2677件中 51 - 60件表示
  • シマハイエナ

    シマハイエナから見た動物動物

    シマハイエナ(縞鬣犬、Hyaena hyaena)は、動物界脊索動物門哺乳綱食肉目ハイエナ科シマハイエナ属(ハイエナ属)に分類されるハイエナ。本種のみでシマハイエナ属を形成する。シマハイエナ属はハイエナ科の模式属。特定動物。シマハイエナ フレッシュアイペディアより)

  • 綱 (分類学)

    綱 (分類学)から見た動物動物

    綱・亜綱に対する命名法は一般にあまり強く規制されていない。国際藻類・菌類・植物命名規約、国際動物命名規約、国際細菌命名規約のいずれでも、優先権を必ずしも守る必要がなく、タイプの名前を元にして作る必要もない。国際藻類・菌類・植物命名規約では、綱や亜綱をタイプの名前を元にして命名する場合には語尾を統一することが規定されているが、説明的な名前の場合にはその必要はない。なお、植物学では上綱・下綱はほとんど使われない。国際動物命名規約には統一語尾の規定は存在しないが、原生動物などでは独自の統一語尾を使う慣行がある。細菌や動物の場合の語尾は‐a、‐iが多い。ウイルスには現在のところ綱・亜綱などの階級は存在しない。綱 (分類学) フレッシュアイペディアより)

  • マハーヴィーラ

    マハーヴィーラから見た動物動物

    バラモン教では、人びとは4つの階級に分けられ、最上位のバラモン(司祭者階級)のみが神々と交わることができるとされていた。バラモン教は、司祭者階級による神々への供儀を中心とする祭式宗教だった。これに反旗を翻したのがブッダやマハーヴィーラらの自由思想家たちであった。マハーヴィーラはカースト制度を否定するとともに、多数の動物を殺して神々への生贄とする供儀を厳しく批判した。また、彼はバラモンが抽象的にしか示さなかった業(カルマ)の過程を生き生きとしたかたちで定義しなおした。マハーヴィーラ フレッシュアイペディアより)

  • 音撃戦士

    音撃戦士から見た動物動物

    劇場版に登場する鬼。この時代では鬼の存在自体は周りに知れ渡っているが、人を捨てた存在として忌み嫌われている。なお、これらの鬼の形状は、各々の出身地の有名な芸能、名跡、動物、果ては現代におけるプロ野球チームのイメージアニマルをモチーフとしてデザインされている。これらの鬼は宣伝時に“ご当地ラーメン”になぞらえ、ご当地ライダーなどと言われた。現代と違い、太鼓、管、弦の鬼全員が変身音叉で変身出来る。音撃戦士 フレッシュアイペディアより)

  • リス

    リスから見た動物動物

    リス(栗鼠)は、ネズミ目リス科に属する動物の総称である。リス科には、シマリス、プレーリードッグ、マーモットなど、49属254種が含まれる。滑空能力のあるモモンガ、ムササビもリスの仲間である。世界最小13cm、体重10gのアフリカコビトリス (Myosciurus pumilio) から体重9kgにもなるシラガマーモット (Marmota caligata) 、世界最大の1mのインドオオリスまで、大きさは多彩である。モモンガなど滑空する種は夜行性だが、その他の種は昼行性である。リス フレッシュアイペディアより)

  • 倉敷芸術科学大学

    倉敷芸術科学大学から見た動物動物

    芸術学部(美術工芸学科、デザイン学科、メディア映像学科)、産業科学技術学部(IT科学科、起業経営学科、観光学科)、生命科学部(生命科学科、生命医科学科、生命動物科学科、健康科学科)となる。倉敷芸術科学大学 フレッシュアイペディアより)

  • 尾

    から見た動物動物

    尾(お)、別名尻尾(しっぽ)、尾っぽ(おっぽ)は動物の後部(頭の反対側)であり、特にはっきりとしたしなやかな、体幹の後方部分のことをいう。生物学的なものと、一般的なものでは異なる場合が多々ある。 フレッシュアイペディアより)

  • 胚性幹細胞

    胚性幹細胞から見た動物動物

    胚性幹細胞(はいせいかんさいぼう、Embryonic stem cells)とは、動物の発生初期段階である胚盤胞期の胚の一部に属する内部細胞塊より作られる幹細胞細胞株のこと。英語の頭文字を取り、ES cells ES細胞(イーエスさいぼう)と呼ばれる。胚性幹細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 言語学

    言語学から見た動物動物

    ヒトの言語は過去に起こった事実や未来のことを表現することも可能である。文字の体系を持っていれば、文字に書き留めることによって、後世に伝えることも可能になる。しかし、動物の場合、餌のありかや敵の急襲を知らせるなど現在のことしか伝達できない。言語学 フレッシュアイペディアより)

  • 性行為

    性行為から見た動物動物

    大多数の国家では公衆の面前で性行為に及ぶのは基本的には御法度とされている。通常、人間には性行為を人目に晒すことに羞恥心を伴う。これは性行為中には外敵に対して無防備になるため動物的本能で隠れて行うもの、と解釈される。性行為に羞恥心を覚えるのは人間のみならず、象など幾種類かの動物が確認されている。性行為 フレッシュアイペディアより)

2677件中 51 - 60件表示

「動物の赤ちゃん」のニューストピックワード