2677件中 81 - 90件表示
  • 顔料

    顔料から見た動物動物

    古来、顔料は油脂類を燃やした際の煤を使用した黒色以外は自然の鉱物を粉砕したものが主体であった。黒色の煤は現在カーボンブラックと呼ばれ、非常に多様な用途に使用されている。書道で使う墨の高級品は昔ながらの油煙(ランプブラック)を使うが、一般的には天然ガスや石油を不完全燃焼させて作ったファーネスブラックが使用されている。また絵具では植物を燃やしてつくった植物性黒や動物の骨を燃やしてつくった骨炭も使われている。ラピスラズリを使ったウルトラマリン青や孔雀石を使った緑青などは高価であり、高級な絵画や装飾物に使用された。赤色は弁柄(天然酸化鉄赤)や辰砂(硫化水銀)が使われた。顔料 フレッシュアイペディアより)

  • シュメール

    シュメールから見た動物動物

    シュメールの神殿は、中央の本殿と一方の側に沿った側廊から成っていた。側廊は、神官の部屋の側面に立っていたであろう。一つの端には、演壇、および動物や野菜を生贄に捧げる日干しれんがのテーブルがあったであろう。穀物倉や倉庫は通常は神殿の近くにあったろう。後にシュメール人は、人工的な多層段丘「ジッグラト」の頂上に神殿を置き始めた。シュメール フレッシュアイペディアより)

  • 家畜

    家畜から見た動物動物

    家畜(かちく)とは、人間が利用するために飼育する動物をさす言葉である。家畜 フレッシュアイペディアより)

  • 卵細胞

    卵細胞から見た動物動物

    動物は一般に雌性配偶子として卵細胞を生じる。陸上植物や車軸藻類も卵細胞を形成する。卵細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 無脊椎動物

    無脊椎動物から見た動物動物

    無脊椎動物(むせきついどうぶつ)とは、脊椎動物以外の動物のことである。すなわち背骨、あるいは脊椎を持たない動物をまとめて指すもので、ジャン=バティスト・ラマルクが命名したInvertebrataの訳語である(Vertebrataは脊椎動物)。無脊椎動物 フレッシュアイペディアより)

  • 土壌

    土壌から見た動物動物

    土壌の固体成分は粗に充填されているため、土壌は多くの間隙を持つ。土壌中の間隙は、土壌溶液と土壌空気によって満たされている。土壌溶液の主成分は水であり、この水に水溶性の塩基や有機物などが溶解している。土壌空気の主成分は二酸化炭素、窒素および水蒸気であり、酸素濃度は大気と比較して低い。土壌の間隙には、多くの微生物や動物が生息しており、土壌生物と呼ばれる。土壌 フレッシュアイペディアより)

  • 生殖器

    生殖器から見た動物動物

    形成される配偶子の大きさに差がある場合、大きい方を形成する構造を雌性生殖器(しせいせいしょくき)、小さい方を形成する方を雄性生殖器(ゆうせいせいしょくき)と呼ぶ。動物のように卵と精子を形成する場合には、卵を形成する側が雌性、精子を形成する側が雄性である。これは個体の雌雄とは無関係である。生殖器 フレッシュアイペディアより)

  • 腐植土

    腐植土から見た動物動物

    自然にできたものは成分が窒素に偏っていることが多いが、燐酸、カリウムなどはミミズ、その他の動物の糞や微生物などの働きによって補われることもある。人工的に作られた腐植土は成分が人工的に調整されている。以下参照。腐植土 フレッシュアイペディアより)

  • 糞

    から見た動物動物

    糞(くそ、ふん。くそは「屎」とも表記)とは、動物の消化管から排泄される固体状の排泄物。糞便(ふんべん)、大便(だいべん)、(俗に)うんこ、うんち、ばばや、大便から転じ大とも呼ばれる。(うんこ、くそについては)転じて、取るに足らない物、無意味な物、役立たない物、不必要な物を指して、このように形容する場合もある。 フレッシュアイペディアより)

  • 食肉

    食肉から見た動物動物

    食肉という場合、狭義では動物の筋肉のうち食用に供するものを指すが、広義では筋肉以外の可食部も含む。本項目では主に狭義の食肉について述べている。食肉 フレッシュアイペディアより)

2677件中 81 - 90件表示

「動物の赤ちゃん」のニューストピックワード