動物病院 ニュース&Wiki etc.

動物病院(どうぶつびょういん)とは、獣医療法第2条第2項に定める、獣医師が飼育動物の診療の業務を行う施設の通称である。飼育動物のうち産業動物を除いた、小動物(いわゆるペット)を対象とする診療施設を指す。アニマルメディカルセンターなどとも呼ばれる。数名の獣医師の他、動物看護師・助手などで成り立つ。 (出典:Wikipedia)

「動物病院」Q&A

  • Q&A

    猫に関する質問失礼します。 我が家には以前猫ちゃんがいました。 2歳という若さで早死…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年12月4日 08:11

  • Q&A

    悩んでいます。モルモットを3匹飼っているのですが、1匹が体を痒がり、どんどん毛が抜け…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年12月2日 21:13

  • Q&A

    いいことありました? 私の場合は動物病院に連れて行ったペットが元気になった事です^^

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年12月2日 18:19

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「動物病院」のつながり調べ

  • 文鳥様と私

    文鳥様と私から見た動物病院

    通称ナイちゃん。今家初の自家製文鳥で、福ピーとハナの間に出来た子供。ハナがいっこうに子育てしようとしないので、生後2日から作者が人工で子育てした。その際内臓がすけすけだったことが名前の由来。しかし、与えた餌にカルシウム分が不足しており、つるつるした床で立つことの出来ない脚弱の体を持つこととなった。さらに実際に満腹する量より少ない餌を与えられていたため(作者は「それ以上食べるとパンクする」と思っていたが、そんなことはなかった)、体が小さい。胴がとても短いという特徴も持つ。加えて病弱なため、病院のお世話になる回数も多かった。体も弱いが頭も弱い模様。しかし、その時期で孵化に成功し生き残った雛はナイゾウ一羽で、何度も病に倒れてはその都度回復したことなどから、本質的な生命力は強かったらしい。漫画の表現上の口癖は「〜なのだ」。誰とも結婚することなく独身でその生涯を閉じたが、自身の母親であるハナをいつも追いかけ回していた。ハナの死後は姪のちまきに接近する。初の自家製文鳥で、今家の文鳥で特に人間に馴れていたため、作者の溺愛は並大抵のものではなく、ナイゾウも他の文鳥(特にスモモ)が警戒するカメラを全く怖がらず、人見知りも全くせず、多くの人間に愛されていた。晩年はお尻にできた腫瘍のため、エリザベスカラーをつけて闘病生活をしたが、完治。死因は老衰かと思われる。(文鳥様と私 フレッシュアイペディアより)

  • アシュリー・ヘギ

    アシュリー・ヘギから見た動物病院

    動物好きで将来の夢は獣医だったため、晩年は近くの動物病院で仕事を手伝っていた(死にかけていた虫の看病をしたこともある)。(アシュリー・ヘギ フレッシュアイペディアより)

「動物病院」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「動物病院」のニューストピックワード