1369件中 41 - 50件表示
  • リヒャルト・ジグモンディ

    リヒャルト・ジグモンディから見た化学化学

    リヒャルト・アドルフ・ジグモンディ(Richard Adolf Zsigmondy, ハンガリー名:ジグモンディ・リハールド/, 1865年4月1日 - 1929年9月23日)はオーストリア・ハンガリー二重帝国(現オーストリア)ウィーン出身のマジャル人化学者。1925年にノーベル化学賞を受賞した。月には彼の名にちなんだクレーターがある。リヒャルト・ジグモンディ フレッシュアイペディアより)

  • 日本教育史

    日本教育史から見た化学化学

    蘭学を基礎に、幕末にかけて自然科学を中心とした洋学が発達した。しかし、幕府の規制により実学の分野に留まった。洋学者の系譜は青木昆陽とツンベルクを始まりとするものであり、のちに語学・医学・物理学・天文学・測地学・化学・植物学の分野で大いに発展した。日本教育史 フレッシュアイペディアより)

  • 群論

    群論から見た化学化学

    結晶や、水素原子などの構造の多くは、対称性の群(symmetry group)で表現できる。このように、群論は、物理学や化学の中に多くの実例・応用例がある。群論 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺達夫

    渡辺達夫から見た化学化学

    渡辺 達夫(わたなべ たつお、1957年2月 - )は、日本の農芸化学者(食品化学)。学位は農学博士(京都大学・1988年)。渡辺達夫 フレッシュアイペディアより)

  • 物質

    物質から見た化学化学

    物理学(Physics)と化学(Chemistry)の境界は明確ではない。現代的自然科学の観点では、化学変化とは原子間の結合組み替えが起きる変化である。それに対して原子間の結合組み替えは起きない分子同士の位置変化のみによる変化が物理変化である。典型的な物理変化には、物体の変形、融解や蒸発などの状態変化がある。物理変化を引き起こす要因には力と熱があり、それぞれ力学と熱力学の対象である。多くの場合、化学変化は物理変化よりも大きなエネルギーを必要とする。化学変化は化学反応とも呼ばれる。物質 フレッシュアイペディアより)

  • 幕末期の文化

    幕末期の文化から見た化学化学

    安政2年(1855年)、幕府はオランダ国王から蒸気船が贈られたのを機に海軍士官養成のための長崎海軍伝習所をひらき、オランダよりライケン、カッテンディーケらを教官として招いた。永井尚志・木村喜毅を総監に勝海舟・榎本武揚・澤太郎左衛門・岡田井蔵ら幕臣はじめ諸藩の藩士を全国から集め、軍艦の操縦訓練など西洋式の海軍術を学ばせた。幕府伝習生は第1期37名、第2期生12名、第3期生26名におよび、諸藩からは計128名(薩摩藩16名・佐賀藩47名・肥後藩5名・長州藩15名・福岡藩28名・津藩12名・福山藩4名・掛川藩1名)が伝習を受けた。長崎海軍伝習所では造船や医学、語学などの教育もなされ、とくにポンペによる医学伝習は、物理学と化学に基礎を置く日本の近代医学の始まりである。海軍伝習所からは長崎養生所・長崎英語伝習所が派生している。幕末期の文化 フレッシュアイペディアより)

  • ユージン・ラビノウィッチ

    ユージン・ラビノウィッチから見た化学化学

    ユージン・ラビノウィッチ(Eugene I. Rabinowitch, , サンクト・ペテルブルク 1901年 – ワシントンD.C. 1973年5月15日)はロシア生まれのアメリカのユダヤ系化学・生物物理学者である。 名はロシア読みに準じてエヴゲニー・ラビノヴィッチ、またドイツ読みでオイゲーン・ラビノヴィッチなどのように書かれる場合もある。ユージン・ラビノウィッチ フレッシュアイペディアより)

  • 四日市ぜんそく

    四日市ぜんそくから見た化学化学

    1960年代に四日市港沿いの半島地形であった塩浜地区周辺や納屋地区や伊勢湾沿いの海水浴場であった須賀浦海水浴場(四日市市北部の天ヶ須賀地区)・松ヶ浦海水浴場(四日市市北部の富田一色地区)・富田浜海水浴場(四日市市北部の富田地区で第3四日市コンビナートが建設された)・霞ヶ浦海水浴場(四日市市北部の羽津地区で第3四日市コンビナートが建設された)・午起海水浴場(東橋北地区で第2四日市コンビナートが建設された)の砂浜を埋め立てて四日市の石油化学コンビナートや港湾施設が建設された。四日市公害(四日市ぜんそく)は化学企業が立地していた第1コンビナート付近の塩浜地区と石油企業が立地していた第2コンビナートのスモッグが直撃した海蔵地区の塩浜・海蔵の2地区で公害被害が甚大であった。第1コンビナートの建設地は塩浜地区で四日市港沿いの住宅地の周辺であり、戦争中に建設されて四日市空襲で壊滅した海軍燃料廠の跡地があった。そこに、第1コンビナートを建設した。それが、四日市喘息の初期である塩浜喘息の要因となる。公害対策として第1コンビナートの高煙突化が行われたが、それによって被害が甚大であった塩浜地区(塩浜地区・三浜地区・磯津地区)以外の以下の地区に公害が拡大した。四日市ぜんそく フレッシュアイペディアより)

  • チェスターのロバート

    チェスターのロバートから見た化学化学

    主にジャービル・イブン=ハイヤーンの書をラテン語に翻訳し、ヨーロッパの錬金術と、後の化学の発展のきっかけを作った。チェスターのロバート フレッシュアイペディアより)

  • 吉田賢右

    吉田賢右から見た化学化学

    群馬県前橋市出身の分子生物学者、生化学者である。ATP合成酵素を構成するサブユニットの単離精製と再構成に成功するとともに、世界で初めてサブユニットの構成比を明らかにするなど、ATP合成酵素の研究の先駆けとして知られている。また、ATP合成酵素が回転による力学的作用を利用し、プロトンの電気化学的エネルギーをアデノシン三リン酸の化学的結合エネルギーに変換していることを発見した。これらの発見は、ポール・ボイヤーの「回転触媒説」などに影響を与えるとともに、アデノシン三リン酸合成反応のメカニズムを確定させることに繋がった。また、自治医科大学の医学部、東京工業大学の理学部、生命理工学部、資源化学研究所、京都産業大学の工学部、総合生命科学部にて、それぞれ教鞭を執った。東京工業大学では資源化学研究所の所長に就任し、京都産業大学では構造生物学研究センターのセンター長に就任するなど、要職を歴任した。吉田賢右 フレッシュアイペディアより)

1369件中 41 - 50件表示

「化学物質」のニューストピックワード

  • TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2018

  • TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2018(以下、TGRF2018)

  • ららぽーとTOKYO―BAY