576件中 71 - 80件表示
  • 夕焼け

    夕焼けから見た労働労働

    前近代において日の出とともに起きて働き日没とともに一日の活動を終えていた。夕焼けは一日の労働の終わりを象徴するものでもある。夕焼け フレッシュアイペディアより)

  • 労働経済学

    労働経済学から見た労働労働

    労働経済学(ろうどうけいざいがく)とは、労働市場の働きを経済学の視点から研究する学問である。労働に関わる諸問題を解明し、人々の幸福を高めることが目的である。労働経済学 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島県立徳島科学技術高等学校

    徳島県立徳島科学技術高等学校から見た勤労労働

    勤労 - Scienceの頭文字Sの中心から広がる躍動感徳島県立徳島科学技術高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 私のしごと館

    私のしごと館から見た労働者労働

    私のしごと館の財源は入場料等の自己収入(2006年度は1.4億円)と雇用保険料による運営交付金(2006年度は14.8億円)である。運営費交付金は事業主が負担する保険料であり、個々の労働者が納めた保険料は使われない。職業能力開発施策という観点から、オープン当時は収支均衡は考えず、収支に関する目標の設定もなく、採算を度外視した運営が行われていた。その後、駐車場有料化や企業広告の開始、法人会員制度導入、体験プログラムの充実や体験料金値上げにより、自己収入は2006年(平成18年)以降、2008年度まで、年々増加していた。2007年(平成19年)には、2009年(平成21年)度の収支改善の目標を設定した改革実行計画(アクションプラン)が策定されたが、2008年9月より民間委託されるに至った。私のしごと館 フレッシュアイペディアより)

  • 新民主主義論

    新民主主義論から見た労働者労働

    この理論においては、中国共産党による一党独裁を否定。労働者・農民・勤労知識人の革命的諸党派による連合独裁を主張した。新民主主義論 フレッシュアイペディアより)

  • 感情労働

    感情労働から見た労働労働

    本来、労働の定義においては行動主義的、生理学的な固体主義的把握によるアプローチが一般であった。感情労働 フレッシュアイペディアより)

  • 戦災孤児

    戦災孤児から見た労働労働

    当時の責任省庁である厚生省は1945年9月20日に戦災孤児等保護対策要綱を発表し、戦災孤児らの保護として、(1) 個人家庭への保護委託、(2) 養子縁組の斡旋、(3) 集団保護の対策 をとることとしたが、実効性に乏しく、戦災孤児らは未成年の兄弟だけで、あるいは同じ境遇の者と徒党を組んで生活せざるを得なかった。靴磨きなど簡易な労働を行う者が多かったが、窃盗団を結成する場合も少なくなかった。このことが後の戦災孤児の保護について治安対策の要素を帯びる要因となっている。戦災孤児 フレッシュアイペディアより)

  • 市場社会主義

    市場社会主義から見た労働労働

    市場社会主義の支持者は、社会主義経済の利点と市場経済の利点の双方を活かすことができると主張する。しかし、本格的な労働市場、資本市場の導入は社会主義の制約があるためできない。市場社会主義 フレッシュアイペディアより)

  • 赤い星

    赤い星から見た労働労働

    五つの頂点は、労働者の手の五本の指を、また世界の五大陸を表す。赤い星 フレッシュアイペディアより)

  • 無階級社会

    無階級社会から見た労働労働

    狩猟採集の原始社会は、無階級社会だった。生産力が極めて低く、起きている時間のほぼ全てを食糧確保に割かなければならない状況で、平等の労働と、平等の分配が原則になっていた。無階級社会 フレッシュアイペディアより)

576件中 71 - 80件表示

「労働・厚生・福祉」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画