

    雇用保険から見た労働労働

    雇用保険の保険者は国であり、公共職業安定所(ハローワーク。以下「ハローワーク」と表記する)が事務を取り扱っている。保険料は事業主と労働者が原則折半して負担する。雇用保険 フレッシュアイペディアより)

  • カルチュラル・スタディーズ

    カルチュラル・スタディーズから見た労働労働

    カルチュラル・スタディーズはその主題とする事象を文化的行動と権力との関係という見地から吟味する。例えば、ロンドンの白人労働者階級の若者のサブカルチャーを研究するときには、若者の社会的行動が支配的階級とどのようにかかわっているかが考察される。カルチュラル・スタディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 京都聴覚言語障害者の豊かな暮らしを築くネットワーク

    京都聴覚言語障害者の豊かな暮らしを築くネットワークから見た労働労働

    京都の聴覚言語障害者の権利を守り、私たちの豊かな生活を築くため、福祉、労働、教育などの施策や施設事業をさらに発展させ、関係団体の意思を統一して、運動を大きく展開していくことを目的とする。京都聴覚言語障害者の豊かな暮らしを築くネットワーク フレッシュアイペディアより)

576件中 21 - 30件表示

「労働・厚生・福祉」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画