1113件中 21 - 30件表示
  • イスラエル工科大学

    イスラエル工科大学から見た化学化学

    数学、化学、物理学はそれぞれ独立した部門となり、人文科学・芸術課も新たに建設された。イスラエル工科大学 フレッシュアイペディアより)

  • オラス=ベネディクト・ド・ソシュール

    オラス=ベネディクト・ド・ソシュールから見た化学化学

    オラス=ベネディクト・ド・ソシュール(、1740年2月17日 – 1799年1月22日)はスイスの貴族で、アルプス山脈の山々を登破するとともにそこで地質学、気象学、化学などに関わる様々な学術的観測を行った自然科学者である。1762年、22歳でジュネーヴ大学の哲学の教授に就任した。またしばしば近代登山の創始者ともみなされている。オラス=ベネディクト・ド・ソシュール フレッシュアイペディアより)

  • 和田重雄

    和田重雄から見た化学化学

    学習塾SEG(化学)、開成中学校・高等学校(生物)、巣鴨中学校・高等学校(化学)、法政大学(生命科学部)、お茶の水女子大学(サイエンス&エデュケーションセンター)、日本橋女学館中学校・高等学校(2012?、高校:生物、中学:二分野)など、幅広く講師活動を行う傍ら、「ドクターわだ重」「チームわだ重」として全国各地で演劇型サイエンスショーを展開。  細胞運動、理科教育、食育・環境教育を専門とし、近年は教員研修にも尽力している。和田重雄 フレッシュアイペディアより)

  • 世界大学ランキング

    世界大学ランキングから見た化学化学

    中国の上海交通大学の高等教育研究所・世界一流大学研究センターが2003年から毎年8月に発表している総合的な大学ランキング。『世界大学学術ランキング(Academic Ranking of World Universities :ARWU )』。2007年からは多角的な比較というニーズに対応するため、「数学」「物理」「化学」「コンピュータ」「経済学/商学」の5つの学科別ランキングを公表し始め、2009年からは、「社会科学」「自然科学」「工学」「生命科学」「医学」の5つの分野別のランキングも上位100大学が公表されている。科学研究の業績のみで、人文学の業績は含まれない。当初の目的は、中国国内の大学の力を測定し、中国国内から世界クラスの研究機関創出を支援するために世界の大学との比較として始められた。トムソン・ロイター社が提供する科学論文のデータベースを元に大学の研究力を評価し、ノーベル賞やフィールズ賞などの重要な賞を受賞した卒業生や研究者の数など6つの指標でランキングしている。上位100大学は順位付けされているが、101位以下の大学は、101-151、151-200、201-300、301-400、401-500といったランク分け(アルファベット順)になっている。公表は上位500大学。世界大学ランキング フレッシュアイペディアより)

  • 熊澤茂則

    熊澤茂則から見た化学化学

    熊澤 茂則(くまざわ しげのり、1963年1月 - )は、日本の農芸化学者(食品分析化学・食品機能化学)。学位は博士(農学)(名古屋大学・1995年)。静岡県立大学食品栄養科学部教授・大学院食品栄養環境科学研究院教授。新字体で熊沢 茂則(くまざわ しげのり)とも表記される。熊澤茂則 フレッシュアイペディアより)

  • ジャービル・イブン=ハイヤーン

    ジャービル・イブン=ハイヤーンから見た化学化学

    アブー・ムーサー・ジャービル・イブン・ハイヤーン(, , , ラテン名ゲベルス またはゲーベル 、ジーベル 721年? ? 815年?)は、アッバース朝時代のイスラム世界の哲学者、学者。後に11世紀にかけて続くイスラム科学黄金期を築く元祖とされる。彼の業績は中世ヨーロッパの錬金術に多大な影響を及ぼすとともに、近代の化学の基礎を与えた。ジャービル・イブン=ハイヤーン フレッシュアイペディアより)

  • 熱学

    熱学から見た化学化学

    熱学(ねつがく、英語:thermology)とは物理学または化学の一部門である。熱学 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ポーター

    ジョージ・ポーターから見た化学化学

    ジョージ・ポーター(George Porter, Baron Porter of Luddenham, 1920年12月6日-2002年8月31日)はイギリスの化学者。1967年にノーベル化学賞を受賞。ジョージ・ポーター フレッシュアイペディアより)

  • 逆浸透膜

    逆浸透膜から見た化学化学

    業務用は、日本では1970年代に、東レ、東洋紡、日東電工などのメーカーがアメリカから技術導入を行って開発に取り組んだが、海水淡水化の分野では欧米に対して出遅れたため、1980年から財団法人造水促進センターが中心となって、それまで無かった逆浸透膜の一段処理を実用化し、世界の主導権を握るに至った。一方でこの頃から、逆浸透膜の用途がより付加価値の高い浄水処理(水道水の製造)、工業用の純水や超純水の製造、下水の再利用、果汁や乳製品・化学薬品の濃縮などに広がると共に、海水淡水化用の膜は価格競争時代に入っていった。逆浸透膜 フレッシュアイペディアより)

  • ヨハネス・ピロポノス

    ヨハネス・ピロポノスから見た化学化学

    ヨハネス・ピロポノスは文法学、数学、物理学、化学、そして神学といった広大な範囲にわたって主題をとって、少なくとも40の作品を書いている。ヨハネス・ピロポノス フレッシュアイペディアより)

1113件中 21 - 30件表示

「化学物質」のニューストピックワード