1369件中 111 - 120件表示
  • 理論化学

    理論化学から見た化学化学

    理論化学(りろんかがく、英語:theoretical chemistry)とは、理論的モデルや数式を元に、既知の実験事実を説明したり、未知の物質の性質などを予言したりする演繹的なアプローチを行う化学の方法論である。理論化学 フレッシュアイペディアより)

  • Dendral

    Dendralから見た化学化学

    知識工学(knowledge engineering)の第一の目的は、知識ベースと問題解決技法の効率的な相互作用を達成することである。これは、問題固有の情報をヒューリスティックプログラムに符号化した手続きの開発によって可能となる。従って知識工学の第一の基本コンポーネントは巨大な知識ベースである。知識ベースには質量分析法に関する固有の知識、化学とグラフ理論に関する基本的な知識、特定の化学構造の解明に役立つ何らかの知識が格納される。Dendral は知識工学部分を通して知識ベースを使うことができ、入力データに適合する考えられる化学構造を特定するときと、解候補を削減できる新たな「汎用規則」を知識ベースに追加するときに使われる。以上により、最終的に少数の解候補が得られ、専門家でなくてもそこから正しい解を見つけることが可能となる。Dendral フレッシュアイペディアより)

  • フレッチャー・ヘンダーソン

    フレッチャー・ヘンダーソンから見た化学化学

    ジョージア州生まれ。アトランタ大学卒業後、ニューヨークに渡りコロンビア大学で化学を専攻。しかし、アフリカ系アメリカ人に対する差別のため、化学関係の職に就けず、ブラック・スワン・レコードに就職。同社のハウス・ピアニストとして活躍した。フレッチャー・ヘンダーソン フレッシュアイペディアより)

  • 過電圧

    過電圧から見た化学化学

    過電圧(かでんあつ、overpotential、overvoltage)とは、化学用語の1つで、電気化学反応において、熱力学的に求められる反応の理論電位(平衡電極電位)と、実際に反応が進行するときの電極の電位との差のことである。電気技術では、単に電池内部で生じる電圧降下のことである。過電圧 フレッシュアイペディアより)

  • 立体化学

    立体化学から見た化学化学

    化学物質の立体的な構造は、その物性に極めて大きな影響を及ぼす。したがって、立体化学は化学のなかでも最も基本的かつ重要な項目である。基本的な分野であるため、講義科目や教科書名で多用される用語である。立体化学 フレッシュアイペディアより)

  • オリゴマー

    オリゴマーから見た化学化学

    化学分野では、有限個(一般的には10個から100個)のモノマーが結合した比較的分子量が低い重合体を指す。オリゴマーに対してポリマーは非常に多数(数100個以上)のモノマーが結合した状態のことをいう。しかし、それほど明確な境界線を持つわけではなく、主観的な側面もある。また、テロマーと呼ばれることもある。オリゴ糖は糖類のオリゴマーのことを指す。オリゴマー フレッシュアイペディアより)

  • ノーマン・ボウエン

    ノーマン・ボウエンから見た化学化学

    イギリス移民の子としてカナダのオンタリオ州キングストンに生まれた。同地のクイーンズ大学で化学と鉱物学を学び、1909年卒業後、アメリカ合衆国のマサチューセッツ工科大学大学院に進み、1912年卒業。以後ワシントン・カーネギー協会の地球物理学実験所で1952年まで研究を続けた。この間、クイーンズ大学(1919‐1920)とシカゴ大学(1937-1947)の教授を兼任した。ノーマン・ボウエン フレッシュアイペディアより)

  • ジェーン・マーセット

    ジェーン・マーセットから見た化学化学

    独創的な方法で、化学や経済学をやさしく解説した著書は、子供だけでなく成人、特に女性に歓迎され、大きな影響を与えた。ジェーン・マーセット フレッシュアイペディアより)

  • 免疫化学

    免疫化学から見た化学化学

    免疫化学(めんえきかがく、英:Immunochemistry)は、元来は免疫系の構成と反応を探求する化学の一分野として始まったが、現代では特に抗原抗体反応を様々な分野に応用する方法論を指すことが多い。免疫化学で開発、改良された多くの手法は、ウイルス学から分子進化、さらには分析化学に至るまで、広い範囲に応用されている。免疫化学 フレッシュアイペディアより)

  • 塩化カルシウム管

    塩化カルシウム管から見た化学化学

    塩化カルシウム管(えんかカルシウムかん)とは、化学実験に使うガラス製の器具の一種で、塩化カルシウムなどの乾燥剤を入れ気体の乾燥に使う。空気中の湿気の侵入を防ぐ目的で、有機反応の反応容器などに取り付けられる。単にカルシウム管とも呼ばれる。塩化カルシウム管 フレッシュアイペディアより)

1369件中 111 - 120件表示

「化学物質」のニューストピックワード