576件中 41 - 50件表示
  • 中野雅至

    中野雅至から見た労働労働

    中央省庁での経験を生かし、行政学を専門とする。特に、労働省で労働行政など社会保障政策に携わってきたことから、社会政策に関する研究が多く、著書も多数著している。また、新潟県庁で総合政策部情報政策課に勤務するなど情報政策にも通じ、情報化の推進に関する著作も上梓している。中野雅至 フレッシュアイペディアより)

  • 賃労働

    賃労働から見た労働労働

    賃労働(ちんろうどう)とは、賃金を対価にして行われる労働のこと。賃労働 フレッシュアイペディアより)

  • 藤臣柊子

    藤臣柊子から見た労働労働

    1982年に『別冊フレンド』(講談社)にてデビュー。少女漫画家として活動していたが、現在はエッセイ漫画を中心に執筆している。結婚、労働、DV(ドメスティックバイオレンス)などの社会問題や、神経症などの健康問題について、ギャグ調の画風で解説している。自身もうつ病、パニック障害を患っていると公表している。NHKテレビでのうつ病等の特集番組には、萩原流行らと共に出演もしている。藤臣柊子 フレッシュアイペディアより)

  • 雇用のセーフティネット

    雇用のセーフティネットから見た労働労働

    雇用のセーフティネット(こようのセーフティネット)とは、安心で安定した労働市場を形成し、失業者の生活を保障するための、雇用に関する社会的制度のことである。雇用のセーフティネット フレッシュアイペディアより)

  • みどりの政治

    みどりの政治から見た労働労働

    みどりの政治は環境保護・環境運動を端緒にして始まったが、その後平和外交、人権、産業構造の転換(持続可能な開発)、教育、社会保障、労働、食料など幅広い社会問題に政策の領域を広げ、平和で持続可能で社会正義のある新しいエコロジー社会をめざす総合的な政治理念へと発展をとげた。また環境問題には国境が存在しないため国際連帯にも熱心である。いっぽうで国家との関係においては営利企業の自由を最優先する新自由主義的改革(およびそのグローバル化)、国民国家、ナショナリズム、軍事・治安国家化には批判的であり、この点で「もう一つの世界は可能だ」を合言葉に世界社会フォーラムを開催するアルテルモンディアリスムとも密接に結びついている。みどりの政治 フレッシュアイペディアより)

  • 城繁幸

    城繁幸から見た労働労働

    「世代間格差」の視点から、主に雇用や労働における格差是正を訴えている。新卒一括採用や終身雇用、年功序列反対の立場を表明。雇用の流動化、職務給化による「同一労働同一賃金」を主張している。城繁幸 フレッシュアイペディアより)

  • 剰余価値率

    剰余価値率から見た労働労働

    労働は支払労働と不払労働に分けられ、不払労働の割合が高いほど搾取の度合いも高くなる。剰余価値率 フレッシュアイペディアより)

  • 性風俗産業に対する差別

    性風俗産業に対する差別から見た労働労働

    こうした状況はこれらの産業の従事者が他の労働者と同様の基本的人権・労働基本権・社会保障を享受することを不可能もしくは困難にし、それ自体が差別であるだけでなく、偏見や暴力・犯罪組織による搾取などを受けやすくその解決を難しくしている。このような状況を解消することを目的とした「セックスワーカーの権利運動」(:en:Sex workers' rights)と呼ばれる運動が国際的に展開されている。性風俗産業に対する差別 フレッシュアイペディアより)

  • 収穫逓減

    収穫逓減から見た労働労働

    収穫逓減(しゅうかくていげん、)は、経済学用語であり、収穫逓減の法則とも呼ばれる。固定および可変の入力(例えば工場規模と労働者数)のある生産システムで、可変入力がある点を過ぎると、入力の増加が出力の増加に結びつかなくなっていく。逆に製品をより多く生産するのにかかるコストは増大していく。これを相対費用逓増の法則(law of increasing relative cost)あるいは機会費用逓増の法則(law of increasing opportunity cost)とも呼ぶ。表面上は完全に経済的概念だが、収穫逓減はテクノロジ的関係も暗示している。収穫逓減の法則は、企業の短期限界費用曲線が結局は増大することを示している。収穫逓減 フレッシュアイペディアより)

  • 一ツ瀬ダム

    一ツ瀬ダムから見た労働労働

    一ツ瀬発電所・一ツ瀬ダムの建設に当たっては、九州電力が先んじて1955年(昭和30年)に完成させた上椎葉発電所・上椎葉ダムや、フランスで1959年に発生したマルパッセダム崩壊事故の経験を踏まえつつ、当時最先端の建設技術を投入している。事前に大型の模型を作成しての水理実験により設計を追求し、上椎葉では建設中に洪水の被害を受けたことから、貯水を開始するまで河川の水を素通りさせる仮排水路の性能に余裕を持たせるなど万全を期した。建設機械を駆使した工法は必要労働者数の削減も実現。上椎葉で要したのべ250万人に対し、約半分にあたるのべ130万人で済ませた。労働者個人のモラルも向上し、地元住民とのトラブルや犯罪は少なかったという。工事は地元に好景気をもたらす間もなく急ピッチで進み、1963年(昭和38年)4月2日にダムへの貯水を開始。完成した一ツ瀬発電所は同年6月に運転を開始した。同時に、既存の下相見発電所・一ツ瀬川発電所が廃止された。この工事の中で、41名の労働者が命を落とした。一ツ瀬ダム フレッシュアイペディアより)

576件中 41 - 50件表示

「労働・厚生・福祉」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画