2677件中 71 - 80件表示
  • 環境

    環境から見た動物動物

    自然とは山や川、木々や草花、動物、気象などであり、それと区別して人為的に作られた造形物、例えば、建物、道路、家具などは物的な環境として挙げられる。環境 フレッシュアイペディアより)

  • 精子

    精子から見た動物動物

    精子(せいし)とは、雄性の生殖細胞の一つ。動物、藻類やコケ植物、シダ植物、一部の裸子植物(イチョウなど)にみられる。精子 フレッシュアイペディアより)

  • 多細胞生物

    多細胞生物から見た動物動物

    多細胞生物(たさいぼうせいぶつ、)とは、複数の細胞で体が構成されている生物のこと。一つの細胞のみで体が構成されている生物は単細胞生物と呼ばれる。動物界や植物界に所属するものは、すべて多細胞生物である。菌界のものには多細胞生物と若干の単細胞生物が含まれている。肉眼で確認できる大部分の生物は多細胞生物である。多細胞生物 フレッシュアイペディアより)

  • 種子

    種子から見た動物動物

    多くの種子は、幼植物が発芽するための栄養分を子葉か胚乳に蓄えているため、動物から見れば魅力的な食料である。人間の食物の中にも種子はさまざまに用いられ、特にマメ科やイネ科のものは、しばしば主食の位置を占める。主食に使われるイネ科の種子を穀物と呼ぶ。蓄えられる栄養分は、デンプンか油脂の形である場合が多い。種子 フレッシュアイペディアより)

  • 家庭用ロボット

    家庭用ロボットから見た動物動物

    このため将来的にはヒューマノイド型(アンドロイド)の物が想定されているが、それ以外にも動物的であったり、何らかのキャラクターを模した物など、親しみが涌きやすい物が多い。ただ、家事の中でも掃除や調理等といった特定分野にのみ機能するような物では、その例に沿わない物も見られる。家庭用ロボット フレッシュアイペディアより)

  • 天然記念物

    天然記念物から見た動物動物

    天然記念物(てんねんきねんぶつ、英:Natural monument、独:Naturdenkmal)とは、動物、植物、地質・鉱物などの自然物に関する記念物である。天然記念物に対して、人間の文化活動に関する記念物を文化記念物(人文記念物、独:Kulturdenkmal)と言う。天然記念物 フレッシュアイペディアより)

  • 耳

    から見た動物動物

    耳(みみ)は、動物の器官の1つで、音を適刺激とする感覚器であると同時に、重力の向きと加速度を適刺激とする感覚器でもある。一般に、聴覚にとって重要な器官として広く認知されているが、聴覚以外にも平衡覚と回転覚を感知しているため、合わせて平衡聴覚器とも言う。 フレッシュアイペディアより)

  • 餌

    から見た動物動物

    餌(えさ、え)は、動物を飼育または捕獲するための食物である。 フレッシュアイペディアより)

  • プランクトン

    プランクトンから見た動物動物

    あくまでも「浮遊者」という概念なので、大型の生物でもクラゲなど遊泳能力が非常に低いものも含まれる。しばしば水生の微細な動物や藻類などの微生物をプランクトンと称することがあるが、付着生活など水底における生活をするものは後述のベントスに相当し、定義的にはこうしたものにプランクトンの名称を当てることは誤りである。しかし、プランクトン図鑑など、特に淡水では両者をあわせることが多い。プランクトン フレッシュアイペディアより)

  • 惑星の居住可能性

    惑星の居住可能性から見た動物動物

    生命にとっての絶対で唯一の条件はエネルギー源であるが、惑星の居住可能性の概念では、その他の地球物理学、地球化学、それに天体物理学上の基準を満たさなければならない。地球以外の生命の存在は現在判っていないため、惑星の居住可能性は主に生命にとって適するように見える地球の状態や、太陽や太陽系の特徴から外挿される。特別興味を引くのは、この惑星が単なる単細胞の微生物ではなく複雑な多細胞の動物を保持してきた要因である。この点の研究と理論は惑星科学と、新たに現れた宇宙生物学の分野である。融解した金属や星間ガス、銀河系外空間に広がる磁場のような細胞とは無関係の物質、場を基盤とした生命なども想像できるが、それらはいまだSFの領域を出ていないため、ここでは扱わない。また、将来建造されるであろう人類の前哨基地のように人工的な環境を前提とした議論も含まない。惑星の居住可能性 フレッシュアイペディアより)

2677件中 71 - 80件表示

「動物の赤ちゃん」のニューストピックワード