74件中 21 - 30件表示
  • 動物

    動物から見た反復説

    発生からは分類や進化に関する知見が多く得られる。幼生の形も、分類群やそれらの間の類縁を示す場合があり、重要である。フジツボが甲殻類に含まれることがわかったときの決め手は、幼生がノープリウスであったことである。複数の動物群に共通の幼生がある場合、それらは類縁であると判断される。その典型がトロコフォアである。このことを拡張したのがエルンスト・ヘッケルの反復説である。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た呼吸器

    消化器系・呼吸器系・循環系・神経系・排出系などの各器官がどのような構造で、どのような配置であるかは、門によってほぼ決まっている。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た古虫動物

    古虫動物門 Shu, et al. 2001 - ウェツリコラなどが属する。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た博物学

    明治時代以前の日本では、生物は草、虫、魚、獣と区分する本草学が主流であり、動物という概念は、西欧の学問に親しんだ蘭学者を除き、一般的ではなかった。生物を動物と植物に二分する分類は、西欧の学問が流入した明治以降に広く普及した。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た多細胞生物

    動物(どうぶつ、羅: Animalia、単数: Animal)は、動物界(どうぶつかい) に分類される生物のこと、またはその総称。真核生物に含まれ、一般に運動能力と感覚を持つ多細胞生物である。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た側生動物

    平板動物門(板状動物門)と海綿動物門の2門(側生動物亜界)は器官が分化しておらず、不定形であるが、その他の動物(後生動物、真正後生動物亜界)は器官系が分化している。これらの器官をもつ後生動物は、規則的な形状をしている。放射相称(刺胞動物門、有櫛動物門)または左右対称(その他の動物)のいずれかの形状を有しているのである。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た甲殻類

    発生からは分類や進化に関する知見が多く得られる。幼生の形も、分類群やそれらの間の類縁を示す場合があり、重要である。フジツボが甲殻類に含まれることがわかったときの決め手は、幼生がノープリウスであったことである。複数の動物群に共通の幼生がある場合、それらは類縁であると判断される。その典型がトロコフォアである。このことを拡張したのがエルンスト・ヘッケルの反復説である。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た寄生

    多細胞性が著しく発達している(寄生性のものには例外もある)。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た従属栄養

    体外から養分を摂取する従属栄養的な生物である。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た脊索動物

    分類法には、背骨(脊椎)をもつ動物(脊椎動物)ともたない動物(無脊椎動物)とに分ける2分法が存在する。この分類は、ヒトを含む脊椎動物をより詳しく取り上げるときなどに、あくまでも便宜的に用いられる分類であることに注意しなければならない。実際には、脊椎動物は大きな多様性を誇る動物界の1亜門に過ぎないからである(下表35門中の脊索動物門の、さらに1亜門)。動物 フレッシュアイペディアより)

74件中 21 - 30件表示

「動物の赤ちゃん」のニューストピックワード