72件中 31 - 40件表示
  • 動物

    動物から見た博物学

    明治時代以前の日本では、生物は草、虫、魚、獣と区分する本草学が主流であり、動物という概念は、西欧の学問に親しんだ蘭学者を除き、一般的ではなかった。生物を動物と植物に二分する分類は、西欧の学問が流入した明治以降に広く普及した。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た内胚葉

    すべての動物は、受精卵が卵割していくと、細胞でできた中空のボールである胚胞を形成する。後生動物では胚胞の一部が陥入し、開口部が1つある嚢胚を形成する。嚢胚形成後、細胞は2層(2胚葉)または3層(3胚葉)の組織に分化する。3層の場合、各組織層は外胚葉、中胚葉、内胚葉とよばれる。外胚葉は主に表皮、神経系に、中胚葉は主に筋肉に、内胚葉は主に消化管になる。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見たトロコフォア

    発生からは分類や進化に関する知見が多く得られる。幼生の形も、分類群やそれらの間の類縁を示す場合があり、重要である。フジツボが甲殻類に含まれることがわかったときの決め手は、幼生がノープリウスであったことである。複数の動物群に共通の幼生がある場合、それらは類縁であると判断される。その典型がトロコフォアである。このことを拡張したのがエルンスト・ヘッケルの反復説である。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た多細胞生物

    動物(どうぶつ、羅: Animalia、単数: Animal)は、動物界(どうぶつかい) に分類される生物のこと、またはその総称。真核生物に含まれ、一般に運動能力と感覚を持つ多細胞生物である。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た側生動物

    平板動物門(板状動物門)と海綿動物門の2門(側生動物亜界)は器官が分化しておらず、不定形であるが、その他の動物(後生動物、真正後生動物亜界)は器官系が分化している。これらの器官をもつ後生動物は、規則的な形状をしている。放射相称(刺胞動物門、有櫛動物門)または左右対称(その他の動物)のいずれかの形状を有しているのである。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た甲殻類

    発生からは分類や進化に関する知見が多く得られる。幼生の形も、分類群やそれらの間の類縁を示す場合があり、重要である。フジツボが甲殻類に含まれることがわかったときの決め手は、幼生がノープリウスであったことである。複数の動物群に共通の幼生がある場合、それらは類縁であると判断される。その典型がトロコフォアである。このことを拡張したのがエルンスト・ヘッケルの反復説である。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た真正細菌

    二界説の下では、動物には下記の各群以外に、原生動物を単細胞の動物と位置づけていた。生物学の進歩により、現在では、動物か植物かのみで生物を分類するのは一般的ではなく、さまざまな分類法が提案されている(参考:生物の分類)。それらに従えば、真正細菌、古細菌、原生生物、菌類など、動物にも植物にも分類されない生物も数多く存在し、動物界はそのようないくつもの系統の内の一つと見なされる。20世紀末の分子遺伝学などの流れの中で、枠組みは何度も見直され、植物界や菌界は大きくその構成が変わった。動物界に関しても、原生動物はそのような多系統の入り交じったものであることが判明している。後生動物に関しては、ほとんど変更を受けなかった。大きな変更としてはそれまで原生動物の一つと見なされていたミクソゾアがここに含められるようになった程度である。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た寄生

    多細胞性が著しく発達している(寄生性のものには例外もある)。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た従属栄養

    体外から養分を摂取する従属栄養的な生物である。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た中生動物

    菱形動物と直泳動物はまとめて中生動物とすることもある。ほかに胞胚様動物門(一胚葉動物門)(Monoblastozoa) がサリネラという単一種によってたてられているが、この動物は存在が疑問視されている。動物 フレッシュアイペディアより)

72件中 31 - 40件表示