1369件中 141 - 150件表示
  • 極性効果

    極性効果から見た化学化学

    化学において、極性効果(きょくせいこうか、Polar effect)または、電子的効果(でんしてきこうか、electronic effect)とは、静電気力を修飾する置換基による、化学反応の中心となる効果のことである。極性効果を与えている主な効果は、誘起効果とメソメリー効果そして電界効果である。極性効果 フレッシュアイペディアより)

  • 活性化

    活性化から見た化学化学

    活性化(かっせいか)とは、使われていなかったものに刺激を与え、使われるようにする様子を表す語である。もともとは化学や生物学、医学で用いられる語であるが、経済や社会科学の分野でも多用される。活性化 フレッシュアイペディアより)

  • 湖沼学

    湖沼学から見た化学化学

    湖沼学(こしょうがく、)とは、陸水学の一分野で、湖沼の様々な性質を総合的に研究することを目的とする科学である。その範囲は地理学、物理学、地形学、地質学、気象学、水理学、化学、熱学、光学、生物学、生態学などの他、歴史、航行、漁業にいたるまでとする。たとえば物理学的な研究は水位、水温、水色、透明度、静振、湖流などの研究が挙げられる。湖沼学 フレッシュアイペディアより)

  • 混種語

    混種語から見た化学化学

    なお、本来は漢語である「化学(かがく)」、「私立(しりつ)」、「買春(ばいしゅん)」などの語を同音異字語と紛らわしいからという理由で、それぞれ「ばけがく」、「わたくしりつ」、「かいしゅん」などと意図的に音読みと訓読みを混ぜて読む場合もあるが、これらは和漢混淆語ではない。混種語 フレッシュアイペディアより)

  • 硬化

    硬化から見た化学化学

    硬化(こうか)とは、柔らかい物質がなんらかの化学的作用によって硬くなっていくこと。硬化 フレッシュアイペディアより)

  • 超原子

    超原子から見た化学化学

    例えば、ナトリウム原子は気体状態で冷却されると、原子の魔法数(2, 8, 20, 40, 58 または 82)を選択的に含み自然にクラスターへと凝縮する。これらの魔法数の最初の2つは、s軌道およびp軌道をそれぞれ満たすのに必要な電子の数として認識できる。超原子のクラスター中の自由電子は、個々の原子が単独で存在するよりもクラスターなど原子の全集団によって定義される新しい一組の軌道を占有することが示唆される。球形でない、または異なる原子を含んだ(ドープされた)クラスターは、閉殻を形成する電子の数のばらつきを示す。このポテンシャルは正電荷の原子核の形態によって定義される。このような新しい電子数の計数スキームを持つ超原子は、電子が閉殻を形成するように化学的振る舞いを示す傾向がある。それゆえ、全電子殻より1つだけ電子が多い超原子はアルカリ金属のようにその電子をすぐに放出しやすく、全電子殻より1つだけ電子が少ない超原子はハロゲンのように大きな電子親和性を持つ。超原子 フレッシュアイペディアより)

  • 鎖式化合物

    鎖式化合物から見た化学化学

    化学において、鎖式化合物(さしきかごうぶつ、open chain compound)または非環式化合物(ひかんしきかごうぶつ、acyclic compound)とは、直線状で環が一つもない分子構造の化合物のことである。鎖式化合物のうち分枝が無いものを直鎖化合物(ちょくさかごうぶつ、straight-chain compound)と呼ぶ。鎖式化合物 フレッシュアイペディアより)

  • 結合価

    結合価から見た化学化学

    結合価(valency)という言葉は、化学の原子価(valency)から来ている。結合価 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬法 (ドイツ)

    麻薬法 (ドイツ)から見た化学化学

    別紙は、それぞれ三段に構成され、1段目には、世界保健機関が設定するINNが(たとえばアンフェタミン)、2段目には、その他の保護を受けない物質名称(略称や通称など)が(たとえばアンフェタミン)、3段目には、化学上の物質名が(たとえば(±)-1-フェニルプロパン-2-アミン)、それぞれ記載されている。麻薬法 (ドイツ) フレッシュアイペディアより)

  • 脱水

    脱水から見た化学化学

    化学における脱水は、主に有機化合物から水分子の割合で水素原子と酸素原子を除く(割合は「水素:酸素=2:1」)ことを指す。詳しくは『脱水反応』を参照のこと。脱水 フレッシュアイペディアより)

1369件中 141 - 150件表示

「化学物質」のニューストピックワード