74件中 41 - 50件表示
  • 動物

    動物から見た消化器

    消化器系・呼吸器系・循環系・神経系・排出系などの各器官がどのような構造で、どのような配置であるかは、門によってほぼ決まっている。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見たヨルギア

    †盾状動物門 Fedonkin,1985 - ディッキンソニア、ヨルギアなどのヴェンド生物が属する。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た舌形動物

    ミクソゾア、舌形動物、鉤頭動物は、独立の動物門とする場合もあるが、それぞれ、刺胞動物もしくは線形動物、節足動物、輪形動物に含まれるとする見方もある。上表では独立門としていない。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見たノープリウス

    発生からは分類や進化に関する知見が多く得られる。幼生の形も、分類群やそれらの間の類縁を示す場合があり、重要である。フジツボが甲殻類に含まれることがわかったときの決め手は、幼生がノープリウスであったことである。複数の動物群に共通の幼生がある場合、それらは類縁であると判断される。その典型がトロコフォアである。このことを拡張したのがエルンスト・ヘッケルの反復説である。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た幼生

    発生からは分類や進化に関する知見が多く得られる。幼生の形も、分類群やそれらの間の類縁を示す場合があり、重要である。フジツボが甲殻類に含まれることがわかったときの決め手は、幼生がノープリウスであったことである。複数の動物群に共通の幼生がある場合、それらは類縁であると判断される。その典型がトロコフォアである。このことを拡張したのがエルンスト・ヘッケルの反復説である。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見たオピストコンタ

    動物の起源については、旧来から多細胞動物の起源ではないかといわれたこともある襟鞭毛虫類がそれらしいということになっており、繊毛虫やアメーバはかなり系統が遠いらしいこと、菌界が動物界に近いことなどが示されている。動物・菌類・襟鞭毛虫を含む系統はオピストコンタと呼ばれる。原生動物の各系統、あるいはその他の情報に関しては生物の分類を参照。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た

    明治時代以前の日本では、生物は草、、魚、獣と区分する本草学が主流であり、動物という概念は、西欧の学問に親しんだ蘭学者を除き、一般的ではなかった。生物を動物と植物に二分する分類は、西欧の学問が流入した明治以降に広く普及した。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た従属栄養生物

    生物を動物と植物に二分する分類法は古くから存在しており、アリストテレスは感覚と運動能力の有無によりこれら二つの分類を試みている。ただし、中間的生物も存在することを認めていたようである。18世紀の生物学者リンネ (Carolus Linnaeus) は、感覚をもたない植物界と、感覚と移動能力をもち従属栄養的である動物界とに、生物を二分した。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た器官

    平板動物門(板状動物門)と海綿動物門の2門(側生動物亜界)は器官が分化しておらず、不定形であるが、その他の動物(後生動物、真正後生動物亜界)は器官系が分化している。これらの器官をもつ後生動物は、規則的な形状をしている。放射相称(刺胞動物門、有櫛動物門)または左右対称(その他の動物)のいずれかの形状を有しているのである。動物 フレッシュアイペディアより)

  • 動物

    動物から見た鉤頭動物

    ミクソゾア、舌形動物、鉤頭動物は、独立の動物門とする場合もあるが、それぞれ、刺胞動物もしくは線形動物、節足動物、輪形動物に含まれるとする見方もある。上表では独立門としていない。動物 フレッシュアイペディアより)

74件中 41 - 50件表示

「動物の赤ちゃん」のニューストピックワード