1369件中 121 - 130件表示
  • ジェームズ・スミソン

    ジェームズ・スミソンから見た化学化学

    ジェームズ・スミソン(James Smithson, 1765年 - 1829年6月27日)は、鉱物学、化学の分野における功績の他に、自身の全遺産をアメリカ合衆国政府に寄付し、スミソニアン協会設立の基金となったことで有名である。ジェームズ・スミソン フレッシュアイペディアより)

  • ハンズ・スース

    ハンズ・スースから見た化学化学

    ウィーンで生まれた。1935年、ウィーン大学で化学の博士号を取得した。第2次世界大戦中は核エネルギーを開発するドイツ人科学者のチームに参加し、ノルウェーの工場での重水の製造に参加した。戦後は核物理学の分野でヨハネス・ハンス・イェンゼンと原子核のシェルモデルはの研究を行った。1950年にアメリカ合衆国に移り、シカゴ大学で宇宙化学の分野でハロルド・ユーリーと隕石中の元素存在比の研究を行った。ハンズ・スース フレッシュアイペディアより)

  • 物理変化

    物理変化から見た化学化学

    なお現在の自然科学の分類では、化学変化を扱う分野は化学、物理変化を扱う分野は物理または物理化学、核反応や素粒子反応を扱う分野も物理と分類されている。物理変化 フレッシュアイペディアより)

  • 三重結合

    三重結合から見た化学化学

    化学における三重結合(さんじゅうけつごう、)は、通常の単結合での2つの電子の代わりに6つの結合電子が関与する、2元素間の化学結合である。最も一般的な三重結合は、炭素-炭素間の結合であり、アルキンで見ることができる。その他の三重結合を含む官能基は、シアニドやイソシアニドである。二窒素や一酸化炭素といったいくつかの二原子分子も三重結合を持つ。構造式では、三重結合は2つの結合原子間の3本の平行線として描かれる。三重結合 フレッシュアイペディアより)

  • FHSST

    FHSSTから見た化学化学

    FHSSTは主に、日本の高校1年生から高校3年生に相当する、物理、化学、数学を扱っている。FHSST フレッシュアイペディアより)

  • アーチボルド・クーパー

    アーチボルド・クーパーから見た化学化学

    1855年に再びベルリンへと渡り、ここで化学を学んだ。アーチボルド・クーパー フレッシュアイペディアより)

  • 量子化誤差

    量子化誤差から見た化学化学

    さまざまな物理量が実際に物理的な実体によって量子化される。これが当てはまる分野の例としては、電子工学(電子による量子化)、光学(光子による量子化)、化学(分子による量子化)などである。これをその系の「量子化雑音限界」と呼ぶこともある。これは、「量子化誤差」の別の現れでもあり、この場合は理論的モデルはアナログでも、実際の現象はデジタル的になっているのである。量子限界付近では、アナログとデジタルの区別はなくなる。量子化誤差 フレッシュアイペディアより)

  • セントラルサイエンス

    セントラルサイエンスから見た化学化学

    (英語圏で)化学がしばしばthe central scienceと呼ばれるのはそれが自然科学を結びつける役割を果たしているからである。ここで言う自然科学には化学自体の他に生命科学や、医学・工学のような応用科学が含まれる。この関係がどういうものであるかは化学の哲学及び科学計量学の主な議題の一つである。このセントラルサイエンスという言葉は、セオドア・L・ブラウンおよびH・ユージンが書いた、1977年初版で2011年までに12版を数える教科書Chemistry: The Central Science(『化学: ザ・セントラルサイエンス』)で使われたため人々の間に広まった。セントラルサイエンス フレッシュアイペディアより)

  • ビシナル

    ビシナルから見た化学化学

    化学におけるビシナル(vicinal、ラテン語 vicinus = 隣りの)は、2つの隣接した炭素原子に結合した2つの官能基を意味する。例えば、2,3-ジブロモブタン分子は2つのビシナル臭素原子を持っているが、1,3-ジブロモブタンは持っていない。ビシナル フレッシュアイペディアより)

  • 白金磁石

    白金磁石から見た化学化学

    希土類磁石が開発される以前から高級な時計やステレオなどに使用されていたほか、化学的に安定していることから人体への影響が少なく、健康器具や医療器具への利用も行われている。白金磁石 フレッシュアイペディアより)

1369件中 121 - 130件表示

「化学物質」のニューストピックワード