2253件中 91 - 100件表示
  • 福音書記者

    福音書記者から見た動物動物

    四人の福音書記者たちは、伝統的キリスト教美術における象徴表現では、三種類の動物と一人の人間の姿で表現された。その組み合わせは東西で若干異なる。以下西方教会での例を示す。福音書記者 フレッシュアイペディアより)

  • 灰

    から見た動物動物

    灰(はい)は、草や木、動物などを燃やしたあとに残る物質。 フレッシュアイペディアより)

  • 脊椎動物

    脊椎動物から見た動物動物

    脊椎動物(せきついどうぶつ、)は、動物の分類のひとつ。現在主流の説では脊索動物門に属するとされ、脊索と置き換わった脊椎をもつ。魚類、鳥類、両生類、爬虫類、哺乳類の5類からなり、無脊椎動物に比べて(脊椎動物である)人間にとって類縁関係が近く、なじみの深い生物によって構成されているグループである。脊椎動物 フレッシュアイペディアより)

  • 性行為

    性行為から見た動物動物

    大多数の国家では公衆の面前で性行為に及ぶのは基本的には御法度とされている。通常、人間には性行為を人目に晒すことに羞恥心を伴う。また、性行為中には外敵に対して無防備になるため、動物的本能として他者の目を避け、通常は隠れて行うものである。性行為に羞恥心を覚えるのは人間のみならず、象など幾種類かの動物が確認されている。性行為 フレッシュアイペディアより)

  • シュメール

    シュメールから見た動物動物

    他にも、シュメール人は最初に植物と動物の両方を育てていたと考えられているが、前者の場合は突然変異の草を系統的に栽培・収穫することであり、これは今日一粒小麦や二粒小麦として知られているものである。後者は、原種のヒツジ(ムフロンに似る)やウシ(ヨーロッパヤギュウ)を出産させて飼育することである。シュメール フレッシュアイペディアより)

  • 腸内細菌

    腸内細菌から見た動物動物

    腸内細菌(ちょうないさいきん)とは、ヒトや動物の腸の内部に生息している細菌のこと。ヒトでは約3万種類、100兆-1000兆個が生息し、1.5kg-2kgの重量になる。腸内細菌 フレッシュアイペディアより)

  • 果物

    果物から見た動物動物

    果物は動物が食べたがる果実である。果物と言われる果実は、生物学的な果実の分類の上ではいくつかの類型にまたがるが、いずれにしても、一般的な植物組織よりも柔らかく、糖分、ビタミンCなどを多く含む部分を持つ。また赤や黄色に着色する例が多い。果物 フレッシュアイペディアより)

  • 顔料

    顔料から見た動物動物

    古来、顔料は油脂類を燃やした際の煤を使用した黒色以外は自然の鉱物を粉砕したものが主体であった。黒色の煤は現在カーボンブラックと呼ばれ、非常に多様な用途に使用されている。書道で使う墨の高級品は昔ながらの油煙(ランプブラック)を使うが、一般的には天然ガスや石油を不完全燃焼させて作ったファーネスブラックが使用されている。また絵具では植物を燃やしてつくった植物性黒や動物の骨を燃やしてつくった骨炭も使われている。ラピスラズリを使ったウルトラマリン青や孔雀石を使った緑青などは高価であり、高級な絵画や装飾物に使用された。赤色は弁柄(天然酸化鉄赤)や辰砂(硫化水銀)が使われた。顔料 フレッシュアイペディアより)

  • 刺激惹起性多能性獲得細胞

    刺激惹起性多能性獲得細胞から見た動物動物

    刺激惹起性多能性獲得細胞(しげきじゃっきせいたのうせいかくとくさいぼう)は、動物の分化した細胞に弱酸性溶液に浸すなどの外的刺激を与えて再び分化する能力を獲得させたとして発表された細胞である。この細胞をもたらす現象を刺激惹起性多能性獲得()と言う。刺激惹起性多能性獲得細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 肉

    から見た動物動物

    肉(にく)とは、動物の皮下組織および筋肉のことである。 フレッシュアイペディアより)

2253件中 91 - 100件表示

「動物の赤ちゃん」のニューストピックワード