2253件中 21 - 30件表示
  • 農業

    農業から見た動物動物

    農業(のうぎょう)とは、土地の力を利用して有用な植物を栽培し、また、有用な動物を飼養する、有機的な生産業のこと。農業 フレッシュアイペディアより)

  • シャチ

    シャチから見た動物動物

    シャチ(鯱、学名: )は、クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科シャチ属の動物である。シャチ フレッシュアイペディアより)

  • 原生生物

    原生生物から見た動物動物

    原生生物(げんせいせいぶつ, Protist)とは、生物の分類の一つ。真核生物のうち、菌界にも植物界にも動物界にも属さない生物の総称である。もともとは、真核で単細胞の生物、および、多細胞でも組織化の程度の低い生物をまとめるグループとして考えられたものである。いくつかの分類体系の中に認められているが、その場合も単系統とは考えておらず、現在では認めないことが多い。原生生物 フレッシュアイペディアより)

  • 自然

    自然から見た動物動物

    地球上の生物(植物、動物、菌類、原生生物、古細菌、真正細菌)に共通する特徴として、細胞があり、炭素と水を基本とする複雑な組織があり、代謝活動し、成長する能力があり、刺激に反応し、生殖するということが挙げられる。これらの特徴を持つものは一般に生命と見なされる。しかし、生命の定義で常にこれらの特徴が必須とされるわけではない。組織の組成を除外すれば、人工生命も生命と見なされうる。自然 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品

    医薬品から見た動物動物

    医薬品(いやくひん)とは、ヒトや動物の疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品。使用形態としては、飲むもの(内服薬)、塗るもの(外用薬)、注射するもの(注射剤)などがある(剤形を参照)。医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 栄養素

    栄養素から見た動物動物

    栄養素の摂取方式は多岐に渡る。すなわち、動物や原生生物は体内に備えられた消化器官を利用するのに対して、植物は根の外で分解された栄養素を吸収する。どのような物質が栄養素となるかは遺伝的に決定されるそれぞれの生物固有の代謝経路等に依存するので、生物種によって異なる。栄養素 フレッシュアイペディアより)

  • 食性

    食性から見た動物動物

    食性(しょくせい、feeding behaviours、food habit)とは、動物の食物に関する性質のことである。動物は個体維持のために食物を食べるが、その種類や様式(食べ方)は、動物の種類によって異なり、非常に多様である。食性 フレッシュアイペディアより)

  • 英語の語彙の変化 (古英語)

    英語の語彙の変化 (古英語)から見た動物動物

    gesceap:「形」の意。1050年の文献に遡る。古英語では広く用いられ、動物の意味も持つ。現代のcreatureはラテン語のcreātūra(作成物)に由来する。英語の語彙の変化 (古英語) フレッシュアイペディアより)

  • さんかくぼうしのミンミン

    さんかくぼうしのミンミンから見た動物動物

    すべてのページにキャラクターや動物と昆虫たちが盛り込まれていて、隠し絵本として、その動物や昆虫たちを見つけながら「ミンミン昆虫動物図鑑」と照らし合わせる事ができる。さんかくぼうしのミンミン フレッシュアイペディアより)

  • ミクソゾア

    ミクソゾアから見た動物動物

    ミクソゾア(myxozoa, ギリシャ語 myx- ('粘液) + zoa (動物))は極嚢を持った胞子を作る寄生虫からなる動物門である。かつては原生動物として分類され胞子虫に含められていたが、その特異性が認識されて独立の門に位置付けられた。現在では多細胞動物から派生したグループだと考えられている。ミクソゾア フレッシュアイペディアより)

2253件中 21 - 30件表示

「動物の赤ちゃん」のニューストピックワード