2253件中 31 - 40件表示
  • 遷移 (生物学)

    遷移 (生物学)から見た動物動物

    動物の糞や落葉落枝などの上に出現する菌類群集でも、遷移が見られることが知られている。遷移 (生物学) フレッシュアイペディアより)

  • 休眠

    休眠から見た動物動物

    休眠 (きゅうみん、dormancy)とは、生物の生活環における一時期で、生物の成長・発生過程や、動物の身体的な活動が一時的に休止するような時期のことである。この間、生物は代謝を最低限に抑えることで、エネルギーを節約する。休眠 フレッシュアイペディアより)

  • 群体

    群体から見た動物動物

    群体というのは、無性生殖によって増殖した多数の個体がくっついたままで、一つの個体のような状態になっているもののことである。主として動物および藻類に対して使われる。群体 フレッシュアイペディアより)

  • 綱 (分類学)

    綱 (分類学)から見た動物動物

    綱・亜綱に対する命名法は一般にあまり強く規制されていない。国際藻類・菌類・植物命名規約、国際動物命名規約、国際細菌命名規約のいずれでも、優先権を必ずしも守る必要がなく、タイプの名前を元にして作る必要もない。国際藻類・菌類・植物命名規約では、綱や亜綱をタイプの名前を元にして命名する場合には語尾を統一することが規定されているが、説明的な名前の場合にはその必要はない。なお、植物学では上綱・下綱はほとんど使われない。国際動物命名規約には統一語尾の規定は存在しないが、原生動物などでは独自の統一語尾を使う慣行がある。細菌や動物の場合の語尾は‐a、‐iが多い。ウイルスには現在のところ綱・亜綱などの階級は存在しない。綱 (分類学) フレッシュアイペディアより)

  • 人間の性の諸相

    人間の性の諸相から見た動物動物

    人間は動物でもあれば、心を持ち、自己を意識する精神存在でもある。更に、人間は社会的存在であり、他の人々との共同体のなかにおいて生きている。社会には個人の生死を越えて伝達される文化がある。人間の性の諸相 フレッシュアイペディアより)

  • 化石燃料

    化石燃料から見た動物動物

    化石燃料(かせきねんりょう、)は、地質時代にかけて堆積した植物などの死骸が地中に堆積し、長い年月をかけて地圧・地熱などにより変成されてできた、言わば化石となった有機物のうち、人間の経済活動で燃料として用いられる(または今後用いられることが検討されている)ものの総称である。化石燃料 フレッシュアイペディアより)

  • 個体

    個体から見た動物動物

    ただし、例外は多い。生物が個体として認められることを個体性(英:individuality)というが、植物や菌類では個体性が認め難い場合がある。動物では比較的に個体性は明白であるが、群体を形成する場合などには、難しい場合が出てくる。個体 フレッシュアイペディアより)

  • 秦野節司

    秦野節司から見た動物動物

    秦野 節司(はたの さだし、1929年-)は、日本の生物学者。1966年、動物の筋肉以外から世界で初めてアクチンの単離に成功した。名古屋大学名誉教授。理学博士。神谷宣郎、大沢文夫 の直弟子。秦野節司 フレッシュアイペディアより)

  • 立体交差

    立体交差から見た動物動物

    鉄道路線や道路では多くの実例を挙げられるが、ローマ水道に代表される水路の立体交差も古今に多くの例を見出せる。また、人間と野生動物の生活上の道筋が交差する不都合を避ける目的で立体化する設備・施設(後述)も定義から外れない。立体交差 フレッシュアイペディアより)

  • 門 (分類学)

    門 (分類学)から見た動物動物

    後生動物では慣例的に、基本的な体制が共通しているタクソンが門とされ、約30の門に分類されている。たとえば、ヒトは脊索動物門に属する。後生動物の門の完全なリストは動物を参照。門 (分類学) フレッシュアイペディアより)

2253件中 31 - 40件表示

「動物の赤ちゃん」のニューストピックワード