576件中 61 - 70件表示
  • 雇用保険事業

    雇用保険事業から見た労働労働

    失業等給付の目的は、労働者が失業した場合及び労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合に必要な給付を行うことにより、労働者の生活及び雇用の安定を図るとともに、求職活動を容易にする等その就職を促進することである。雇用保険事業 フレッシュアイペディアより)

  • 実質経済成長率

    実質経済成長率から見た労働労働

    マネーサプライと密接な関係にある名目成長率 に対し、実質成長率 はむしろ労働投入、資本投入、生産性などによって左右されるという違いがある。実質経済成長率 フレッシュアイペディアより)

  • 地域コミュニティ

    地域コミュニティから見た労働労働

    地域コミュニティ(ちいきコミュニティ)とは、地域住民が生活している場所、すなわち消費、生産,労働、教育、衛生・医療、遊び、スポーツ、芸能、祭りに関わり合いながら、住民相互の交流が行われている地域社会、あるいはそのような住民の集団を指す。コミュニティという総称には、市町村などの地方自治体、地域を越えて連携した非営利組織などの集団、インターネット上で連絡を取り合う集団なども含まれる。そこで、地域社会の現地住民が集団の構成要素であるコミュニティを、特に地域コミュニティと定義し、行政、地域を越えた連携と連絡を基盤としたその他のコミュニティと区別する。地域コミュニティ フレッシュアイペディアより)

  • 産業カウンセラー

    産業カウンセラーから見た労働労働

    一方、労働契約法の施行により、使用者の安全配慮義務が労働者の精神衛生面まで拡大された今日では、各企業は健康相談室の設置などメンタルヘルス対策に力を入れ始めている。これにより、メンタルケアを担う各心理職への期待・ニーズは高まっていると考えられる。従って、そのような心理職の一つという位置付けの下での産業カウンセラー資格は、相対的には意味が増している可能性はある。なお、労働・産業分野のメンタルケアには、産業カウンセラーが求められているとされる場合がある。しかし、同じく労働・産業分野のメンタルケアを担う産業医・保健師・臨床心理士などの専門家を鑑みても明らかなように、当該分野以外においても精神疾患等を含む高度な専門的知識を有するこれらの専門家人材が、自身の持つ知識に、さらに労働・産業分野の専門知識を加えることでメンタルケアに当たることが要求されている。従って、他分野の専門知識を有しない産業カウンセラーが、それら専門家に比して特に求められているとはいえない。産業カウンセラー フレッシュアイペディアより)

  • 藤本由香里

    藤本由香里から見た労働労働

    作家としての代表的な著作に、少女マンガを分析・評論した『私の居場所はどこにあるの?』、ジェンダー・セクシュアリティ論の『快楽電流』、家族論の『愛情評論』など。また、編集者として手がけた書籍として『レイプ・男からの発言』(1988年)、『発情装置』(1998年)、『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』(2000年)、『竹宮惠子のマンガ教室』(2001年)、など多数ある。評論家としては、マンガ、とりわけ少女マンガ・レディースコミックやフェミニズムを基軸に現代女性・少女が直面する「恋愛」(あるいは「愛の幻想」)、「性」、「家族」、「仕事」、「生き方」と、それらの変化・変遷を一貫して凝視し、さまざまな媒体で発言。女性のセクシュアリティは時代の関数であって時代の移り変わりによって変化すると主張している。マンガ作品ごとの小評論やコメントは数多く、少女マンガ評論家として著名。少女マンガ愛読者からの支持は少なくない。藤本由香里 フレッシュアイペディアより)

  • 労働の二重性

    労働の二重性から見た労働労働

    労働の二重性(ろうどうのにじゅうせい、two-fold character of labor)とはマルクス経済学において、商品が使用価値と価値という異なる二つの価値の性質を持っているという前提に立った上で、商品を生産する労働にも使用価値を生み出す具体的有用労働と、価値を生み出す抽象的人間労働の二重性が存在するという性質を指す。労働価値説に基づく概念である。労働の二重性 フレッシュアイペディアより)

  • エンコミエンダ制

    エンコミエンダ制から見た労働労働

    エンコミエンダ制(スペイン語:Encomienda)とは、スペインによるアメリカ大陸の植民地支配時代、及び、スペインによるフィリピンの植民地支配時代に採用されていた、植民地住民支配のための労働制度である。エンコミエンダ制 フレッシュアイペディアより)

  • ランティエ

    ランティエから見た労働労働

    ランティエ(フランス語"Rentier"から)とは、資産運用もしくは土地賃貸から受ける定期的な支払いで生計を立てている人間のこと、平たく言えば自らの労働に頼らず不労所得にて生活できる者のことである。ランティエ フレッシュアイペディアより)

  • ヒューマン・キャピタル

    ヒューマン・キャピタルから見た労働労働

    ヒューマン・キャピタル()は、人間が持つ能力(知識や技能)を資本として捉えた経済学(特に教育経済学)の概念。人的資本と表現されることもある。具体的には、資格や学歴として測定される。初期の経済学では単に労働力や労働として捉えられていた。ヒューマン・キャピタル フレッシュアイペディアより)

  • 二宮厚美

    二宮厚美から見た労働労働

    二宮 厚美(にのみや あつみ、1947年7月6日 - )は、神戸大学発達科学部人間環境科学科社会環境論コース教授。愛媛県出身。専攻は、経済学、労働?生活問題。渡辺治や後藤道夫と親交が深く、雑誌『ポリティーク』の編者の一人でもある。二宮厚美 フレッシュアイペディアより)

576件中 61 - 70件表示

「労働・厚生・福祉」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画