2253件中 71 - 80件表示
  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見た動物動物

    病原微生物ないし病原体(マイコプラズマやクラミジアといった細菌、スピロヘータ、リケッチア、ウイルス、真菌、原虫、寄生虫)がヒトや動物のからだや体液に侵入し、定着・増殖して感染をおこすと組織を破壊したり、病原体が毒素を出したりしてからだに害をあたえると、一定の潜伏期間を経たのちに病気となる。これを感染症という。類義語として伝染病があるが、これは伝染性をもつ感染症をさしている。また、伝染性をもつ感染症の流行を疫病(はやり病)と呼んでいる。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • リス

    リスから見た動物動物

    リス(栗鼠)は、ネズミ目(齧歯目)リス科に属する動物の総称である。リス フレッシュアイペディアより)

  • 先天性

    先天性から見た動物動物

    人間や動物などで、特徴や性質が先天的というのは、生まれたときにすでにその形質や性質が個体に備わっていることを意味する。生物は受精以降、遺伝子発現の影響を受け、胎児(または幼生)の段階で母体などの環境(遅滞遺伝など)の影響を受ける。しかし「先天的」とは「遺伝的」を意味するとは限らない。母体の影響や遅滞遺伝などには遺伝しないものがある。また遺伝子決定的な特徴だけをさすとは限らない。先天的であっても環境の影響を受ける性質は多い。また生まれた時にすでに顕著な特徴としてそれを持っているとは限らない。永久歯が生えることは遺伝子決定的であるが、生まれた時の特徴ではない。したがって先天的と言う場合には、遺伝子発現の直接の結果なのか、遺伝子以外の要因で決定されるのか、「決定」か「影響を受ける」か、生まれた時に顕著か顕著でないかなどを区別する必要がある。先天性 フレッシュアイペディアより)

  • 動物寓意譚

    動物寓意譚から見た動物動物

    動物寓意譚(どうぶつぐういたん、英語 : Bestiary, フランス語 : Bestiaire, ラテン語 : Bestiarum vocabulum)は、12 - 13世紀のイングランドやフランスを中心にヨーロッパで広く流布していた動物寓意集(ベスティアリ、Bestiary)の総称である。様々な動物、鳥、魚、植物、鉱物の特徴や習性とキリスト教的教訓とを結びつけ、そこに寓意や諷刺を込めた内容となっている。そこに出て来るのは、実存の生き物だけではなく、ドラゴン、ユニコーン、バシリスク、マンティコラ、セイレン、ヒッポカンポスなどの怪物も含まれる。図版を豊富に含んでおり、キリスト教徒の道徳的教化、布教に大きな役割を果たした。内容の原典は、2世紀頃アレクサンドリアでギリシア語で出版された『フィシオロゴス』、プリニウス(22 / 23 - 79)の『博物誌』(77年頃)、アリストテレス(前384 - 322)の『動物誌』(前343年頃)にまで遡るとされている。動物寓意譚 フレッシュアイペディアより)

  • 受精

    受精から見た動物動物

    受精(じゅせい)は、精子が卵(または卵細胞)の中に入り込み、細胞分裂によって成長可能な状態になること。定義としては、一方が卵と見なされる場合の接合のことである。動物の場合の接合はすべてこれである。一般に受精といえば動物のそれを指すことが多い。受精 フレッシュアイペディアより)

  • タモリ教授のハテナの殿堂?

    タモリ教授のハテナの殿堂?から見た動物動物

    動物と人間を差別化して、我々を進化させてきたのは「?」。日本全国、世界中から寄せられた人類(視聴者)が「?」(ハテナ)と思う疑問等をスタジオでVTR形式にて紹介し、教授であるタモリ教授と准教授の爆笑問題(太田光・田中裕二)を筆頭とする多種多様なゲスト研究員らが討論・会議風に見せる新型教養番組である。1億人の脳がハテナと感じた疑問を解明する。タモリ教授のハテナの殿堂? フレッシュアイペディアより)

  • 生殖器

    生殖器から見た動物動物

    形成される配偶子の大きさに差がある場合、大きい方を形成する構造を雌性生殖器(しせいせいしょくき)、小さい方を形成する方を雄性生殖器(ゆうせいせいしょくき)と呼ぶ。動物のように卵と精子を形成する場合には、卵を形成する側が雌性、精子を形成する側が雄性である。これは個体の雌雄とは無関係である。生殖器 フレッシュアイペディアより)

  • 熊のジャン

    熊のジャンから見た動物動物

    世界一般の類話でも同じような展開が見られる。日本民話の会編『決定版 世界の民話事典』の説明では、熊息子ジャンは「動物の血を引く子ども」の一種で、彼らは力が強く知恵もあり、時には動物の言葉を解す等で英雄になる。民話において熊息子ジャンは、熊と人間の母親との間に生まれ、生まれつき大変な怪力で、それがために家を追い出される。途中で目利き・腕利き・耳利き・早足といったような異常な能力を持つ三人の男たちを仲間にして、化物を退治し、三人の娘を助け出すが、仲間に裏切られて娘たちを奪われる。しかし、最後には仲間の悪事を暴き、一番美しい娘と結婚する。熊のジャン フレッシュアイペディアより)

  • マハーヴィーラ

    マハーヴィーラから見た動物動物

    バラモン教では、人びとは4つの階級に分けられ、最上位のバラモン(司祭者階級)のみが神々と交わることができるとされていた。バラモン教は、司祭者階級による神々への供儀を中心とする祭式宗教だった。これに反旗を翻したのがブッダやマハーヴィーラらの自由思想家たちであった。マハーヴィーラはカースト制度を否定するとともに、多数の動物を殺して神々への生贄とする供儀を厳しく批判した。また、彼はバラモンが抽象的にしか示さなかった業(カルマ)の過程を生き生きとしたかたちで定義しなおした。マハーヴィーラ フレッシュアイペディアより)

  • 1983年のテレビ (日本)

    1983年のテレビ (日本)から見た動物動物

    TBS系水曜20時枠にて、関口宏司会の動物をテーマにした教養クイズ番組『わくわく動物ランド』が放送開始( - 1992年3月25日)。1983年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

2253件中 71 - 80件表示

「動物の赤ちゃん」のニューストピックワード