1369件中 131 - 140件表示
  • ホウ化物

    ホウ化物から見た化学化学

    化学においてホウ化物(ホウかぶつ、Boride)とは、ホウ素とそれより電気陰性度が小さい元素との間の化合物の総称である。ホウ化物は非常に大きな化合物の一群であり、一般に融点が高く天然では非イオン性である。いくつかのホウ化物は非常に役立つ物理的特性を持つ。また、ホウ化物という用語は大まかであり、二十面体ホウ化物であるB12As2のような化合物にも適用される。ホウ化物 フレッシュアイペディアより)

  • 軍人と国家

    軍人と国家から見た化学化学

    将校団は専門的な職業団体であり、その性質はプロフェッショナリズムに特徴付けられる。それは専門技術、責任、団体性として分類される。将校団の専門技術とはハロルド・ラスウェルによって「暴力の管理」として要約されており、具体的には戦力の造成、作戦の計画、戦闘の指揮の三つがある。暴力の管理は近代以後に高度化しており、その専門性は研究を必要とする知的技能として成り立っている。軍事の応用的な技能を修得するためには歴史、政治学、経済学、心理学、社会学などの社会科学だけでなく化学や物理学、生物学などの自然科学の理解を軍事的に応用する知能が求められる。また将校の国家に対する責任については軍事アドバイザーとしての責任であり、軍事的安全保障の実現について直接的な責任を負う。将校団の団体性は単なる官僚制の枠組みを超えた自律性が認められる。この団体的な性格は社交クラブや軍学校、部隊の刊行物や軍事的伝統などにより特徴付けられる。軍人と国家 フレッシュアイペディアより)

  • マイクロプレートリーダー

    マイクロプレートリーダーから見た化学化学

    マイクロプレートリーダー(Microplate Reader)とは物理学・化学・生物学の実験や検査などで広く用いられる測定用機器で、マイクロプレートに入れた多数のサンプル(主として液体)の光学的性質を測定するものである。単にプレートリーダー(Plate reader)ともいう。マイクロプレートの型式(6穴から1536穴まである)に合わせたものがあり、ウェル(穴)ごとにそのまま測定できるようにしてある。マイクロプレートリーダー フレッシュアイペディアより)

  • 両性 (化学)

    両性 (化学)から見た化学化学

    化学において両性物質(りょうせいぶっしつ、amphoteric substance)とは、酸とも塩基とも反応する物質のことである。多くの金属(亜鉛、スズ、鉛、アルミニウム、ベリリウムなど)と半金属は両性酸化物を作る。この他、アミノ基とカルボキシル基の両方を持つアミノ酸、自動イオン化(自己イオン化)化合物である水やアンモニアも両性物質に含まれる。両性 (化学) フレッシュアイペディアより)

  • 中性岩

    中性岩から見た化学化学

    中性岩(ちゅうせいがん、)とは、SiO2含有量(重量%)が52-66%の岩石。この「中性」という語は、化学で用いられるのとは意味が異なる。中性岩 フレッシュアイペディアより)

  • 化学生態学

    化学生態学から見た化学化学

    化学生態学(かがくせいたいがく、英語:chemical ecology)とは、生物体同士の相互作用に関わる化学物質について研究する学問である。生態学を化学・生化学的な観点から研究する。シグナル分子、毒素、その他の有機化合物の生産及びそれらへの応答について扱う。化学生態学は、蟻や蜂、シロアリ等の社会性昆虫において、社会組織でのコミュニケーションに不可欠なものとして特に重要である。さらに化学生態学では、潜在的な捕食者やその他の生物を攻撃し、身を守るための防護物質なども対象としている。化学生態学 フレッシュアイペディアより)

  • 全球気候モデル

    全球気候モデルから見た化学化学

    全球気候モデル(ぜんきゅうきこう-、)は、気候モデルのうち、大気・海洋・陸地・雪氷などの変化を考慮して、流体力学・力学・化学・物理学・生物学などの方程式を用いて地球の気候を再現し、気候の変化を表現する数理モデルを指す総称。全球モデル。どのモデルも大気循環、つまりおおまかな気象現象を再現することを目的としているため、大気循環モデル(たいきじゅんかん-、General Circulation Model, GCM、大気大循環モデルとも)と呼ばれる。全球気候モデル フレッシュアイペディアより)

  • 全球大気監視計画

    全球大気監視計画から見た化学化学

    全球大気監視計画(ぜんきゅうたいきかんしけいかく, 英:Global Atmosphere Watch, GAW)とは、地球環境問題などの研究・対策を目的に、大気の化学的・物理的特性のデータを観測・集約して分析し、世界各国の機関に提供する計画。世界気象機関(WMO)が1989年に策定した。全球大気監視計画 フレッシュアイペディアより)

  • 分子インプリンティング

    分子インプリンティングから見た化学化学

    分子インプリンティング(ぶんしいんぷりんてぃんぐ、Molecular imprinting)とは、化学で、対象とする鋳型分子を取り込んだ状態で高分子を重合させ、鋳型と同じ形と大きさの空隙を形成させて、これを分子認識に利用する手法である。分子インプリント法、分子刷り込みとも呼ばれる。分子インプリンティング フレッシュアイペディアより)

  • 化学の哲学

    化学の哲学から見た化学化学

    化学の哲学(かがくのてつがく)は化学の方法論や隠れた前提について考察するもので、哲学者たち、化学者たち、あるいは哲学者と化学者の混成集団によって発展させられた。科学哲学はその歴史の多くを物理学の哲学に優位を占められてきたが、化学から生じてくる哲学的問題は20世紀後半から徐々に注目を浴びるようになってきた。化学の哲学 フレッシュアイペディアより)

1369件中 131 - 140件表示

「化学物質」のニューストピックワード