1369件中 151 - 160件表示
  • ハリー・モッシャー

    ハリー・モッシャーから見た化学化学

    アメリカのオレゴン州セイラムにて生まれた。公立高校を経てウィラメット大学へ進学し、1937年に化学の学士号を受けた。1939年にはオレゴン州立大学で修士号を取得。ウィラメット大学で一年間の教育活動を行った後に、ペンシルベニア大学のフランク・C・ホイットモア(Frank Clifford Whitmore)の下で大学院生として研究を行い、1942年に化学の博士号を取得。その後、第二次世界大戦終了までペンシルベニア大学で助手として勤務し、抗マラリア薬の研究とDDTの生産研究に従事した。ハリー・モッシャー フレッシュアイペディアより)

  • 高エネルギーレーザー科学

    高エネルギーレーザー科学から見た化学化学

    超高強度レーザーを用いることで、前述の高エネルギー電子を始め、高エネルギーイオン、高エネルギーX線などのレーザープラズマ放射線が発生する。この放射線を利用した物理、化学、生物分野に新しい領域が創られようとしている。高エネルギーレーザー科学 フレッシュアイペディアより)

  • 構造決定

    構造決定から見た化学化学

    化学の中心課題のひとつは、反応によって得られた生成物や、生物から単離した物質などの化学構造を決定することである。構造決定 フレッシュアイペディアより)

  • 定性分析

    定性分析から見た化学化学

    定性分析は、分析したい対象と同定したい物質分類のレベルに応じて、使われる技術や戦略が異なる。現在の化学の最も基本的考え方では、分子やイオンや結晶単位など一定単位の中の原子の種類と数と配置が同じ試料は同じ種類の物質と見なされる。ゆえに、物質の同定とは、最も詳しいレベルでは上記のような一定単位の中の原子の種類と数と配置を特定することと同義である。しかし、必ずしもそこまで詳しいレベルでの分析を意味しない場合も多い。定性分析 フレッシュアイペディアより)

  • エルンスト・ビューヒナー

    エルンスト・ビューヒナーから見た化学化学

    テュービンゲンで化学を学び、エルンストのいとこであったマチルダ・ビューヒナー(Mathilda Büchner、1880年1月6日 - 1908年4月1日)と結婚する。エルンスト・ビューヒナー フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・J・ハヴィガースト

    ロバート・J・ハヴィガーストから見た化学化学

    1924年になって、彼は専門の物理、化学から、理科教育へと関心を大きく転換し、地元ウィスコンシン大学の物理学の助教授に就任すると共に、その地の実験的な性格をもったカレッジの助言者を務めることを引き受け、その後ロックフェラー教育財団の仕事などを経て、徐々に教育学、人間発達学へと専門分野を移していく。1940年にはシカゴ大学の児童発達研究部門で教育学教授に就き、人間発達と教育の問題に取り組み、また学際的な研究や文化比較的な横断研究などのコーディネートなどを活発に行った。都市の児童やアメリカインディアンの子ども、あるいは高齢者のエイジングへの適応の問題など、幅広いテーマで活動、成人教育学の台頭期の代表的な研究者ともいわれる。著書、編著書は、45冊強を数える。ロバート・J・ハヴィガースト フレッシュアイペディアより)

  • 飛行時間

    飛行時間から見た化学化学

    化学・生物学の分析法、質量分析法の概念。イオンが質量分析計のイオン源を飛び出して検出器に到達するまでの時間。質量分析法を参照のこと。飛行時間 フレッシュアイペディアより)

  • 触媒サイクル

    触媒サイクルから見た化学化学

    触媒サイクル (しょくばいサイクル、catalytic cycle) は化学分野で現れる用語であり、触媒が関与する多段階からなる反応機構を表す。生化学、有機金属化学、物質科学などにおいて触媒の役割を説明するとき、触媒サイクルがよくつかわれる。触媒サイクルにはしばしばプレ触媒 (precatalyst) の触媒への変換が現れる。触媒は再生産されるものなので、触媒サイクルはたいてい一連の化学反応のループとして書かれる。そのようなループでは、第一段階には必ず反応物と触媒の結合が伴い、最終段階には生成物と触媒の分離が伴う。モンサント法、ワッカー法、ヘック反応などは触媒サイクルを用いて説明される。触媒サイクル フレッシュアイペディアより)

  • 名和武

    名和武から見た化学化学

    暁星中学、一高を経て、1917年(大正6年)東京帝大工学部電気工学科を卒業し、造兵中技師(中尉相当)に任官した。造兵士官は兵器開発に従事する技術系士官で、のちに造船、造機と併せて技術士官と改称される。名和は蓄電池の研究に従事することとなり、海軍大学校選科学生として2年強にわたり母校の理学部で化学を専攻した。1923年(大正12年)から2年弱、造兵監督官として仏国滞在。1925年(大正14年)12月に横須賀海軍工廠造兵部員となり、同電池実験部員、同部長を歴任。この間特殊潜航艇(甲標的)の開発に際し電気関係を担当した。呉海軍工廠電気部長を経て、1940年(昭和15年)11月、造兵少将に昇進。翌年に艦政本部で通信や電気部門を担当する第三部の部長に就任した。第三部長は兵科、機関科出身の将官が補職される職位であったが、技術士官である名和の就任は例外に属する。太平洋戦争中は電波兵器関係の部長職にあり、技術研究所電波研究部長、兼電気研究部長、第2技術廠電波兵器部長を務め、1945年(昭和20年)11月、予備役となった。艦本の部長職から電波研究部長への転任は職制上は格下げになるが、この補職は難題を抱えてた電波研究所に名和の人柄と統率力が必要であったためである。戦後は海軍技術関係者の就職に尽力し、自らは松下幸之助の招きで松下電器の顧問となり、無報酬で技術指導を行った。名和武 フレッシュアイペディアより)

  • 材料技術科

    材料技術科から見た化学化学

    材料技術科(ざいりょうぎじゅつか)は、高等学校に設置される機械系学科に化学系学科の要素を組み込んだ学科で、元は冶金科(金属工業科)であったが、近年は金属材料以外の工業材料(セラミックスや超伝導材料)の発達により、それらの非金属材料分野へと幅を持たせた知識と技術を修得させる学科となっている。材料技術科 フレッシュアイペディアより)

1369件中 151 - 160件表示

「化学物質」のニューストピックワード