490件中 81 - 90件表示
  • ユールゴーデン

    ユールゴーデンから見た動物園動物園

    ユールゴーデン(スウェーデン語:Djurgården)は、ストックホルムの中央部にある地区。スウェーデン語でDjurは動物、gårdenは庭園を意味し、直訳すると動物園である。ユールゴーデン フレッシュアイペディアより)

  • 若生謙二

    若生謙二から見た動物園動物園

    若生 謙二(わこう けんじ、1954年-)は、日本の造園学者。動物園研究の第一人者。大阪府出身。大阪芸術大学芸術学部環境デザイン学科長・教授、東京大学博士 (農学)、元ハーバード大学ダンバートンオークス研究所客員研究員。若生謙二 フレッシュアイペディアより)

  • 円山公園 (札幌市)

    円山公園 (札幌市)から見た動物園動物園

    園内には、動物園、野球場、陸上競技場、庭球場、子供の国などがあり、札幌市と市の外郭団体が運営管理を行っている。北1条宮の沢通側で隣接する北海道神宮は公園外であり、所有者(北海道神社庁)も別である。また、岩村通俊の銅像が園内に建立されている。円山公園 (札幌市) フレッシュアイペディアより)

  • カヴァラ (潜水艦)

    カヴァラ (潜水艦)から見た動物園動物園

    8月30日、カヴァラは2回目の哨戒でルソン島近海に向かった。カヴァラはレザーバック (USS Razorback, SS-394) およびピラーニャ (USS Piranha, SS-389) とともにウルフパックを組み、9月7日から8日にかけてに立ち寄って給油を行う。当時、ウィリアム・ハルゼー大将率いる第3艦隊がパラオ攻略作戦の援護を企図しており、ハルゼー大将はフィリピンからカロリン諸島までの広大な海域を潜水艦で哨戒することを望んでいた。日本海軍の艦隊が出動することを念頭に置き、ハルゼー大将はフィリピンとペリリューの間にカヴァラを含む10隻の潜水艦を、日本海軍が採用したような二重の散開線を構成して配備させた。この散開線は俗に「ハルゼーの動物園」(あるいは単に Zoo )と呼ばれたが効果は全くなく、以後の作戦で二度と採用されることはなかった。「動物園」に参加したカヴァラ以下の潜水艦は、任務終了後ルソン海峡方面に移った。10月9日朝、カヴァラはの地点で15隻ほどの輸送船団、ミ19船団を発見する。護衛艦をかわして船団に接近し、の地点で魚雷を4本発射。やがて4つの爆発を確認するが、自身が発射した魚雷とは無関係で、魚雷は命中しなかったと判定された。夜から翌10月10日にかけて、カヴァラはベクーナ (USS Becuna, SS-319) とホークビル (USS Hawkbill, SS-366) から、カヴァラが攻撃したのと同じミ19船団への攻撃報告を受信した。10月21日、カヴァラは52日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した。カヴァラ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ホエール (潜水艦)

    ホエール (潜水艦)から見た動物園動物園

    8月21日、ホエールは9回目の哨戒でフィリピン方面に向かった。当時、ウィリアム・ハルゼー大将率いる第3艦隊がパラオ攻略作戦の援護を企図しており、ハルゼー大将はフィリピンからカロリン諸島までの広大な海域を潜水艦で哨戒することを望んでいた。ホエールはシーホース (USS Seahorse, SS-304) 、セグンド (USS Segundo, SS-398) とともにウルフパックを組み、9月3日にサイパン島に寄港した後、特設沿岸掃海艇ヒード (USS Heed, AMC-100) の護衛を受けつつ担当海域に向かった。9月6日、ホエール以下はサマール島沖でバーベロ (USS Barbero, SS-317) と会合した。ホエールは以後の8日間、修理や訓練、緊急潜航に費やした。ハルゼー大将はフィリピンとペリリューの間にホエールを含む10隻の潜水艦を、日本海軍が採用したような二重の散開線を構成して配備させた。この散開線は俗に「ハルゼーの動物園」(あるいは単に Zoo )と呼ばれたが効果は全くなく、以後の作戦で二度と採用されることはなかった。9月17日、ホエール以下のウルフパックは台湾の東南部に移動するよう指令を受け、9月20日に到着した。この後10月に入るまで、台湾の南端からルソン海峡、バシー海峡、バタン諸島で哨戒を行った。10月3日、ホエール以下はルソン海峡に西側に移動した。10月6日昼過ぎ、ホエール以下はの地点で門司からシンガポールに向かっていたヒ77船団を発見。ホエールは魚雷を6本発射し、タンカーあかね丸(石原汽船、10,241トン)に2本から5本を命中させ4分で撃沈した。シーホースも、あかね丸の遭難者を救助していた第21号海防艦を一撃で撃沈した。翌日、ホエールはこれまでのウルフパックを解散してアスプロ (USS Aspro, SS-309) 、カブリラ (USS Cabrilla, SS-288) と新しいウルフパックを編成して南西諸島で哨戒を行った。10月29日、ホエールは68日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投した。ホエール (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ピラーニャ (潜水艦)

    ピラーニャ (潜水艦)から見た動物園動物園

    8月30日、ピラーニャは2回目の哨戒でフィリピン近海に向かった。この頃、ウィリアム・ハルゼー大将率いる第3艦隊がペリリュー島攻略支援でこの海域に進出した。日本海軍の艦隊が出動することを念頭に置き、ハルゼー大将はフィリピンとペリリューの間にピラーニャを含む10隻の潜水艦を、日本海軍が採用したような二重の散開線を構成して配備させた。この散開線は俗に「ハルゼーの動物園」(あるいは単に Zoo )と呼ばれたが効果は全くなく、以後の作戦で二度と採用されることはなかった。「動物園」に参加したピラーニャ以下の潜水艦は、任務終了後ルソン海峡方面に移った。ピラーニャも20度線沿いに哨戒を行い、10月9日に哨戒艇と遭遇。ピラーニャは激しい爆雷攻撃に耐え、返り討ちにして敵艦を破壊したと判断された。10月23日、ピラーニャは56日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。ピラーニャ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • セグンド (潜水艦)

    セグンド (潜水艦)から見た動物園動物園

    8月21日、セグンドは最初の哨戒でシーホース (USS Seahorse, SS-304) 、ホエール (USS Whale, SS-239) とウルフパックを構成しフィリピン、スリガオ海峡方面に向かった。この頃、ウィリアム・ハルゼー大将率いる第3艦隊がペリリュー島攻略支援でこの海域に進出した。日本海軍の艦隊が出動することを念頭に置き、ハルゼーはフィリピンとペリリューの間にセグンド、シーホース、ホエールを含む10隻の潜水艦を、日本海軍が採用したような二重の散開線を構成して配備させた。この散開線は俗に「ハルゼーの動物園」(あるいは単に Zoo )と呼ばれたが効果は全くなく、以後の作戦で二度と採用されることはなかった。「動物園」に参加したセグンド以下の潜水艦は、任務終了後ルソン海峡方面に移った。しかし、セグンドはついに一度たりとも目標を発見することは出来ず、一発の魚雷も発射することはなかった。10月21日、セグンドは60日間の行動を終えてマジュロに帰投した。セグンド (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • レザーバック (潜水艦)

    レザーバック (潜水艦)から見た動物園動物園

    8月25日、レザーバックは最初の哨戒でフィリピン方面に向かった。この頃、ウィリアム・ハルゼー大将率いる第3艦隊がペリリュー島攻略支援でこの海域に進出した。日本海軍の艦隊が出動することを念頭に置き、ハルゼーはフィリピンとペリリューの間にレザーバックを含む10隻の潜水艦を、日本海軍が採用したような二重の散開線を構成して配備させた。この散開線は俗に「ハルゼーの動物園」(あるいは単に Zoo )と呼ばれたが効果は全くなく、以後の作戦で二度と採用されることはなかった。「動物園」に参加したレザーバック以下の潜水艦は、任務終了後ルソン海峡方面に移った。敵の対潜哨戒機を1機確認した後、レザーバックは北東に向かって哨戒を行った。10月19日、レザーバックは55日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投。艦長がブラウン少佐に代わった。レザーバック (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 城山公園 (長野市)

    城山公園 (長野市)から見た動物園動物園

    この地に嘉仁親王(大正天皇)成婚記念として1900年(明治33年)に公園が整備された。善光寺に隣接することもあって様々な催物の会場となり、また動物園や美術館といった施設も次々と増設されていった。城山公園 (長野市) フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜公園

    岐阜公園から見た動物園動物園

    かつて、公園内には動物園や水族館及び岐阜県図書館・岐阜市科学館などがあったが、現在では取り壊しや移転などにより姿を消し、あらたに整備された「信長の庭」などの施設となっている。岐阜公園 フレッシュアイペディアより)

490件中 81 - 90件表示

「動物園・水族館・植物園」のニューストピックワード