456件中 51 - 60件表示
  • スタジオ (映像編集)

    スタジオ (映像編集)から見た動画動画

    本項目では、スタジオのうち、もっぱら動画映像の編集に使われるものについて説明する(以下「映像編集スタジオ」と記す)。スタジオ (映像編集) フレッシュアイペディアより)

  • ビデオファイル

    ビデオファイルから見た動画動画

    その後間もなく音声が加わり、「ビデオ・オーディオファイル」(VAF)とも呼ばれるようになった。以降コンピュータのさらなる進歩、ハードディスク記憶装置または光磁気ディスク記憶装置の記憶容量のさらなる増加、データ圧縮技術の向上などにより、急速に、動画、音声、音声つき動画など、様々な組み合わせのものを自在に収録、再生できるものとなっていった。このことから単純に従来のテロップやカートリッジテープ再生装置などの代わりではなく、短時間の番組素材の送出に用いる、いわば小規模なCMバンクシステムあるいは番組バンクシステムとしても利用されるようになった。ビデオファイル フレッシュアイペディアより)

  • 符号化方式

    符号化方式から見た動画動画

    写真や絵画などの自然画像の場合、ある1点の状態(明るさや色)は周囲の状態との類似性が高い。つまり画像を画素で表現した場合、任意の点の上下左右・斜め四方に隣り合う画素の状態とはほぼ同じということである。また、画像を走査線により表現した場合、ある走査線は前後の走査線の状態と類似する。さらに、動画像の場合にはあるフレームの画像は全体として前後のフレームの画像とよく似ている。こうした性質を利用することにより予測符号化を行うことが可能である。符号化方式 フレッシュアイペディアより)

  • Iriver plus

    Iriver plusから見た動画動画

    iriver plus (アイリバープラス)とは、アイリバーが開発及び配布している、メディアプレーヤー(動画および音楽の再生・管理ソフト)である。Iriver plus フレッシュアイペディアより)

  • ブロック歪み

    ブロック歪みから見た動画動画

    ブロック歪み(ブロックひずみ)とは、DCT(離散コサイン変換)などを利用する画像や映像の圧縮において、DC成分のビット数を減らすほどの高い圧縮率を設定したときに発生するノイズ成分で、8×8画素などの正方形領域の輪郭が見えてしまう現象。ブロック歪み フレッシュアイペディアより)

  • D505iS

    D505iSから見た動画動画

    505iSシリーズで最初に登場。重さ113gはシリーズ最軽量だった。全体的にはスピンアイのD505iを踏襲するが、外側はD252iに似たデザインになった。画素数が上がったカメラは、新たに動画撮影、QRコード認識にも対応した。メモリースティックDuoに最大15秒、フレームレート5fpsの動画を記録できる。また、505iSシリーズ共通機能として、メニューアイコンのダウンロードやチャットメールに対応。D505iS フレッシュアイペディアより)

  • モグモ超解像

    モグモ超解像から見た動画動画

    モグモ超解像(モグモちょうかいぞう、)は、米Mogmo社がロシアのサンクトペテルブルク研究所で開発した動画用の超解像ソフトウェア。モグモ超解像 フレッシュアイペディアより)

  • トレス台

    トレス台から見た動画動画

    濃度が濃く下の原稿が見えないスクリーントーンを切る際やアニメーターが動画を作画する際にも利用される。トレス台 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣ビデオ

    尖閣ビデオから見た動画動画

    尖閣ビデオとは2010年9月7日に起こった尖閣諸島中国漁船衝突事件の模様が海上保安庁によって記録された動画の呼び名。全部で2時間以上あるといわれていたが、政府が10月27日衆院予算委員会の要求に応じて衆院に提出した映像は、約6分間であった。2010年11月4日に起こった尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件で流出したとされている動画が該当する可能性が高いとされている。尖閣ビデオ フレッシュアイペディアより)

  • Prosolid

    Prosolidから見た動画動画

    ただ、こうしたストイックな仕様のため機能的には同世代における他の携帯電話端末から水をあけられており、音楽・動画再生やワンセグ、おサイフケータイとしての利用、また国際ローミングなど、外観デザイン以上に機能面をまず重視している多くの利用者への訴求力は低い。携帯電話のカメラに関しても、現在ではテレビ電話やバーコード(QRコード)読み取り、簡易OCRなど利用拡大が進んでいる。また、他のキャリアではprosolidと同等もしくはそれ以上の薄型化・多機能化を実現した製品もあり、NTTドコモにおいてもより薄いM702iS (MOTORAZR)、P703iμ、N703iμが発売された。とりわけSoftBank 705Pは、200万画素デジタルカメラやBluetooth通信機能を搭載し、国際ローミングに対応、それでいてprosolid以上の薄さ14.8ミリメートルを実現しているとあって、今後のprosolidシリーズの進化の方向性をうかがわせる製品である。こうした中、2008年初頭には後継機種のPROSOLID μ(プロソリッド・ミュー)が登場することが決定した。同時に発表されたP705iμからカメラを撤去したモデルということで形式はP705iCL(CLはCameraless)となった。Prosolid フレッシュアイペディアより)

456件中 51 - 60件表示

「動画配信サービス」のニューストピックワード