1369件中 161 - 170件表示
  • 衛生化学

    衛生化学から見た化学化学

    衛生化学(えいせいかがく)とは、自動車や工場などから排出される物質が人体にどういった影響を与えるのかを研究する化学の一分野である。医療と関わりが強い。衛生化学 フレッシュアイペディアより)

  • 物質工学

    物質工学から見た化学化学

    物質工学(ぶっしつこうがく)とは、化学を基盤に物質・材料を中心として研究・開発を行う工学の一分野である。物質工学 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺忠昭

    渡辺忠昭から見た化学化学

    1954年、父親の親友、円谷英二が撮った映画『ゴジラ』を見て感動し、1957年に東宝撮影所に入社。日大東北工業高校工業化学科で化学を専攻していたことから火薬師として山本久蔵を補佐しながら特殊効果を学ぶ。『潜水艦イ-57降伏せず』の撮影後のある夜、親友と共にそうとう酔っ払って撮影所をメチャクチャにしてしまい上司に大目玉をくらいクビになるところだったが、円谷の「ナベは用事があるから」という言葉でクビをさけられた。その腕を認められたのは『青島要塞爆撃命令』の攻撃のシーンだった。いつものように早とちりをする渡辺は円谷に大目玉を食らうが、フィルムでの映像が見事なものだったことから特殊効果師としての実績を開花させ、後の作品を盛り上げた。渡辺忠昭 フレッシュアイペディアより)

  • X線吸収分光法

    X線吸収分光法から見た化学化学

    X線吸収分光法は、原子分子、固体物理学、物質化学、化学、地学、生物学など幅広い分野で利用されている。X線回折法と比較すると、X線吸収分光法は、局所構造に敏感であることや、元素選択性をもつことなどの特徴があることから、以下のような幅広い物質系において利用されている。X線吸収分光法 フレッシュアイペディアより)

  • 蘭学塾

    蘭学塾から見た化学化学

    江戸時代はヨーロッパの学問(西洋医学、化学、物理学等)と言えば蘭学であるが、これは鎖国時代に清(中国)を除けば海外と交易していた相手はオランダのみであり、洋書の多くは都合オランダ経由で入ってきたためオランダ(阿蘭陀)の書物「蘭書」と呼びオランダ以外の西洋学問のこともオランダ(阿蘭陀)学問「蘭学」で呼ぶようになった。蘭学塾 フレッシュアイペディアより)

  • エコール・サントラル

    エコール・サントラルから見た化学化学

    幅広い知識を身に付けたジェネラリストの養成を目的とし、入学後2年間は専攻を持たず、数学、物理、化学、生物、工学など各分野を広汎に習得する。また企業や団体でのインターンシップにも重点が置かれ、CNRS、INRIA、フランス原子力庁 (CEA) をはじめとする多くの国立研究機関や企業、フランス国内外の大学の研究室と共同研究を行っている。エコール・サントラル フレッシュアイペディアより)

  • サンノプコ

    サンノプコから見た化学化学

    サンノプコは、京都府京都市に本社を置く三洋化成工業株式会社直系の化学メーカーである。サンノプコ フレッシュアイペディアより)

  • ジェミナル

    ジェミナルから見た化学化学

    化学において、ジェミナル (geminal) とは、同じ原子に結合する2つの官能基の関係を指す用語である。接頭辞 gem- は、gem-ジブロミドのように化合物名や化学用語の中で用いられる。ジェミナル フレッシュアイペディアより)

  • 片対数グラフ

    片対数グラフから見た化学化学

    両対数グラフ同様、乗数の値を決定するのに有効である。化学ではアレニウスプロットによって活性化エネルギーが求められる。片対数グラフ フレッシュアイペディアより)

  • 同文館

    同文館から見た化学化学

    1862年、恭親王奕訢の建議で設立された。外交事務にあたって外国語ができる人材の育成を目的としていた。制度上は総理各国事務衙門の管轄下に置かれた。成立直後は、英語・仏語・露語の教授を宣教師たちに依頼していた。その後、独語・日本語・天文学・数学・化学・医学・工学・西洋史・国際法の専攻が追加された。同文館 フレッシュアイペディアより)

1369件中 161 - 170件表示

「化学物質」のニューストピックワード