2253件中 11 - 20件表示
  • 草食動物

    草食動物から見た動物動物

    草食動物(そうしょくどうぶつ)とは、生きている植物を主な食物とする性質、すなわち草食性を示す動物のことである。植物食動物ともいわれる。草食動物 フレッシュアイペディアより)

  • 剥製

    剥製から見た動物動物

    剥製(はくせい)とは、学術研究・展示、鑑賞を目的とした動物標本作製技術の一種。あるいはその技術によって標本にされた動物個体のことを言う。剥製 フレッシュアイペディアより)

  • 田中光常

    田中光常から見た動物動物

    田中 光常(たなか こうじょう、1924年5月11日 - 2016年5月6日)は、日本の動物写真家。田中光常 フレッシュアイペディアより)

  • 老化

    老化から見た動物動物

    動物個体の老化の原因ははっきりとは解明されていないが、以下のような複数の要因が考えられている。ただし、よく誤解されるが、下記は動物のしかも一部の種(具体的には脊椎動物のみであると思われる)にだけ成立する。例えば動物でも海綿動物や扁形動物の体細胞、あるいは植物や菌などの細胞ではテロメラーゼは高い活性を示し、ガン化しない通常の細胞でも「不死」である。昆虫の体細胞のテロメアは様々な機構で延伸され無限に分裂できると思われているが、昆虫の個体には加齢に伴う機能の低下が認められ(老化)、明確な寿命が存在する。また、光合成を行う緑色植物の細胞は動物細胞よりも遙かに大きな活性酸素ストレスにさらされるが、動物における老化のような現象は認められない。老化 フレッシュアイペディアより)

  • カロテノイド

    カロテノイドから見た動物動物

    微生物、動物、植物などからこれまで750種類以上のカロテノイドが同定されている。たとえばトマトやニンジン、フラミンゴやロブスターの示す色はカロテノイド色素による着色である。自然界におけるカロテノイドの生理作用は多岐にわたり、とくに光合成における補助集光作用、光保護作用や抗酸化作用等に重要な役割を果たす。また、ヒトをはじめとする動物の必須栄養素であるビタミンAの前駆体となるほか、近年ではがんや心臓病の予防効果も報告されている。カロテノイド フレッシュアイペディアより)

  • 免疫系

    免疫系から見た動物動物

    免疫とは、ヒトや動物などが持つ、体内に入り込んだ「自分とは異なる異物」(非自己)を排除する、生体の恒常性維持機構の一つである。一般に、薬物や化学物質などの排除には、肝臓の酵素による代謝が働くのに対し、免疫はそれよりも高分子であるタンパク質(ヘビ毒やハチ毒など)や、体内に侵入した病原体を排除するための機構として働くことが多い。特に病原体による感染から身を守るための感染防御機構として重要であり、単に「免疫」と呼ぶ場合には、この感染防御免疫のことを指す場合も多い。免疫系 フレッシュアイペディアより)

  • 遊び

    遊びから見た動物動物

    遊び(あそび)とは、知能を有する動物(ヒトを含む)が、生活的・生存上の実利の有無を問わず、心を満足させることを主たる目的として行うものである。基本的には、生命活動を維持するのに直接必要な食事・睡眠等や、自ら望んで行われない労働は含まない。類義語として遊戯(ゆうぎ)がある(詳細後述)。遊び フレッシュアイペディアより)

  • 植物

    植物から見た動物動物

    慣用的生物区分: 一般的には、草や木などのように、根があって場所が固定されて生きているような生物のこと。動物と対比させられた生物区分。植物 フレッシュアイペディアより)

  • 生物

    生物から見た動物動物

    生物(せいぶつ)または生き物(いきもの)とは、動物・菌類・植物・古細菌・真正細菌などを総称した呼び方である。生物 フレッシュアイペディアより)

  • アルカロイド

    アルカロイドから見た動物動物

    アルカロイドは、微生物、真菌、植物、両生類などの動物を含む非常に様々な生物によって生産され、天然物(二次代謝産物とも呼ばれる)の中の一群を成している。多くのアルカロイドはによって粗抽出物から精製できる。多くのアルカロイドは他の生物に対して有毒である。しばしば薬理作用を示し、医薬や娯楽のための麻薬としてや、幻覚儀式において使用される。アルカロイド フレッシュアイペディアより)

2253件中 11 - 20件表示

「動物の赤ちゃん」のニューストピックワード