1369件中 91 - 100件表示
  • ウーゴ・スカレーリ

    ウーゴ・スカレーリから見た化学化学

    ウーゴ・スカレーリ(Hugo Zuccarelli)は、ホロフォニクスの開発で知られる、アルゼンチン出身の技術者である。ブエノスアイレス大学で電子工学と化学を学び、その後にミラノ工科大学に留学。ミラノ工科大学の学生時に、ホロフォニクスを開発した。この技術の詳細をスカレーリは未だ公開していないが、結果としてもたらされる効果が、従来のバイノーラル録音と変わるところがなく、論争が多い。スカレーリは現在も音響関係の仕事に携わっている。ウーゴ・スカレーリ フレッシュアイペディアより)

  • 海軍伝習所

    海軍伝習所から見た化学化学

    教育の成果は幕府海軍の創設につながったほか、各藩の海軍整備にも貢献し、ひいては明治維新後の日本海軍でも卒業生が活躍することになった。成果は海軍関連だけにはとどまらず、併設された飽浦修船工場は長崎造船所の前身となり、ポンペ・ファン・メーデルフォールトによる医学伝習は物理学・化学に基礎を置く近代医学の始まりとなった。海軍伝習所 フレッシュアイペディアより)

  • 感染制御専門薬剤師

    感染制御専門薬剤師から見た化学化学

    現代の消毒薬や抗生物質などは、効果が必ず発揮される利点を持つ反面、使用上の注意を守る必要があるが、その種類が多く、その特徴に合わせて使いこなすには、膨大な知識が必要となる。医学や薬学や化学が発展した現代において、感染症の分野だけでも、専門家として把握すべき情報は非常に大きい。このため、感染制御薬剤師は、消毒薬と抗生物質などの専門家として、活躍することが期待されている。感染制御専門薬剤師 フレッシュアイペディアより)

  • 計算機化学

    計算機化学から見た化学化学

    計算機化学 (けいさんきかがく、computer chemistry) とは、計算機を使って化学の問題を取り扱う、化学の一分野である。計算機化学 フレッシュアイペディアより)

  • 衛星海洋学

    衛星海洋学から見た化学化学

    衛星海洋学(えいせいかいようがく)は、人工衛星による地球観測データを基に海洋の物理、生物、化学的な状態をリモートセンシングの手法によって求めるアルゴリズムを開発する工学的な学問である。海洋学の一分野であり、アルゴリズム中に衛星観測データから大気の放射等の影響を除く必要があるため大気放射学等の知識も求められる。衛星海洋学による観測は広範囲のデータを即時的に取得することができるため、気象・海洋の予報モデル等の入力データとして重視されている。衛星海洋学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学とマイクロ・ナノシステム研究会

    化学とマイクロ・ナノシステム研究会から見た化学化学

    化学とマイクロ・ナノシステム研究会(かがくとマイクロ・ナノシステムけんきゅうかい)は、化学・生化学・バイオテクノロジー・医学などの学問分野とマイクロ・ナノシステムに係る工学技術の接点を探り、融合を図ることにより、新たな学術領域・技術分野を開拓し、それらを応用した新規産業の創出を目指して2000年に「化学とマイクロシステム研究会」として発足、2002年現名称に改称した研究会。化学とマイクロ・ナノシステム研究会 フレッシュアイペディアより)

  • 超塩基性岩

    超塩基性岩から見た化学化学

    超塩基性岩(ちょうえんきせいがん、)とは、SiO2含有量(重量%)が45%以下の岩石。この「塩基性」という語は、化学で用いられるのとは意味が異なる。超塩基性岩 フレッシュアイペディアより)

  • 塩基性岩

    塩基性岩から見た化学化学

    塩基性岩(えんきせいがん、)とは、SiO2含有量(重量%)が45-52%の岩石。この「塩基性」という語は、化学で用いられるのとは意味が異なる。塩基性岩 フレッシュアイペディアより)

  • 酸性岩

    酸性岩から見た化学化学

    酸性岩(さんせいがん、、acidic rock)とは、SiO2含有量(重量%)が66%以上の岩石。この「酸性」という語は、化学で用いられるのとは意味が異なる。酸性岩 フレッシュアイペディアより)

  • 地震前駆現象

    地震前駆現象から見た化学化学

    この圧力が蓄積される過程では、力や熱などのエネルギーが不均質(まばらで偏りのある状態)になってしまう。これが根本的な要因となって、何らかの力学的・電磁気的・物理的・化学的な現象が発生する。これが地震前駆現象である。地震前駆現象 フレッシュアイペディアより)

1369件中 91 - 100件表示

「化学物質」のニューストピックワード