71件中 41 - 50件表示
  • 動物園

    動物園から見たロンドン動物学会

    近代の動物園は単なる見世物ではなく、教育・研究施設としての役割を強く持つべきであると考えられている。つまり、生きた動物を生きたまま収蔵する博物館としての性格が強い。最初の科学的動物園であるイギリスのロンドン動物園は1828年にロンドン動物学会の研究資料収集施設として創設されたが、その研究費用調達の方途として同年に一般公開された。動物園は英語では(動物学的庭園)というが、これを縮めてと呼ぶこともロンドン動物園から始まった。動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 動物園

    動物園から見た行動学

    行動展示(行動学的展示) - その動物の特技や特長などの能力を、自然に誘発させて観賞者に見せるように工夫した展示。動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 動物園

    動物園から見た地理学

    地理学展示(地理学的展示) - 同じ地域に生息する生物をひとまとめにして、見比べることが出来るようにした展示。動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 動物園

    動物園から見たウィーン

    一般公開された動物園として最も早いのは、フランス革命の後に公開されたパリ動物園(メナジェリー)(en)である。しかし、メナジェリーの施設や展示方式はオーストリア・ウィーンのシェーンブルン宮殿脇に建てられたシェーンブルン動物園を真似たものであり、そちらも期間限定的ながらパリよりも先に一般開放された事実があることから、シェーンブルンを世界最古の動物園とする意見もある。動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 動物園

    動物園から見たシェーンブルン動物園

    一般公開された動物園として最も早いのは、フランス革命の後に公開されたパリ動物園(メナジェリー)(en)である。しかし、メナジェリーの施設や展示方式はオーストリア・ウィーンのシェーンブルン宮殿脇に建てられたシェーンブルン動物園を真似たものであり、そちらも期間限定的ながらパリよりも先に一般開放された事実があることから、シェーンブルンを世界最古の動物園とする意見もある。動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 動物園

    動物園から見たウサギ

    比較的身近にあるものとしては「こども動物園」として、低年齢の子供を対象にニワトリやアヒル、ウサギ、ヤギ、ヒツジなどの家畜を放し飼いにして動物に触れることのできる小型の施設が多く存在し、大型の施設でも、同様のコーナーを持つ園もある。動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 動物園

    動物園から見た形態展示

    形態展示 - 生物の身体的特徴を見せるだけの、生物がただ生きているだけの展示。動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 動物園

    動物園から見た哺乳類

    主に、陸上に生息する比較的大型の哺乳類や鳥類といった動物が多い。園によっては昆虫館や水族館などを併設して、昆虫類や水棲動物(爬虫類、魚類、両生類など)を展示している場合がある。動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 動物園

    動物園から見た西洋事情

    これより以前に福澤諭吉が著書の『西洋事情・初編』(1866年(慶応2年))の中で「動物園には生きながら禽獣魚虫を養へり」と紹介している。動物園という呼称はZoological Gardensの訳で、これが初出という説がある(それまでは禽獣園と呼ばれていた)。動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 動物園

    動物園から見たアステカ

    初期の動物園は主に王侯が所有し政治的に修好関係を結ぶ、あるいは影響下に置いたり植民地として支配した国・地域から珍しい動物を集めてきた私的な施設であり、メソポタミアや地中海世界・中国・インド・アステカなど世界各地で多元発生的に作られた。動物園 フレッシュアイペディアより)

71件中 41 - 50件表示

「動物園・水族館・植物園」のニューストピックワード