605件中 11 - 20件表示
  • 久留米市鳥類センター

    久留米市鳥類センターから見た動物園動物園

    久留米市鳥類センター(くるめしちょうるいセンター)は、福岡県久留米市東櫛原町に位置する鳥類園(動物園)である。久留米市鳥類センター フレッシュアイペディアより)

  • 赤塚山公園

    赤塚山公園から見た動物園動物園

    赤塚山公園は、1993年(平成5年)7月に、豊川市制50周年を記念してオープンした公園である。小動物園や淡水魚水族館、花しょうぶ園、梅園などで構成されており、市民の憩いの場として親しまれている。また市外からの来園者も多く、年間約50万人が訪れる。赤塚山公園 フレッシュアイペディアより)

  • 御在所岳

    御在所岳から見た動物園動物園

    2006年(平成18年)11月30日 - ロープウェイ終点駅付近の山上公園にあった日本カモシカセンターが閉鎖された。ニホンカモシカだけでなく世界中のカモシカが見られる学術的にも重要な動物園であった。御在所岳 フレッシュアイペディアより)

  • セント・キャサリン島

    セント・キャサリン島から見た動物園動物園

    数世紀の間、島の上に建つ建物は小さな教会ひとつだけであった。この教会の跡地は、1867年にセント・キャサリン要塞が建設された際に跡形も無く取り壊されてしまった(→)。また動物園として使われていた時代もある。セント・キャサリン島 フレッシュアイペディアより)

  • 獣医師

    獣医師から見た動物園動物園

    動物園や水族館に勤務し、そこの展示動物を対象とする臨床獣医師。獣医師 フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール動物園

    シンガポール動物園から見た動物園動物園

    シンガポール動物園(英語:Singapore Zoo、中国語:新加坡?物园、マレー語:Zoo Singapura)はシンガポールの中央集水自然保護区にある動物園。地元ではマンダイ・ズー(Mandai Zoo)と呼ばれることも多い。面積は東京の恩賜上野動物園の約2倍にあたる28ヘクタールを誇り、1973年にシンガポール政府が900万シンガポールドルを投じて建設した。現在は年間140万人が訪れるシンガポール有数の観光名所の一つとなり絶滅危惧種を含む300種以上の動物が展示されており、開業以来堀など用い動物が逃げ出さないようにするための障壁を観客から隠す「開かれた展示」を行っている。また世界最大のオランウータンの群れを飼育していて、1977年には霊長類学のFrancine Neagoが6ヶ月間に渡るオランウータンの生態研究を行っている。シンガポール動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 甲府市遊亀公園附属動物園

    甲府市遊亀公園附属動物園から見た動物園動物園

    甲府市遊亀公園附属動物園(こうふしゆうきこうえんふぞくどうぶつえん)は山梨県甲府市の甲府市遊亀公園内にある都市型の動物園である。甲府市遊亀公園附属動物園 フレッシュアイペディアより)

  • シフゾウ

    シフゾウから見た動物園動物園

    1895年に南苑を襲った洪水と、1900年の義和団の乱による戦乱のため、飼育下にあった1頭のメスを除き、南苑のシフゾウは全滅した。最後のメスも1920年に死亡したことで、中国からシフゾウは姿を消してしまった。ヨーロッパの動物園で飼育されていた個体も第一次世界大戦中に全て死に絶えた。シフゾウは群れを構成しないと繁殖がうまくいかないという習性を持っていたものと考えられている。この段階で、シフゾウという種は完全に消滅したと考えられた。シフゾウ フレッシュアイペディアより)

  • 見世物小屋

    見世物小屋から見た動物園動物園

    元々の始まりは『散楽』といわれるものでバラエティに富む内容だった。そこから猿楽(能)が独立した存在となり、歌舞伎も江戸初期に別種の存在となると、これらの芸能からは見世物的毒気が抜けていった。江戸時代の頃には、今で言うところのサーカスや美術館、動物園、パフォーマーなどの要素を含んでいた。見世物小屋 フレッシュアイペディアより)

  • 到津の森公園

    到津の森公園から見た動物園動物園

    到津の森公園(いとうづのもりこうえん)は、福岡県北九州市小倉北区上到津にある市営の動物園である。2000年、西日本鉄道(西鉄)が運営していた到津遊園(いとうづゆうえん)が経営悪化のため閉園し、北九州市が経営を引きついだ。本項ではこの到津遊園についても述べる。到津の森公園 フレッシュアイペディアより)

605件中 11 - 20件表示

「動物園・水族館・植物園」のニューストピックワード