72件中 21 - 30件表示
  • 動物

    動物から見たアノマロカリス

    †葉脚動物門 Snodgrass, 1938 - アノマロカリス、オパビニアなどを属せしむ。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た外胚葉

    すべての動物は、受精卵が卵割していくと、細胞でできた中空のボールである胚胞を形成する。後生動物では胚胞の一部が陥入し、開口部が1つある嚢胚を形成する。嚢胚形成後、細胞は2層(2胚葉)または3層(3胚葉)の組織に分化する。3層の場合、各組織層は外胚葉、中胚葉、内胚葉とよばれる。外胚葉は主に表皮、神経系に、中胚葉は主に筋肉に、内胚葉は主に消化管になる。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た動物の系統

    これらの形質を元に、動物の系統関係が論じられてきた。最近は、分岐分類学や分子遺伝学的情報に基づく見直しも進められており、各門の関係等については見方の大きな変更が起きている部分もある。門の範囲等については大きく変わっているところは少ない。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た器官

    平板動物門(板状動物門)と海綿動物門の2門(側生動物亜界)は器官が分化しておらず、不定形であるが、その他の動物(後生動物、真正後生動物亜界)は器官系が分化している。これらの器官をもつ後生動物は、規則的な形状をしている。放射相称(刺胞動物門、有櫛動物門)または左右対称(その他の動物)のいずれかの形状を有しているのである。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た鉤頭動物

    ミクソゾア、舌形動物、鉤頭動物は、独立の動物門とする場合もあるが、それぞれ、刺胞動物、節足動物、輪形動物に含まれるとする見方もある。上表では独立門としていない。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た反復説

    発生からは分類や進化に関する知見が多く得られる。幼生の形も、分類群やそれらの間の類縁を示す場合があり、重要である。フジツボが甲殻類に含まれることがわかったときの決め手は、幼生がノープリウスであったことである。複数の動物群に共通の幼生がある場合、それらは類縁であると判断される。その典型がトロコフォアである。このことを拡張したのがエルンスト・ヘッケルの反復説である。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た呼吸器

    消化器系・呼吸器系・循環系・神経系・排出系などの各器官がどのような構造で、どのような配置であるかは、門によってほぼ決まっている。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た旧口動物

    嚢胚形成時の陥入箇所、原口が後に消化管のどちらになるかは重要で、口になる旧口動物と、同じ陥入箇所が後に肛門になる新口動物の2つに分けられる。刺胞動物、有櫛動物と扁形動物では、原口から続く消化管の反対側に、新しい口が開かず、消化管は口以外の出入り口を持たない。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た古虫動物

    古虫動物門 Shu, et al. 2001 - ウェツリコラなどを属せしむ。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た門 (分類学)

    下表は動物界を生物の分類の分類項目である「」に分類したものである。各動物門に属する生物はそれぞれの「門」独自の基本設計(ボディプラン)を共有している。動物 フレッシュアイペディアより)

72件中 21 - 30件表示

「動物の赤ちゃん」のニューストピックワード