39件中 21 - 30件表示
  • 労働

    労働から見た個人事業主

    職業能力開発促進法第二条では「事業主に雇用される者(船員職業安定法 (昭和二十三年法律第百三十号)第六条第一項 に規定する船員を除く。第九十五条第二項において「雇用労働者」という。)及び求職者(同法第六条第一項 に規定する船員となろうとする者を除く。以下同じ。)をいう。」と定義される。労働 フレッシュアイペディアより)

  • 労働

    労働から見たテレワーク

    情報通信ネットワークの発展につれ、IT機器等を活用して働くテレワークというワークスタイルなどが出現し、労働の形態は多様化しつつある。労働 フレッシュアイペディアより)

  • 労働

    労働から見たプロテスタント

    プロテスタントは労働そのものに価値を認める天職の概念を見出した。この立場では、節欲して消費を抑えて投資することが推奨される。このようなプロテスタンティズムの倫理こそが資本主義を可能にしたと考えた者にマックス・ウェーバーがいる。労働 フレッシュアイペディアより)

  • 労働

    労働から見たIT機器

    情報通信ネットワークの発展につれ、IT機器等を活用して働くテレワークというワークスタイルなどが出現し、労働の形態は多様化しつつある。労働 フレッシュアイペディアより)

  • 労働

    労働から見た労働時間

    労働時間(第1号・第30号・第47号)労働 フレッシュアイペディアより)

  • 労働

    労働から見た資本主義

    プロテスタントは労働そのものに価値を認める天職の概念を見出した。この立場では、節欲して消費を抑えて投資することが推奨される。このようなプロテスタンティズムの倫理こそが資本主義を可能にしたと考えた者にマックス・ウェーバーがいる。労働 フレッシュアイペディアより)

  • 労働

    労働から見た非効用

    近代経済学では、労働は非効用として捉えられる。この立場では、労働は節約されるべき費用であるにすぎない。反対に余暇は効用として捉えられているが、これは主として個人的な私生活における娯楽を想定したもので、古代ギリシアにおける公共生活に携わるための閑暇とは異なるものである。労働 フレッシュアイペディアより)

  • 労働

    労働から見たディーセント・ワーク

    国際労働機関では、望ましい労働の形としてディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の実現を目標に挙げている。また、フィラデルフィア宣言において「労働は商品ではない」という原則を掲げている。労働 フレッシュアイペディアより)

  • 労働

    労働から見た機械

    道具・機械・建物・交通・通信(労働手段)を用い、土地・森林・水域・地中資源・原料(労働対象)に対して行なわれる。労働手段と労働対象を合わせて生産手段という。労働 フレッシュアイペディアより)

  • 労働

    労働から見た効用

    近代経済学では、労働は非効用として捉えられる。この立場では、労働は節約されるべき費用であるにすぎない。反対に余暇は効用として捉えられているが、これは主として個人的な私生活における娯楽を想定したもので、古代ギリシアにおける公共生活に携わるための閑暇とは異なるものである。労働 フレッシュアイペディアより)

39件中 21 - 30件表示

「労働・厚生・福祉」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画